2014年08月26日

gentrification

「実践ビジネス英語」

brownstone row houses ってこんな感じ。

8/20放送分
パット・マクミランのガールフレンドがロンドンからやってきた。
*Arabella is a big-city kind of person, so she’s taken to life in the Big Apple in a big way.
− アラベラは大都会タイプの人間ですから、ビッグアップルでの生活が
  大いに気に入っています
person の言い方は、個人的には、けっこう定着しました。

take to … 〜が好きになる、〜になじむ
NHK CD BOOK 英語5分間トレーニング 岩村圭南の言えそうで言えない英語表現500 (NHK CDブック) -
NHK CD BOOK 英語5分間トレーニング 岩村圭南の言えそうで言えない英語表現500 (NHK CDブック) -
↑ 岩村先生の本にもある
They took to each other instantly.
(彼らはすぐにお互いを好きになった。)
(12/01/29「英語5 分間トレーニング」)
のおかげで、take to はバッチリ。

バリエーション
Today’s young people don’t take kindly to the idea of being marketed to.
(今の若者は、商品のターゲットにされるのを嫌がります。)
take kindly to … (通例否定文)自然に〜が好きになる、〜をすすんで受け入れる
(プログレッシブ)
(13/03/28「実践ビジネス英語」)

in a big way は聞けばわかるので、つい見過ごしがち。
もっと会話で使ってもいいかも。
The adult playground trend has caught on in a big way in the U.K. in the last few years.
(大人の遊び場の流行は、イギリスではここ数年でかなり拡大しました。)
(14/04/10「実践ビジネス英語」)
I go for basketball in a big way.
(私はバスケットボールにおおいに興味がある)
(09/11/26「実践ビジネス英語」)

ベッドフォード・スタイベサント地区について。
That neighborhood has undergone quite a renaissance in the last few years.
− あの辺りはここ数年の間に、かなりの復興を遂げました
下は、この undergo の使い方で思い出した英文。
古さを感じさせないニューヨークのセントラル駅について
It just underwent a major face-lift.
(大々的な化粧直しを受けたばかりなんだ)
undergo … 経験する、耐える
(1999年度「ラジオ英会話」)

Renaissance man/woman … ルネサンス的教養人、万能型の教養人(プログレッシブ)
(07/4/11・12「英会話上級」)
を関連表現として、ヘザーさんが説明してくれました。

8/21放送分
*I got the lowdown (中略) on how the area has changed from longtime local residents.
− その地区の変貌ぶりについて「内部事情」を
  古くから住んでいる地元の人たちに聞きました
get the lowdown … 内幕を知る、真相に迫る

同意語表現
It’s great to be back after two weeks on the road touching base with key local retailers to get the skinny on the state of market.
(現地の主だった小売業者接触して、市場動向に関する情報を入手するという、
2週間の出張から帰ってこられてうれしいですよ。)
get the skinny on … 〜についての情報を手に入れる
(12/02/18「実践ビジネス英語」)

*I think it’s rather difficult to fight against gentrification.
− ジェントリフィケーションと闘うのはなかなか難しいと思います。
A lone man moves through a desolate world, fighting against injustice.
(たった一人の男が不正と戦いながら、荒れ果てた世界を移動するんだから。)
(11/05/20「英語5分間トレーニング」)
闘う相手が人の場合は with
He (中略) fought with other managers in the company to get me a promotion.
(彼は(中略)私を昇進させるために、ほかの管理職とも戦ってくれました。)
(13/10/23「実践ビジネス英語」)

本日の重要項目:3


同じ Gentrification というタイトルのダイアログで、
マーシャ先生がこの話題を取り上げていたのが15年前の1999年度「ラジオ英会話」。
当時としては、かなり先取り的な内容だったのでしょうか?
たっぷりラジオ英会話 (NHK CD‐extra book) -
たっぷりラジオ英会話 (NHK CD‐extra book) -
この CDBOOK も、もはや中古でしか買えず、
しかも、このシリーズの2000年、
いつでもラジオ英会話 (NHK CD‐extra book) -
いつでもラジオ英会話 (NHK CD‐extra book) -
2001年のものは
だれでもラジオ英会話 (NHK CD‐extra book) -
だれでもラジオ英会話 (NHK CD‐extra book) -
かなり高値でないと買えません。

また、新しい切り口で、マーシャ先生に講座を担当していただきたいなぁ。
NHKにメールしてみようっと。


去年の今頃、「ラジオ英会話
Unfortunately, some paparazzi crawled out of the woodwork.
(あいにく、パパラッチが突然どこからともなく現れてね。)
宝くじが当たった後に現れる遠縁の親戚以外にも、
こういう状況にも使えるわけですね、ふむふむ。
posted by ラジ子 at 12:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マーシャ先生のこのシリーズ本は私も2冊持っていますが、いずれも中古で買いました。比較的綺麗なものでほっとしましたが今でも十分使える内容なので書店で手に入れられないのが残念です。私も数回NHKにメールしたことがあるんです。たぶん現在はどこかの大学で教えられているのでしょうが、ぜひまたあのお声を聞きたいものです。NHKが最近設定した各講座のレベル、一番上のC2というのが未だにないですよね。C1の実ビジでさえついていけてないのですが、C2の講座にぜひマーシャ先生を!

gentrification、日本でいえばどの辺りがあてはまるでしょう。ニューヨークのソーホーって昔は芸術家などが集まり独特の雰囲気があったらしいですし、私なんかもソーホーはそういう地区だって最初に教わりましたが、80年代以降は高級レストランなどが増えて家賃もあがり雰囲気が変わったそうですね。これもgentrificationってことでしょうか。そうなるとマーシャ先生が講座で取り上げていたのはソーホーが変化をしている真っ最中だったのかもしれませんね。私自身はそのトピックまるで記憶にないのですが(^_^;)中古で手に入れるにしても値段が高くて、まず手持ちのをきっちりやらないと。
Posted by Lily at 2014年08月26日 15:32
gentrificationと聞くとヤンキースタジアムを新しくしたとき、周辺の住民が立ち退きをさせられるとかで問題が起きているとニューヨークに住んでいた人が言っていたことを思い出します。
その時はこの言葉知りませんでした。
Posted by green at 2014年08月27日 13:22
【Lilyさん】
マーシャ先生は、wiki によると聖心女子大学教授とのこと。マーシャ先生に指導していただけるなんて、うらやましい。きっと、人生における大事なことをたくさん教えていただけると思います。
いいな〜。

日本の gentrification だと、東京スカイツリーの出現による墨田区のあたりなんかも、該当するんでしょうか?東京ではしょっちゅう、どこかしらが gentrification されているような気がします。(そういう場合は gentrified と表記するべきか)
きっと世界中のいろんな場所で起こっているんでしょうね。
もしかすると、今ではもう SOHO はむしろ古い感じがしたりするのかも。

いずれにしても、どこの高級化に関しても地域住民としては複雑な心境なんでしょうねぇ。いいことあり、悪いことあり、ですもんね。



【greenさん】
まさに、本物の gentrification がニューヨークで起こっていたのですね。Wikiで調べたら、2006年に起工式が行われたとか。
もしかしたら gentrification という言葉はわりと最近できた言葉なのかもしれませんね。
実例、ありがとうございます!
Posted by ラジ子 at 2014年08月28日 13:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。