2013年12月23日

a stone’s throw away

「ラジオ英会話」

クリスマスイブイブですよ。
仏教徒には関係ないですか?

12/16放送分
樹の上から降りられなくなった猫を救出したニュース。
*Mike Nelson rescued a kitten clinging to a branch with one claw.
− マイク・ネルスンはかぎ爪1つで木の枝にしがみついている
  子猫を助けました。
比喩的にしがみつく場合
I hear they snicker at old-fashioned folks who still cling to snail mail, dial telephones and rudimentary e-mail.
(そうした人々は、通常の郵便やダイヤル式の電話、初歩レベルの電子メールにまだこだわっている時代遅れの人々を冷笑しているそうです。)
(08/10/17「実践ビジネス英会話」)
ちなみに cling の過去形は clung であることも、復習しておく。

What was going through your mind at that point?
− そこで頭をよぎっていたものは?
go through 〜’s mind … 〜の頭をよぎる
覚えるのが難しそうな組み合わせ。
go のほかに flash / run もあり。
An idea flashed into [across/ through] my mind.
(ある考えがぱっとひらめいた)(ジーニアス)

This just goes to show a cat has nine lives.
− これでわかりますね、猫は九生。
X goes to show Y. … XによってYであることがわかる・証明される
It just goes to show (= proves) how much people judge each other on how they look.
(いかに人が、互いを外見で判断するのかがそれでわかる。)
(ロングマン)
just も含めて覚えておくといいかな?(覚えられれば...)

12/17放送分
自宅プールにアオウミガメ(green sea turtle)がいてびっくりしたニュース。
*I couldn’t believe my eyes.
自分の目が信じられませんでした
同系列かな〜と思う表現
Your eyes are playing tricks on you.
(目の錯覚だよ。)
(11/10/02「英語5分間トレーング」)

逃げ出した動物園は
*It’s just a stone’s throw away.
− ほんの目と鼻の先です。
バリエーション
The bus stop is within a stone's throw from my house.
(バス停は私の家の目と鼻の先にあります。)
(2006年2月「レッツスピーク」巻末「使える英文法を身につけよう!」)

12/18放送分
飼い犬が価値ある貨幣を掘り起こしたニュース。
掘り起こした犬の名前が Digger だったので、
*What a fitting name!
− 何ともぴったりの名前ですね!
It’s only fitting that he wears his new golden collar for the interview.
(インタビューに新しい金色の首輪をつけるのは、当然といえば当然だよね。)
(09/04/14「ラジオ英会話」)
この時は、プーキーが表彰されてましたよ。
(今日の「去年の今頃」にも書いてありました、ってわかりにくいですね...)

*It’s in his blood to dig holes.
− 彼が穴を掘るのは持って生まれたものです。
金曜の More Info!
It’s in his DNA to dig holes.
(彼が穴を掘るのはDNAに組み込まれています。)
リエーション
Music is in our genes.
(音楽がDNAに入っているんですよ。)
(11/07/25「ラジオ英会話」)

12/19放送分
新種の魚を発見したニュース。
*You’re putting me on!
冗談でしょう
時々、どっちがどっちか、迷うのが pick on(いじめる)
string bean of a boy with big ears who was picked on at school
(学校ではいじめられていた耳の大きな背が高いやせた男の子)
08/08/14のブログより、マイケル・フェルプスのニュースから。

This is one for the books!
− これは世界記録ものですね!
この本は「スポーツの記録本」のことだそうです。(テキスト)

今日の重点項目:6


「温故知新」学習中に発見した表現。
12/5「実践ビジネス英語」の
Now that’s what I call an original idea.
(いやあ、それはまさに独創的なアイディアですね。)
が、2001年度「ラジオ英会話」にあった。
That’s what I call paradise.
(それこそが天国というものだわ。)
まだまだ掘り起こせそうだワン!


去年の今頃、「ラジオ英会話
去年は、クリスマスプレゼントの子猫の名前がスノウィで
That’s a fitting name.
(それはぴったりの名前だわ。)
でした。
今年のセリフはリユース?
【関連する記事】
posted by ラジ子 at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/383367938

この記事へのトラックバック