2013年07月12日

crotchety

「実践ビジネス英語」

前回ブログのスタートでは韻を踏んだりしてましたが
そんなことしていられないぐらい、厳しい暑さになってきました。
熱中症、要注意ですゾ。

7/4放送分
子供を仕事の犠牲にしたような気がして
I couldn’t sleep or eat well, and I became crotchety and difficult to be around.
− 睡眠や食事も満足にとれず、怒りっぽくなりましたし、
  一緒にいたくない人と思われるようになってしまったのです。
crotchety … 怒りっぽい、気難しい
同意単語として cranky / cantankerous などあり。
全部 c で始まってる。
同意語として
temperamental moody
なんていう単語もブログにメモしてありました。
こんな文章も参考にどうぞ。
You should watch out for his mood swings.
(彼は感情の起伏が激しいから気をつけないと。)
(10/01/31「英語5分間トレーニング」)

*Working-parent guilt can really weigh you down, you know.
− 働く親が感じる罪の意識というものは、
  本当に重くのしかかってくることもあるのですよね。
weigh someone down … (人)を苦しめる、(人)に重くのしかかる
... big-ticket items (中略) are seen as things that can weigh you down financially.
(高額なものは、金銭的な重荷になりかねないものと見なされています。)
(13/05/10「実践ビジネス英語」)
精神的にも経済的にも、たいへんであります。

And then, of course, there are the career moves we make that throw our kids’ lives out of kilter.
− それに、もちろん、自分がとっているキャリアの動きが、
  子供の生活を狂わせてしまうこともあります。
out of kilter … (調子が)狂って、正常ではなくて、不調で
off kilter という言い方もあるそうです。

My heart goes out to you, Kay.
心から同情しますよ、ケイ。
ちょいちょい聞くんですけど、
I feel sorry for you.
とかの方が簡単。

7/5放送分
*・..., he’s always struck me as a very bright young man.
− 私は彼がとても聡明な若者だという印象を受けます
I’d be interested in hearing your take, as a Japanese, as to what strikes you as typically American.
(日本人であるあなたが、いかにもアメリカ的だと思うものは何なのか、聞きたいのですが。)
(11/03/16・23「実践ビジネス英語」)
↑ こんな英文、いつになったら言えるようになるんだろう...と思うけど、
何十回も練習すれば、今日中に言えるようになるはず。
要はやる気の問題。

*Steve is the epitome of a digital native.
− スティーブはまさにデジタル世代です。
epitome … 典型、〜そのもの(の人[もの])
同意単語がいっぱいあるんですよね。
その中で言うと、この場合、personification なんかもいいかも。
epitome の動詞
エンパイア・ステートビルについて。
For me, it epitomizes New York’s skyline.
(私にとっては、ニューヨークの高層建築らしさをもっともよく表すものなのよ。)
(1999年度「ラジオ英会話」)

But they hang in there ...
− しかし、彼らは(中略)諦めずにがんばっています
hang in there が主語つきで使われているのは珍しいかな、と思ったら
we are hanging in there. 
(なんとかがんばっています)(2010年「Business Vocabuilding 1月号」)
が、しっかりメモしてあった...。
ナハナハ。

本日の重点項目:3


英語とは関係ないんですけど、NHKの連続ドラマ「あまちゃん」、
今、すごい人気ですよね。
ここんとこ10年ぐらい、いわゆる朝ドラは見てなかったんですけど、
友達にすすめられて見始めたら、ハマってしまいました。
あきちゃんのキャラクター、とってもいいですよね。
がんばっている人を見ると、応援したくなる。
彼女って a bundle of energy って感じ。
試練もいっぱいあるけど、あきちゃん、ファイト!


去年の今頃、「実践ビジネス英語
Hope you didn’t wind up with a wooden nickel.
(結局偽物だった、ということでなければいいのですが。)
未だに end up の方がピンとくるな。


posted by ラジ子 at 11:02| Comment(9) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!韻を踏んだりして遊び心も忘れないラジ子さんって素敵〜♫と思っていますが・・・暑いですね。こちらの方が涼しいのは分かっているのですが、夏が大嫌いな私は20度を超えると体調が悪いです(^_^;)

crotchetyはどうも発音がしにくいのと最初見た時にcrochetだと思って「なんで怒りっぽいになるんだ?」としばらく考え込んでしまいました。いやはや、脳みそが暑さで腐っているのかしら。

My heart goes out toは家族や友人を亡くした方へのメッセージを含め、極めて辛い立場にいる方への気持ちを表わすのに使うようにしています。ちょっと日本人には感覚的に言いにくい、ちょっと大げさに聞えないかなと思うフレーズですが、
ツイッターなどでも俳優さんなどが誰か名の知られた方が亡くなったりするとMy thoughts are with his familyみたいなフレーズと共によく使っているので、「ご愁傷さまでした」みたいにお悔みの際の決まったものなのかなと思ったりしています。
おめでたい時と違って、お悔みは母語でも気を遣いますね。
自分の気持ちが伝わっているかいつも考えてしまいます。

あまちゃん、私も大好きで見ています!脚本家がうちの県の出身だし、北三陸の面々がユニークで温かくて。私たちの年代にはツボなネタが満載でしたね。東京編になってからついていけない部分があるんですけどね。あとは震災がどう描かれるか、それが気になります。
Posted by Lily at 2013年07月12日 11:29
【Lilyさん】
遊び心を忘れないというより、いつも頭の中は遊んでいるような感じが基本モードなので、必要な時だけ真面目になる、というのが正解です。

夏は私も苦手です。冬の方がいいな、と思います。暑さと戦っても仕方ないので、ここはひとつ、じっと耐えましょう。

私は crochet がわかりませんでした、Lilyさんの語彙力、やっぱりすごいですね。個人的には「crotchety っていう単語がある」ことが覚えていられれば充分かなと思います。(やる気あんのか、わたし...)

お悔みについてはLilyさんと同じ意見です。これでいいのか、失礼にあたらないか、と非常に気を使います。ただ、英語でお悔みを言う機会は私の場合ほとんどないし、あったとして、間違ったとしても「日本人だから仕方ない」で終わりますが、日本語の場合はそうはいきません。しかも、年齢だけは立派な大人だし。

あまちゃん、私の友達の間でものすごい人気です。たぶん、私たち世代の視聴者が人気をけん引しているんでしょうね。
Lilyさんが感じているように、東京編はあまり面白くないと感じている人もいるかも...。地元の人たちとのやりとりの方が心にぐっとくるものがありましたよね。

Lilyさんにあまちゃんトリビア。テーマ曲の最初にあきちゃんがジャンプしますよね。信憑性のほどはわからないんですけど、友達によると、あれ、「J」の形だっていうんです。もちろん、「じぇじぇ」の「じぇい」、ほんとかなぁ〜?
Posted by ラジ子 at 2013年07月12日 22:47
いつも頭の中が遊んでいるのが基本モードって凄い!
ラジ子さんとご家族・お友達との会話は笑いでいっぱいでしょうね♪

あまちゃんトリビアありがとうございました!けさの分を録画していたので確認しました。手を広げていますが、足がJの形に曲がっている!Jの形を意識したのかもしれません。お友達はしっかり見ているんですね。全く意識していませんでした。
予告によると来週は糸井重里と清水ミチコがベストテンのパロディをやるみたいなので、私たち世代にはまた笑えるシーンになりそう。高齢者が細かい小ネタについていけているのか心配ではあります。
Posted by Lily at 2013年07月13日 17:24
【Lilyさん】
我が家は夫がかなり明るいタイプで、面白いのもつまらないのも含め、かなり笑わされています。私はといえば、「8時だよ、全員集合!」に始まり、「おれたちひょうきん族」、「笑っていいとも!」、「夢で会えたら」や、深夜のくだらないお笑い番組で頭をやわらかくしてまいりました。
(全然、自慢にならない...)

予告で見た黒柳さんが清水ミチコだったのは分かったんですけど、久米さんが糸井重里とは気づきませんでした。
twitter では「あま絵」と呼ばれるイラストが人気だったり、ディープなファンによる解説的なブログもあったりするそうで、まだまだ勢いは止まらない気配ですね。
Posted by ラジ子 at 2013年07月14日 23:04
▼暇なおっさん,本日第2弾のコメントなのでございます,かたじけない。例によって,無視して下さっても一向にかまいませんからね?(……ただワシは,人知れずさめざめと泣くわけですが)。
▼さっき,こちらは突然の雷雨に見舞われまして,数十秒だったでしょうか,停電になったりもしました。心配なのは子ガモたち。我が高級マンション(^o^)のすぐそばの川では一年中(数羽から数十羽の)カモが遊んでいるのですが,つい最近,メチャクチャ小っこい子ガモが5匹いるのを発見したんです。体長7〜8センチくらいでしょうか。あんなの見たの,初めてカモ(……サブイって言うな!)。
▼子ガモたちはお母さんガモにぴったりくっついてて,ほんとにかわいい。ワシの荒んだ心も癒されるっちゅうわけですわ(^o^)。なのに,あの雷雨。川は,水嵩が急激に増して,激流と化してました。はぁ〜,大丈夫かなあ,あいつら。

▼さて,《crotchety》ですよ。お恥ずかしながら,ワシはこの単語,全く知りませんでした。ところが偶然とは恐ろしいもので,今日ふらっと『話すためのアメリカ口語表現辞典』っていうのを眺めていたら,その「crotchety」が出てきたんですわ。ほん〜っとに偶然。
▼この本もまた,数十名のネイティブのインフォーマントの意見を元に作られてます。例文に下記のような記号を付して,使用頻度を示すって形式になってるんですね。
 ☆:一番よく使われる
 ◎:非常によく使われる
 ○:よく使われる
 △:ときどき使われる
 ▽:まれに使われる
 ×:使われない
▼ほいでもって,「彼は怒りっぽい」の意味で挙げられてたのがこんなふう――
 ☆ He's cranky.
 ☆ He's touchy.
 ◎ He's snappy.
 ○ He's snappish.
 ○ He's irritable.
 △ He's crotchety.
▼「He's crotchety.」はときどき使われるってことですなあ。それにしても,なぜに「He loses his temper easily.」とかが挙げられてないのか,ちょっと不思議。やっぱ,なんだか説明調っぽくて,かったるいからかな?
Posted by 多摩のおっさん at 2013年07月23日 20:43
【多摩のおっさん】
多摩のおっさんのダジャレもかなりのモンじゃないですか。(お互いそれほど高くないみたい、ナハ)

私も昨日のゲリラ豪雨には驚かされました。運転中だったので、ワイパーを最速にして対応。それでも、前がよく見えないという危険な状況でした。

子ガモちゃんの安否が気になりますね...。

さて「話すためのアメリカ口語表現辞典」のご紹介、ありがとうございます。なんだか面白そうですね。もちろん、興味深いという意味での面白いです。
時間の経過に伴って、再調査したら、結果も変わってきたりして?
英語の勉強を再開したばかりのときは、小難しい習いたての単語を使って、何度も失敗した(そんな単語、普通使わないと言われる)ので、最近は最もよく使われていそうな表現を意識的に使うようにしています。もちろん、日常会話というか雑談の時です。
場合によっては難易度の高い単語や表現が必要になることもあるでしょうが、今のところ、その必要はなさそうです。

「怒りっぽい」の表現、使用頻度など、ご紹介ありがとうございます!
Posted by ラジ子 at 2013年07月24日 12:18
▼《多摩のおっさんのダジャレもかなりのモンじゃないですか》? そんなに褒められてもなぁ〜,照れちゃうじゃないですかぁ,僕ちゃん(^O^)。
▼「ominous」のページのコメント,ちゃんと読めます? 送信したんですが,《最近のコメント》の欄には表示されてないんです。
Posted by 多摩のおっさん at 2013年07月24日 18:09
▼あっ,失礼! 今,表示されました!
Posted by 多摩のおっさん at 2013年07月24日 18:10
【多摩のおっさん】
実は、seesaaのブログ、コメントの反映が遅いことがちょいちょいあるんです。
ご迷惑をかけます。すんません!
Posted by ラジ子 at 2013年07月27日 00:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。