2013年12月13日

no 〜 is complete without

「実践ビジネス英語」

英語の勉強をする時間がある自分は、幸せ者だな〜!
(小さな幸せ見つけよう運動 by ラジ子)
自分をほめようキャンペーンも継続中。

12/5放送分
*It seems no graduation speach (中略) is complete without a ritual reference to passion.
− 卒業式での(中略)スピーチは、決まり事のように、
  情熱に言及することなくして終わることはなさそうですから。
ちょっと発想としては似てるんじゃないかと思うのが
can't do without doing(〜すれば必ず〜する)の形。
I can’t drink a drop without getting drunk.
(私、少し飲んだだけで酔っちゃうんです。)
(10/03/06「英語5分間トレーニング」)

*Now that’s what I call an original idea.
− いやあ、それはまさに独創的なアイディアですね
まさに、それだよ!と言いたいとき。
Now that’s what I call a movie!
(これこそ、映画の中の映画!)
(ジーニアス)
Now もつけた方がいいのかな?

気になる単語
crook … 詐欺師
pyramid scheme … ねずみ講
アメリカのニュースでは、
Ponzi scheme の方がよく使われていた気がする。
(最近、ニュースを聞いてないのでなんとも...)

12/6放送分
*I’m sure that would be a graduation speech to remember.
− それならきっと、卒業式のスピーチが記憶に残るものに
  なるでしょうね。
反対に忘れてもいいものなら to forget だそうで。(ヘザーさん)
ヘザーさんの説明にあった例文を利用するならば、
ヘッタクソな歌を聞いた後で、こう言ったりするのかな?
His song was one to forget.

I don’t think it’s as crazy an idea as it might sound at first.
− このアイデアは、最初聞いた時に受けるかもしれない印象ほど、
  突拍子もないものではないと思います。
might の持つ、婉曲性をヘザーさんは説明していましたが、
個人的には as crazy an idea as の語順を見て、
大学受験の問題集に載っていた、
語順に関する注意(as の後ろには形容詞か副詞がくる)を思い出した次第です。

*You strike me as someone who’s always excited about the task at hand, Paul.
− あなたは、いつも目の前の仕事にわくわくしながら取り組んでいる、
  という感じがします、ポール。
何度も復習しているのに、ちっとも使えてない表現。
この日も復習しています → 11/03/16・23「実践ビジネス英語」
何人かの友達を、これを使って表現してみることを今日の宿題としよう。


今日の重点項目:4


冒頭にメモした
nois complete without は前から気になる表現だったんですよ。
2000年度の「ラジオ英会話」に2回でてきます。
No week is complete without a drink at the agency watering hole.
(代理店連中の行きつけの飲み屋で一杯やらないと、一週間が終わった気がしないのよ。)
No week is complete without a trip to the laundry room, Edward.
(洗濯室に行かないと一週間が終わった気がしないんだよ、エドワード。)
ただ、week 以外はどうなんだ?という疑問が常にあったので、
今回 week 以外もアリと知ってスッキリ!


去年の今頃、「実践ビジネス英語
You almost make me want to check into my local hospital to sample the haute cuisine.
(あなたの話を聞いていると、高級料理を試食するために、
地元の病院に入院したくなりそうですよ。)
sample が言えなくても、try tasting とか言って
正しく伝わればいいよね。
posted by ラジ子 at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック