2012年12月14日

haute cuisine

「実践ビジネス英語」

ちと長めですが、最後までがんばって読んでください。

12/6放送分
I thought they must be purposefully serving horrible food to encourage patients to leave the hospital as soon as possible.
− できるだけ早期の退院を患者に促すために、
  わざとひどい食事を出しているに違いないと思いましたよ。
12/9のエントリーでは、「けしかける、そそのかす」という意味でした。
けっこう幅広く使える。

Will wonders never cease.
− 驚きましたね。
11/07/13「実践ビジネス英語」にも同じセリフ発見。

You almost make me want to check into my local hospital to sample the haute cuisine.
− あなたの話を聞いていると、高級料理を試食するために、
  地元の病院に入院したくなりそうですよ。
check into hospital で「入院する」、なんだかホテルみたい。

sample が「試食する」。
10/09/20「ラジオ英会話」のニュースでは
sample the white wine … 白ワインを試飲する
でした。

haute cuisine は「高級フランス料理」
haute couture だと「オートクチュール」だって。
(09/04/01「実戦ビジネス英語」)
要するに haute が「高級な」という意味。(プログレッシブ)

12/7放送分
Yes, I understand many hospitals have been working to shake their reputation for serving unpalatable food.
− ええ、まずい食事を出すという評判を払拭するために、
  努力している病院が多いそうですね。
ネガティブなものを払拭する shake には、こんなのも。
Coffee might help me shake this drowsiness.
(眠気覚ましにコーヒーでも飲もうかしら。)
(09/12/02「5トレ」)

unpalatable(まずい)の仲間をあえて探すなら
unappetizing とか unsavory とかになるんでしょうね。
idea などが「受け入れがたい」という場合にも使える。(ヘザーさん)

病院の食事がだいぶ改善されていると聞いたコリンズ。
Now I won’t dread going to the hospital so much.
− 私はもう、入院するのをおそれほど恐れないでしょう。
自分では使わない dread ですが、ブログに発見。
I dread cleaning the kitchen.
(キッチンなんて片付けたくもありません。)
(08/06/12「ラジオ英会話」)
この日のエントリーには
hate よりも改まった響きがあり、なおかつ意味も強くなる」by 遠山先生。
とも、メモしてありました。

・... they’re often nauseous.
吐き気を催すことも多いのです。
使いたくないけど、いちおう類似表現。
I’m feeling queasy. 
(胃がむかむかするの。)
I feel like gagging.
(吐きそうな気分。)
(07/01/22「英会話入門」)
ヘザーさんが関連表現で教えてくれたのが
ad nauseam … へどが出るほど、うんざりするほど(プログレッシブ)


12/7の放送中にヘザーさんが medicine 関連で教えてくれた表現が
a taste of one's own medicine
この日のエントリーに、Lilyさんから教えてもらった表現として自習済み。
みなさんに助けられて、なんとか続いているブログです。
いつも、ありがとうございま〜す!


去年の今頃、「ラジオ英会話」、「英語5分間トレーニング
This could be habit-forming.
(これって癖になるかもね。)
相変わらず「名探偵モンク」と、
友達が貸してくれた韓国ドラマ「キング」、「屋根部屋の皇太子」をせっせと見ています。
「モンク」は私にとって habit-forming なドラマです、相性いいみたい。

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック