2014年07月14日

tailgate

「ラジオ英会話」

車関連表現が多い週。

7/7放送分
レンタルしたRVを運転中のハーヴィーに、販売店主のゲイターからアドバイス。
*No sharp turns. Easy does it.
− 急カーブを切らないように。慌てずに
↓ は似ているけれど、意味がまったく違うのでお間違えなく。
That does it!
(これ以上我慢できない!)
(09/06/17「英語5分間トレーニング」)

Don’t tailgate.
− 前の車の前にぴたりと付かないこと。
tailgate … 前の車にぴたりと付く・付いて運転する
前に tailgate party(戸外食事会)を習った時に貼った写真がこれ。
tailgate party.jpg
「車の後部ドアを利用したパーティかな、と個人的には理解。

7/8放送分
How about we make a quick stop to buy cowboy boots?
− ちょっと立ち寄ってカウボーイブーツを買わないか?
How about の後って名詞節ってことで
まるごと文章でもいいんですね、という復習。

What’s come over you?
あなたはどうしてしまったのですか?
「態度が急に変わった場合にいう」そうです。(ジーニアス)

*For once in my life, I’m excited for what the future holds!
− 人生で初めて、これから先のことにワクワクしているんだよ!
So what does the future hold for America?
(では、アメリカは将来どうなるのでしょうか。)
(13/05/16「実践ビジネス英語」)
ちょっと似た感じの表現
I take it you can’t volunteer any information as to just what’s in store, Paul.
(一体どんなことが待ち構えているのかについて、
ご自分からは何もおっしゃることができないのでしょうね、ポール。)
(12/03/22「実践ビジネス英語」)

7/9放送分
ただ今、運転中。
*That guy just cut me off!
− あの男に割り込まれてしまって
cut off … 〜の前に割り込む
車以外でも使える。
Don’t cut me off before I finish.
(僕が話し終わるまで口を挟むなよ。)
NHK CD BOOK 英語5分間トレーニング 岩村圭南の言えそうで言えない英語表現500 (NHK CDブック) -
NHK CD BOOK 英語5分間トレーニング 岩村圭南の言えそうで言えない英語表現500 (NHK CDブック) -
この本 ↑ に収録されております。

Honking won’t do any good.
− 警笛を鳴らしても意味がないわよ
類似表現
That won’t get you anywhere.
(それは何の解決策にもなりませんよ。)
(13/09/16「ラジオ英会話」)

I missed hitting him by inches!
− あと数インチでぶつかるところだった
この miss って、あまりなじみがないです。
「もう少しで〜するところだった」、だと
I came close to hitting him by inches!
でもいいと思うけど、
I almost/nearly hit him by inches!
なんかの方が自然かも。(断定できないのが悲しい)

7/10放送分
*I’d like to stretch my legs.
脚を伸ばしたいので。
類似表現
My legs need some stretching.
(脚をちょっと伸ばさないと)。
↑ も岩村先生の本より

His tire blew out.
タイヤが破裂した
flat tire は「タイヤに穴が開いて空気が抜けること」(テキスト)
空気の抜け方によっても、表現が変わるのですな。

今日の重点事項:4


「フレンズ」は楽しいですね。
リラックスできて、笑えて、かつ英語の勉強もできるなんて最高だな。
第3シーズンの9話では、みんなでフットボールをやってました。
↓ はチームを分けて、それぞれキャプテンを決めよう、という時の
ジョーイとチャンドラーのセリフ。
ジョHey, let’s pick captains.
(キャプテン選出だ)
チャAnd then tennilles.
(補欠もね)
この日本語字幕、苦労したんだろうな。
だって、この captains tennilles のくだりは
この2人のことでしょ?

この曲、大好きだったな〜。
久々に Youtube で聞いて、懐かしかったです。
若い頃の気持ちを取り戻した気分。


去年の今頃、「ラジオ英会話
I can’t make out a word he’s saying.
(言ってることがまるでわからない。)
「フレンズ」だと make out
イチャイチャする」という意味で使われていることが多いな〜。
【関連する記事】
posted by ラジ子 at 01:37| Comment(4) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
The Touristには短く、

What awaits me?  Trouble, certainly. と言ってました。
Posted by Ina at 2014年07月14日 14:36
【Inaさん】
セリフのご紹介、ありがとうございます!結局、実際の会話だと、こういう感じなんですよね。シンプルが一番。
でも、こういうのばっかだと、ビニェットとかダイアログが成立しないってことかもしれません。
Posted by ラジ子 at 2014年07月15日 00:08
今夏の研修会でSpider-manをやっていますが、最後のセリフが、Whatever life holds in store for me......I will never forget these words: "With great power comes great responsibility."であらと嬉しくなりました。
Posted by Ina at 2014年08月02日 10:19
【Inaさん】
what と in store の組み合わせですね。やっぱりこういうコロケーションでの暗記は大事ですね
Inaさんの映画での英語学習も長いですね。
私もラジオから、ドラマでの学習にスライドしていきたくなってます。
Posted by ラジ子 at 2014年08月04日 01:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック