2013年05月17日

sharing paradigm

5/10「実践ビジネス英語」

所有から共有の時代へ変わってゆくのだ。

It’s a whole new ballgame.
状況が一変しているのです
かつて一変したこと
Yes, I agree it’s a whole new ball game when it comes to parenting and education these days.
(ええ、近ごろの子育てと教育について言えば、
以前とはまったく状況が違うということは、私も感じています。)
(10/01/21「実践ビジネス英語」)

*It’s a thought-provoking shift.
− これは深く考えさせられる変化ですね。
一回だけメモしてありました。
An outsider's input can be thought-provoking, loaded with unique insights beaming in from elsewhere in the Milky Way.
(外部の人間がもたらす情報は、銀河系のどこか別のところから発信されたかのような、
ユニークな洞察にあふれた刺激的なものになるかもしれませんから。)
(06/6/16・17 「ビジネス英会話」)

sharing paradigm … 共有の概念[パラダイム]
paradigm shift … パラダイムシフト(考え方・行動様式・価値観などの)大変動
(10/01/27「実践ビジネス英語」)
会話に paradigm を入れ込むと、頭よさそうに聞こえる気がする。

*We’ve always been a culture that places a premium on owning stuff ― the more, the better.
− この国の文化はこれまでずっと、手に入れるものが多ければ多いほどよいという、
  物を所有することに重きを置く文化でしたからね。
これと put a premium on は、実践ビジネスにホントによく出てくるなー。
premium 以外の表現
We place emphasis on sustainable living.
(私たちは持続可能な暮らし方を重視します。)
(12/07/10「ラジオ英会話」)

*Convenience is trumping possession.
− 利便性が所有に勝っているのですね。
最近よくでてくるような気がする。
Rexworthy says that one strong reason for becoming healthy trumps a dozen excuses.
(レックスワージーによれば、健康的になろうという強い理由が1つあれば、
多くの言い訳を封じられるということです。)
(12/07/25「実践ビジネス英語」)

*・..., it was taken as a given that you wanted to have your own car or house.
− 自分の車か家を持ちたいと思うのが当然だとされていました
take something as a given … 〜を当然のことと見なす[思う]
take something for granted とグループ化。
Many things that we long took for granted are falling by the wayside.
(私たちが長い間、当たり前だと思ってきた多くのものが、消えつつあります)
(12/10/04「実践ビジネス英語」)

*・... big-ticket items (中略) are seen as things that can weigh you down financially.
− 高額なものは、金銭的な重荷になりかねないものと見なされています。
weigh someone down … (人)を悩ませる、(人)の重荷になる、(人)に重くのしかかる
少し前、burden の説明の時に、weigh down も紹介されていたような記憶あり。
動詞の burden
be burden with [by] cares … 心配で苦しむ(ジーニアス)

本日の重点項目:5


気軽に聞けて、テンポのいいポッドキャスト
ECC 英会話ポッドキャスティング」の最新回で紹介されていた
get bent out of shape … 激怒する、不機嫌になる
は、絶対に聞いたことがある!と思ってブログ検索。
やっぱり〜!
Don’t get all bent out of shape.
(へそを曲げるなよ。)
(11/11/27「英語5分間トレーング」)
なんでこういう意味になるのかな〜って、思ったんですけど、
番組中のYukio先生の話で(先生もハッキリわからないそうで、
あくまでも guess でしたけど)、すんなり理解できました。
やっぱり、とりあえずメモしておくもんだな。


去年の今頃、5/11「実践ビジネス英語」
Do you mean you’re having trouble penetrating the language barrier?
(ことばの壁を突破するのに苦労しているということですか。)
そりゃ、もう、毎日苦労の連続です。(自分)


posted by ラジ子 at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。