2013年01月24日

What goes around comes around

1/17「実践ビジネス英語」

1999年度の「ラジオ英会話」では
ヘッドフォンをつけながらスキーをする若者を批判していたけど、
職場で仕事しながらヘッドフォンするより、かなりマシ。

*What goes around comes around, as they say.
因果は巡ると、よく言われますからね。
いじめをすると、いじめられることになる、というような話の流れ。
一種の karma ね。

ヘッドフォンをつけて音楽を聞きながら仕事をすると
And so you don’t get the kind of organic collaboration that’s such a vital part of office life.
− そして、職場で仕事をする中で非常に重要な、
  自然の連携というものが図れなくなります。
ここで organic ときたか! 自分が使うのは難しそう。
辞書を読むと、「意図的でなく、緩やかに起こる、自然発生的な」
という意味のようです。
the organic growth of market
(市場の緩やかな成長)(ジーニアス)

*By staying out of the loop in your own private world, you lose out on an important part of your career development.
− 仲間から離れて自分だけの世界にこもってばかりいると、
  キャリアを伸ばすうえで重要なものを逃すことになるのです。
loop は何度も聞いている割に、使うレベルに届かない。
Ordinary consumers were not in the loop.
(一般消費者は置き去りにされていたわけです。)
(06/09/6・7「ビジネス英会話」)← もう6年以上前!

loop 系その2
It really threw him for a loop.
(彼は大変なショックを受けたのよ。)
(12/02/16「ラジオ英会話」)

lose out on miss out on
たしか、これから起こる「楽しい、素晴らしいこと」を見逃す、
という意味だったはず。
「絶対にそんな楽しいことは逃さない!」だと
I wouldn’t miss it for anything.
I wouldn’t miss it for the world.

もありました。(12/10/15「ラジオ英会話」)

*Talk about disrespect.
なんとも失礼話です。
この Talk about . を初めて知ったのが
Talk about boring.
(退屈の一語に尽きましたね。/なんて退屈なんだ。)
(10/07/22「実践ビジネス英語」)
一種の感嘆文と思えば、使えそうな気がする。
ポジティブな内容の例文を10/07/22「実践ビジネス英語」
メモしてあります。

*I guess we were all taught not to take a long lunchtime.
− 昼休みを長く取らないようにと、わたしたちはみんな教えられましたよね。
たしなめるときに使うのかな。
Haven’t we all been told not to put off our assignments till the last minute?
(みんな宿題はぎりぎりになるまで先延ばしにしないようにって
注意されてきたんじゃなかったかしら
?)
(2000年度「ラジオ英会話」)
使えるな、このパターン。


またまた「名探偵モンク」ですが、本当にラジオ講座で習った表現満載で、
最初のエピソードからメモっておけばよかったと思うほど。
見ていて最近「おっ!」と思ったのが
「(彼なら)やりかねない」というセリフ、英語だと
*I wouldn’t put it past him.
なんですけど、これは07/08/27「徹底トレーニング英会話」で習った
These guys are so strange, I wouldn’t put anything past them.
(とっても変な人たちだから、どんなことでもやりかねないわ。)
のバリエーションよ〜!
習ったときは覚えにくいなと思ったものの、どうして覚えていたかといえば
ばっちもんがらさんのおかげ
やっぱり1人より2人ですよ。
ばっちもんがらさん、ありがとう!

本日の重点項目(小ネタ含め):5


去年の今頃、「ラジオ英会話」
I’ll take you to an all-you-can-eat Chinese buffet.
(食べ放題の中国料理ビュッフェに案内するよ。)
食べ放題といっても、意外と食べられないもんですよ。
ハイフンでつなぐ系単語で、ポッドキャストなどでよく聞くのが
one-size-fits-all (フリーサイズの、何にでも使える)です。


posted by ラジ子 at 22:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今montoさんのブログにもコメントしたんですが、talk about がこれに尽きるなら、montoさんの生徒さんが質問したという「正月はこれにつきる」にも使えそうかなと思ったんですが、どうでしょう。

こうやってみんなのブログに書きこんで記憶に残そう!

ラジ子さんのブログを読んでへーと驚き、自分のブログを読んでまた驚く(←これ多すぎ)。これの繰り返し。
Posted by ばっちもんがら at 2013年01月29日 21:40
【ばっちもんがらさん】
「正月はこれにつきる」に Talk about 〜. とは、まったく気づかず...。言われてみればなるほどですね。

そうそう、ブログを書いたり読んだり、ブログに書き込んだりして、がんばろー!

私も自分のブログには何度も驚かされています。でも、それが楽しい!

今年あたり、またお会いしたいですね。TOEIC満点のお話も聞きたいです:)
Posted by ラジ子 at 2013年01月29日 23:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。