2014年02月28日

track

「実践ビジネス英語」

あと10年ぐらいしたら、年齢の関係で、ナチュラル朝型人間に移行しそう。

2/20放送分
*I’ll put “give up multitasking” at the top of my priority list.
− 私は、「同時に複数の仕事をやることはあきらめる」というのを
  優先順位のトップに持っていきますよ。
ちょっと楽しそうな言い回しなのでメモ。

日本語訳のカギカッコの中「同時に複数の仕事をやること」は
「マルチタスク」でよかったのではないか?

大事なことの順番は priority list
するべきことの予定は agenda に記録。
That strikes me as quite an agenda.
(やることがたくさんあって大変ですね。)
(06/07/3・4「ビジネス英会話」)

*I’ve always thought of myself as a morning person, …
− 私はずっと自分は朝型人間だと思ってきました
think of A as B で「AをBとみなす、考える」
of がどんな役割を担っているのかわからないけど、
ニュースやポッドキャストを聞いていると、
けっこう頻出な think of A as B
He thinks of Japan as his second home.
(彼は日本第二の故郷だと思っている)
↓ この本より
NHK CD BOOK 英語5分間トレーニング 岩村圭南の言えそうで言えない英語表現500 (NHK CDブック) [単行本(ソフトカバー)] / 岩村 圭南 (著); NHK出版 (刊)
see A as B も同じ。(ヘザーさん)

*I suggest that you track your work flow for a week and make a record of when you’re most productive.
− 自分の仕事の流れを1週間追ってみて
  最も生産性が高い時間を記録するというのはどうですか。
track だけでも「追跡する」という意味があったのね。
しばらく記録してみるというのは「実践ビジネス」おすすめの手法。
Lately I’ve tried to keep track of how I spend my time by keeping a time log.
(私は最近、タイムログをつけることによって、自分が時間を
どのように使っているのかを把握するようにしています。)
(13/06/12「実践ビジネス英語」)

2/23放送分
But sometimes my ingrained sense of competitiveness makes me misjudge my priorities.
− でも時々、生来の競争意識が、
  自分の優先事項についての判断を誤らせるのです。
同意語
I’ve always assumed that creativity is an innate talent, or something that happens when the muse strikes.
(創造力というのは、生まれつきの才能、つまり、インスピレーションが湧いた時に
偶然出てくるものだと、私はずっと思っていました。)
(11/06/03「実践ビジネス英語」)

*But my trainer told me that I’d reached the point where improved performance wouldn’t have any real effect on my overall health.
− ところが、成績を向上させたところで、私の健康全般には大した効果を
  もたらさないレベルにまで達していると、トレーナーに言われたのです。
It’s reached the point where I order from the kids’ menu when I’m at a family restaurant, for example.
(私は、たとえばファミリー・レストランでは、
とうとう子供用のメニューの中から注文するようになりました。)
(12/09/20「実践ビジネス英語」)
↑ この日に、reachwhere の英文は完了形であることに気づいた私。
忘れていたけど、読んで思い出した。

今日の重点項目:4


【今日のアグリー・ベティのコーナー】
はお休み。
ALT と話していて、授業中に「先生が生徒を指す
と言いたい場合、なんて言うんだろう?と、口ごもり、
とりあえず point to と言ってみたけど、正解は
call on … (授業で)〈生徒〉にあてる(ジーニアス)
だって。
I was called on by the teacher.
(先生に指された)(ジーニアス)
call on に「意見を求める」なんていう意味があるんですね。
この on もどんな役割を担っているやら。
私にとって、前置詞はナゾが多い。


去年の今頃、「実践ビジネス英語
That means you don’t have to fight the crowds at post-holiday bargain sales anymore.
(つまり、ホリデーシーズン明けのバーゲンで、もう大勢のお客と争わなくていいのです。)
私も fight the crowds は嫌いだけど、東京ドームあたりのライブ帰りに
新幹線に乗って帰ろうとすると、これをしないと間に合わないんだなぁ...、
きついわー。
posted by ラジ子 at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/390032551

この記事へのトラックバック