2014年10月21日

soldier on

10/15「実践ビジネス英語」

名古屋旅行の疲れが、時間差でじわじわ出ています。

アメリカ人の「シェアしすぎかも」傾向についてのビニェット。
I was just about to tuck into my osso bucco ...
− 私がちょうどオッソブーコをほおばろうとしていた時に、...
tuck into … 《英俗》〜をたらふく食べる(テキスト)
イギリス英語だったのね。
Well, I bet you’re looking forward to tucking into some nice local food when you get back to Japan, Hiroshi.
(まあ、あなたはきっと、日本に帰ったら地元のおいしい食べ物を
もりもり食べるのを楽しみにしているのでしょうね、洋。)
(10/06/10「実践ビジネス英語」)

オッソブーコ、おいしそう!

食事中に隣のテーブルの女性が外科手術の話を始めたので
*That would have put me off my meal for sure.
− 私ならきっと食欲を失くしたでしょう。
「食欲を失くす」に、こんな言い方もあるんですね。

I managed to soldier on regardless.
− とにかくめげずに何とか食べ続けました
soldier on … (めげずに[負けず]に)頑張り続ける
これは初めてだと思う。
これもイギリス英語だそうです。(ロングマン)
We’ll just have to soldier on without him.
(私たちは彼無しで頑張り続けなければならない)(ロングマン)

I nearly gagged on my beef.
− 私は、のどにビーフが詰まりそうでしたよ。
gag on … 〜でのどを詰まらせる
自分は get stuck in someone's throat でいいや。
gag の他の用法
I feel like gagging.
(吐きそうな気分。)
(07/01/22・23「英会話入門」)

「シェアしてくれてありがとう」と言うセリフについての
マクミランのリアクション。
*It’s all I can do not to roll my eyes when people say that.
− だれかがそう言った時には、目玉を上に向けないようにして
  気持ちを出さないでいるのが、私には精一杯ですよ。
目玉を上に向ける気持ちが「驚き」か「失望」か「軽べつ」か、
それは文脈次第。
Lucy rolled her eyes as Tom sat down beside her.
(彼女が隣に座った時、ルーシーは目をむいた)

アメリカ人が自分の情報をシェアしがちな傾向への疑問。
What impels them to do that?
− なぜ、そうせずにはいられないのでしょうか。
impel … (人を〜に)駆り立てる
10/4のエントリーにでてきた prompt も同意でしょうか?
とすれば、urge / prompt のグループに impel を追加。
と思ったところで、prod っていうのもあったな、と気がついたけど、
今日は疲れているのでここまで。

今日の重点項目:2


名古屋旅行、ものすごく楽しかったです。
学生時代の友達のところに、仲間で会いに行きまして、
名古屋城、熱田神宮、犬山城、明治村を駆け足で観光。

そして、その合間に名古屋グルメを堪能しました。
きしめんと味噌串カツ
名古屋きしめんと味噌カツ.JPG

あんこトースト(2人前)
名古屋あんこトースト.JPG

味噌煮込みうどん
名古屋味噌煮込みうどん.JPG

写真はないんですけど、風来坊で手羽先も食べましたよ。
おいしかったな〜。

で、味噌煮込みうどんなんですけど、一口食べて
「ん? これ生煮え?」と思ったら、
愛知在住の友達によれば
「これが名古屋の味噌煮込みうどんなの。」
とのこと。
「煮込み」だからてっきり柔らかいもんだと思っていたのに。
久々のカルチャーショックであった...。
今度行くときは「ひつまぶし」にチャレンジだ!


去年の今頃、「ラジオ英会話
I’d feel like a fish out of water.
(仮にそうしたら、場違いのように感じるだろうよ。)
長くメモしたわりに、重点項目少な目の日。
posted by ラジ子 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。