2013年05月29日

much less

「実践ビジネス英語」

フィードバックの与え方。

5/22放送分
*As for between you and I,” it’s so phony ...
− 「ここだけの話だが」のほうは、いかにもうそっぽいですね、...
phony … 偽の、いんちきな、うさんくさい
名詞もあります。
I can spot a phony a mile away.
(にせものはすぐにわかるの)
(08/01/16「徹底トレーニング英会話」)
テキストによれば、「ここだけの話だが」は、文法的には
between you and me が正解。

to be honest” とか “between you and I” という表現を多用されると
*Those clichéd expressions drive me up the wall too.
− そうした陳腐な表現には、私もたまらないほどうんざりしていますから。
前にうんざりさせられた時の英文
Now that you mention it, though, chronic complainers drive me up the wall.
(でも、そう言われてみれば、不平ばかり言う人には腹が立ちますね。)
(13/02/14「実践ビジネス英語」)
同意表現で ↓ こんなのはどうでしょう?
It really gets under my skin ...
(..., 本当に気に障りますからね。)
(11/12/29「実践ビジネス英語」)

pet phrase … 口癖
12/05/31「実践ビジネス英語」で
pet に「お気に入りの」という意味があることを学習。
この前、podcast で pet hate = 嫌いな物
という表現をゲット、pet peeve とほぼ同じ。

*If you feel strongly that these remarks are sucking energy out of you, you should bite the bullet and confront the manager.
− そうしたことばによってエネルギーが奪われていると強く感じるのなら、
  思い切ってそのマネージャーにはっきり言うべきでしょう。
suck energy out of … 〜からエネルギーを奪う
2001年度「ラジオ英会話」より
After all, mechanical drills suck all the joy out of learning.
(結局、機械的ドリルは勉強から喜びをすっかり奪い取ってしまうわ。)
吸い取られる感じ、
ドリルはドリルで効果もあるけどね。

bite the bullet … (困難に)敢然と立ち向かう、ひるまない
この表現、弾丸を口にくわえて「耐えるだけ」かと思っていたけど、
さらにそこから行動を起こさなくちゃいけないのね。

unsolicited advice … おせっかいな[押しつけがましい]アドバイス
忘れたら unwanted advice で。

Wise words, indeed.
− 確かに賢明なアドバイスですね
なんとなく思い出した words表現
Truer words were never spoken.
(まさしくそのとおりです。)
(11/07/14「実践ビジネス英語」)
思い出したものの、使い時がよくわかりません...。

5/23放送分
いつも不機嫌そうにしているシニア・エグゼクティブの話。
*So no one wanted to be near him, much less talk with him.
− ですから、だれも彼の近くに寄りたがりませんでしたし、
  まして彼と話したいなどと思うわけがありませんでした。
much less … まして〜であるわけがない
辞書で確認しましたが、やはりコレと同じ意味。
I never imagined myself in a sweat suit, let alone in a bathing suit.
(自分がトレーニング・ウェアを着ていようとは全く想像もしなかったし、ましてや水着とはね。)
(1998年度「ラジオ英会話」)
否定文で、まして〜でない、のパターン。


本日の重点項目:4


今年の「英会話タイムトライアル」、
さらにパワーアップしたと思いませんか?
10分間、休む暇なく口を動かしたり、
以前習ったことをしっかり復習させたり、
これぞスピーキング力アップのためのラジオ講座!
と感心しながら聞いています。


去年の今頃、「実践ビジネス英語
I’m more like a fish out of water.
(居心地の悪さを感じるのです。)
居心地が悪いどころか、文字通りなら死んでしまう!


posted by ラジ子 at 11:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。気温の変化が大きいですが、お元気ですか?今年度は体調に合わせてかなりゆる〜くやっていますので、こちらに伺うのが恥ずかしいくらいです。テキストを買って聞いているのは実ビジのみ。でもビニエットは難しいし、出てくる単語も覚えられたとしてもなかなか使うチャンスがありません。

近所のミスドで顔見知りになった自宅で英語を教えている男性とたまに話すことがあります。テーブルで丸をつけたりしているので邪魔をしないように通常は挨拶を交わすくらいなのですが。そういう時の会話はやっぱり瞬発力だなと感じます。オンラインレッスンと違って何度も聞き返したりもしにくいですし、相手の言うことに耳を傾けて時には質問を返しつつ、簡単な言い回しでも会話をうまく転がしていかないと〜と思います。おとといは彼が使っているテキストなどを見せてもらったのですが、日本の子供たちは精神的に疲れているって彼が気の毒がっていました。夏休みも短いし中学生は部活があるから本当の休みじゃないって。親としては1か月くらいで十分かと思ったりしていますけど(汗)彼の言うことの中に(私に合わせたのか)難易度が高い単語はたぶんゼロだったと思います。それでも日常会話はOKなんだなと。

タイムトライアルは聞いていないのですが、タイマーがオンになるときに終わりの方だけ聞き流すことがあります。パワーアップしていますか?テキストなしで聞いているんでしたっけ?
いよいよ実ビジがつらくなったら、タイムトライアルにトライしてみてもいいかなと考えたりしています。
Posted by Lily at 2013年05月30日 16:30
【Lilyさん】
こんにちはー。実は、ここんとこ、体調がイマイチです。2週間前ぐらいに、のどが痛くなって、それからスッキリしなくて。年齢とともに治りが悪いです...。

ちょっと前まで、スピーキングを伸ばすためにあれやって、これやって...なんて思っていたんですけど、ちょっと疲れて、今、ダラダラしています。もういっそのこと、スピーキングはあきらめて、リスニングだけに集中しようかな、話す機会もほとんどないし、なんて思うこともあります。
とりあえず、あせる必要もないので、今はゆるむことにしました。

そう、Lilyさんのおっしゃるとおり、会話には瞬発力って大事ですよね。自分ひとりで何かを英語で考えたりするときと、相手がいて英語で会話をするときとで、脳の使用場所が違うみたいな気がします。
今、これだけ苦労しているから、苦痛なく会話ができるようになる日が来たら、きっとうれしいだろうな〜!

タイムトライアルはテキストなしで聞いています。たぶん、Lilyさんが聞いて、あらためて学ぶことはないと思います、初級者向けの番組なので。
でも、あれだけリスナーにしゃべらせる番組って今までなかったなーと思って、聞くたびに感動しますよ。

とにかく、ムリして続けなくてもいいんじゃないか、ということで、自分のペースでいきましょう!
Posted by ラジ子 at 2013年05月30日 22:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。