2014年01月07日

give away

お正月休みは、親戚とのお付き合いの他に、
何十年ぶりかで地元の山に登ったり、
人生初のネットカフェでマンガを読みふけったりして、
正直、英語ガッツリではなかったんですけど(汗)、
昔の「ラジオ英会話」のCDを聞くという
「温故知新」学習は細々続けていました。
その時に、実はとっくに習っていたのね、
という表現をまた発見。

Talk about a breakdown in communication!
(コミュニケーションの断絶とはよく言ったものだわ!)
(2001年度「ラジオ英会話」)
Talk about boring.
(退屈の一語に尽きましたね。なんて退屈なんだ。)
(10/07/22「実践ビジネス英語」)
この時に、初めて知ったのかと思っていたけど
9年前に習っていたのですわ。

Talk about bad timing.
(何というタイミングの悪さでしょう。)
(11/04/07「実践ビジネス英語」)
Talk about misplaced priorities.
(優先順位がまったくおかしいですね。)
(誤った優先順位とはこのことです。/ 誤った優先順位もそこまでひどいとは。)
(10/11/17「実践ビジネス英語」)
あきれたり、ビックリした時の表現。


去年は「話す」ということを大きな課題にしていましたが、
話す機会がほとんどなく、
あったとしても、なんとな〜く会話が成立してしまう今日この頃、
どうせなら「聞く」方に...と、またヨロヨロ軌道修正しています。

ドラマや映画を字幕なしで、せめて8割ぐらいまでわかるようにしたい、
という長年の悲願達成のため、自分なりに工夫するわけですが、
せっかくHuluに加入しているので、
Huluでドラマを「聞く」というアプローチをお試し中。
具体的に言うと、
家事をしながら、iPod touch をポケットに入れて、
Hulu で「Ugly Betty」を「聞く」という学習法。
つまり画面は見ないのです、ただ「聞く」だけ。
見たことのある内容なので、画面無しでも、
あぁ、あの場面かとある程度、記憶でフォローできます。

今、とりあえず「Ugly Betty」を最初から「聞いて」いまして、
聞いていたからこそ、気づけたのかも?
という英文もありました。
たとえば
「何が、私の正体をバラしたのかしら?」という英文。
What gave it away?
Was it my accent?
(このなまりのせいかしら?)
日本語訳は ↑ だけだったけど、この give away
「温故知新」学習で復習したばかりだったので、ラッキー。
I guess my asking about Human Resources gave me away.
(ぼくが人事部のことを聞いたので正体がばれたようですね。)
give away … 〜の正体を暴露する
(2000年度「ラジオ英会話」)

あと、12/11/21「実践ビジネス英語」で初めて知った
アフリカの祝祭「クワンザ」もセリフに出てきたんですよ。
So maybe instead of Christmas, we do other winter holidays, Kwanzaa?
(アフリカ系アメリカ人のお祭りとか?)
新しい単語が学べるという意味で、
やっぱり「実践ビジネス英語」も外せないな、と再確認。

そんなこんなの年始でした。

ちなみに、私がネットカフェで読みふけったマンガは
ちはやふる
夢中になれる何かがあるって素晴らしいな〜。


去年の今頃、12/27「実践ビジネス英語」
I hate it when my emotions get the better of me like that.
(そんなふうに、自分の感情に負けてしまうのは嫌なものですね。)
自分との戦いですね...、勝率5割は超えたいところ。


posted by ラジ子 at 12:38| Comment(2) | TrackBack(0) | ラジオ以外の英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も昔のシリーズ、ラジオ英会話を聞くようにしています。いつも新しい発見があります。
映画Shall we dance?では 名詞 giveawayが出てきました。
Your posture, it's a dead giveaway.君の姿勢だよ。動かぬ証拠だ。 姿勢が良いことでダンスをしているのが、分かるという場面でした。

Posted by Hilda at 2014年01月09日 09:21
【Hildaさん】
本当に、何度も聞いているのに「なーんだ、ここでもう習ってた!」という箇所がいくつもあります。
giveaway は、「無料であげちゃう品物」なんていう意味でなら、習ったことを覚えていますけど、「明らかな証拠」のような意味もあるんですね。
ありがとうございます。
まだまだ「温故知新」学習は続けるつもりです。
今年もよろしくお願いします!
Posted by ラジ子 at 2014年01月09日 12:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。