2014年10月31日

Halloween

TRICK OR TREAT!

私にお菓子をあげてもいいという方がいらしたら、コメント欄にご連絡を!

というのはジョークですけども。

今週は再放送のため、昔の講座のCDを聞き直したりしています。
私の中のハロウィーンといえば、2000年度の「ラジオ英会話」。

地域のコミュニティハロウィーンパレードの責任者になったケリーが
嘆いています。
*I hate to admit it, but I’m out of my league.
− 認めたくはないけど、力不足だわ。
be out of one’s league … 〜の力が及ばない
11/01/12のエントリーにアグリーベティのセリフで
I’m out of my league.
というセリフがあった!と喜んでいたのですが、
実は既に 10年以上前に習っておったのです...。

そんなケリーを励ます夫チャールズのセリフ。
I can’t believe you’re letting a little kiddy parade get to you like this.
− 小さい子供のパレードのせいで、君がこんなに参っちゃうなんて信じられないよ。
get to one … 〜を悩ます、苛々させる、〜のかんにさわる
The weather is getting to me.
(この天気には参ってしまう。)
(06/06/12・13「英会話上級」)
irritate / bother / annoy とか使わなくても、
こんなに簡単な単語で言えるんだ...、のパターン。

*The expectations are high.
期待が大きいのよ。
「期待」と high のコンビネーション
Don’t get your hopes high.
(あまり期待しないでね。)
(11/08/14「英語5分間トレーニング」)
We have high hopes for you.
(私たちはあなたに大きな期待をかけています。)
(11/06/22「実践ビジネス英語」)
上の英文は expectation でなく hope だけど、
つまり「大きい」というよりは「高い」がポイント。

近所の皆さんも熱心で
*The neighborhood really does go all out.
− この地域の住民は確かに総力をあげるからね。
ハロウィーンで力が入って全力投球のイメージで。
I think we have to go all out to ensure speedy fulfillment, especially in the online space.
(特にインターネット空間では、注文には必ず迅速に対応するよう、全力を尽くさなければならないと思います。)
(14/09/25「実践ビジネス英語」)

*・Everyone outdid themselves last year.
− 去年はみんながそれまで以上にがんばったわ。
Peter, Glen, you’ve really outdone yourselves.
(ピーター、グレン、本当によくやったわね。)
(06/11/22「徹底トレーニング英会話」)
自分史上最高!という表現も2000年に習っていたのか...。

結局なんだかんだでうまくいって、ご満悦のケリー。
This will probably go down as my scariest Halloween ever.
− これは今までで最高に恐いハロウィーンとして、私の記憶に残りそうね。
go down as … 〜として伝わる
This will go down in history!
(これは歴史に残る!)
(13/06/10「ラジオ英会話」)
後世までに残る感じかな。

今日の重点項目:4


CDを聞き直すだけじゃなくて、ダイアローグを文字で確認すると、
さらに細かい部分までくわしく学べますね。

最近は新しい英語本をアマゾンなんかでも調べてはみるものの、
どうにも買うに至らずにいます。
書評も誰が書いているかわからないので当てにできないし...。
それにしても、初心者向けの本の多いこと、多いこと。
あのあたりが、一番の売れ筋ってことですよね。

まだまだしばらくは「温故知新」と「ラジオ講座」で
学習を続ける予定。


去年の今頃、「Our Magical World
..., my flashlight gave out on me.
(懐中電灯が切れてしまったのです。)
give out の「(力などが)尽きる」イメージ、プラス
on me の「私が迷惑をかけられた」印象の on にも注意。
posted by ラジ子 at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ラジオ以外の英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ラジ子さん、新聞の書評欄などはいかが? 日本語の新聞も時々英語の本を紹介しています。ウェブサイトで探すと英米違って楽しいかも。

紙の本派の友人も最近はiPadを持ち歩いて出先で思いついた時に開いています。電子版だと古〜い本は無料なので、読み返す時に利用するそうです。あら、今回はスラスラ読める、となりたいものです。
Posted by green at 2014年11月02日 09:27
【greenさん】
新聞の書評欄というテもありましたね。ありがとうございます。いろんな情報の中から、自分の納得いくものを選ぶようにしたいと思います。

私もiPadとiPhoneに何冊か本を入れています(kindleアプリ)。かさばらなくていいですね。ちょっと読んでいないと、英文を読むスピードがすごく落ちるので、意識的に読まなくては!と思います。スラスラ読める日までがんばるぞ。
Posted by ラジ子 at 2014年11月03日 01:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。