2013年05月22日

be up for grabs

5/15「実践ビジネス英語」

車も共有の時代へ?

*The basic idea behind carsharing is that people rent cars for short periods of time, like by the hour.
− カーシェアリングの基本コンセプトは、時間単位などで、
  車を短期間レンタルすることです。
時給の話もこれで。
So you’d rather be paid by the hour?
(では、ヒロコさんは時給制の方がいいのですか。)
(09/07/13「入門ビジネス英語」)
別の言い方
It was hourly, and we got overtime.
(時給制で、残業代も出ましたし。)
(09/07/13「入門ビジネス英語」)

You can enjoy the benefits of private cars without having to bear burdens that come with ownership.
− 所有に伴う負担を強いられることなく、マイカーの利点を享受できるのです。
bear the burden … 負担を引き受ける
ブログ初メモ、b で頭がそろってて覚えやすい。
忘れたら take on the burden でもよさそう。
b で揃ってるつながり
Mothers bear the brunt of the blame if a kid turns out to be a failure.
(子供が落ちこぼれてしまったら、それは母親の責任ということになります)
bear the brunt … 矢面に立つ
(07/12/24・25「ビジネス英会話」)

*・... a smart choice for the many college graduates, not to mention others, whom the recession has hit hard.
− ... 不況の大打撃を受けているすべての人にとって、
とりわけ、多くの大卒者にとって賢い選択です。
hit hard … 大打撃を与える
これも h で揃っていて、言いやすそう。

The move away from home ownership is a real bellwether of deep social change.
− 脱住宅所有の動きは、社会の変化の大きさをはっきり示していますね。
bellwether … 動向を表すもの、指標
これも初メモだ!
ヘザーさんの説明によれば、群れの先頭を行く羊のことだそうで、
それで bell がついている、とのこと。

*latter-day … 現代(版)の、後の
ヘザーさんの
a latter-day Abraham Lincoln(現代版リンカーン)とか
a latter-day Andrew Carnegie(現代版カーネギー)
という例がわかりやすかった。

*Money that used to be invested in home ownership is now up for grabs.
− かつては住宅の所有に充てられていたお金を、今では
  あらゆる業界が取り込むことができますからね。
be up for grabs … だれでも手に入れられる、容易に手に入る、だれにでもチャンスがある
これも初メモ。
grabs という形で複数形。(テキスト)
It’s up for grabs.
(早い者勝ちだよ)(ジーニアス)


本日の重点項目:4


来月、ちょっとした講演会の通訳を何人かで担当することになりました。
まだ原稿をもらっていないので、難易度がまだわからないのですが、
久々に「失敗できない」緊張感ある英語の現場。
ヘンな汗かきそう...。


去年の今頃、「実践ビジネス英語
What else makes for a good mentor-mentee relationship?
(メンターとメンティーがよい関係を築くには、ほかにどんなことが必要でしょうか。)
make for … 〜をもたらす、〜になる、〜に役立つ、〜を生み出す
この make for は、使うのが難しい!


posted by ラジ子 at 00:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
変な汗びっしょりかいてください。
Posted by Ina at 2013年05月23日 08:53
【Inaさん】
メイクが流れて、「あの人、誰?」にならない程度で済めばいいな…(´・ω・`;)
がんばりまっしゅ!
Posted by ラジ子 at 2013年05月23日 20:35
通訳のお仕事ができるなんていいな〜。こういう話、興味あります。
Posted by のっち at 2013年05月30日 00:34
【のっちさん】
もちろん、今回の通訳はお仕事ではないんです。ボランティア活動の一環なんですよ。
面白いエピソードがあったら、こちらで報告しますね!
Posted by ラジ子 at 2013年05月30日 21:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。