2007年05月05日

Fat chance!

5/4・5「英会話上級」

みなさん、いろいろな連休を過ごされているようで。毎日ラジオを聞いてる私は果たして幸せなのか、それとも淋しい人なのか、ちょっと疑問に思い始めました。が、昨日は夫と2人でドライブして、景色のいい所でご飯を食べて、連休っぽいことが経験できたので、やっぱり幸せみたいです。(結局ノロケかよ!)

a glitzy part of town … 繁華街
glitzyglitz の形容詞だそうですがどちらも初耳。
glitz … けばけばしさ、まぶしさ(ジーニアス)
ちょっとギラギラした歌舞伎町っぽい繁華街を思い出しました。downtown とは違ったタイプの繁華街。

I wouldn’t be caught dead in a fast-food restaurant.
− 私、ファストフード店にいるところを見られたくないわ
catchdead … 〜の見られたくないところを見る
聞きながら内心大きくガッツポーズ。9/12のブログに書いてあります(お時間のある方はどうぞ)。このフレーズは私のお気に入り。

ファストフード店でもヘルシーなものが食べられるよ、という友人に対する返事。
Fat chance!
まさか!
そんな可能性はほとんどない、という場合のセリフ。やまちゅうさんのブログで勉強しました。こちらはぜひお読みください。

・ ... make sure they hold the mayonnaise.
− 絶対にマヨネーズはなしでね。
hold … (レストランで)(物を)(通常入れる物から)除く抜く(プログレッシブ)
例のやつ、いきましょうか。
マーシャ先生の英会話より(1999)コーヒーショップにて
I’ll have a tune sandwich on dry toast. Extra tomato.
Hold the lettuce.

(バターを塗らないトーストのツナサンドをください。トマトは多くして。レタスは抜きで。)
レタスは抜かない方がいいと思うけどな〜。

gobs of 〜 … 〜がしみこんだ
gobs of money(大金)(ジーニアス)/ great gobs of cash(大金)(OXFORD)
お金系のフレーズが多いのかと思ったら、さすが!一味違う例文の多いプログレッシブ。
She has gobs of sex appeal.
(彼女は色気たっぷりだ)
ちなみにダイアローグでたっぷりだったのは「チーズやマヨネーズ」。
gab だと「おしゃべり」でした。(the gift of gab … 話術の才、能弁さ)

・ ..., and they are probably saturated with trans fats.
− ...、たぶんトランス脂肪まみれだから。
saturated with 〜 … 〜がしみ込んだ
個人的には「これ以上入り込めないほどたくさんある」というイメージの saturate。8/16・のビジ英には
saturation point … 飽和点、限界点 という単語が出ましたよ。


今回の「ものしり」、”Word watcher” では “Not In My BackYard” という単語が紹介されました。実はこの単語、2000年度のマーシャ先生の英会話ですでに取り上げられているんです。7年前ですよ!
Sometimes I feel like we’re taking these NIMBY disputes a bit too far.
(こういう住民のエゴ的な論争が節度を超えているんじゃないかって、時々思うの。)
難しかったけど、マーシャ先生の英会話は続けて本当によかった!


【関連する記事】
posted by ラジ子 at 12:35| Comment(9) | TrackBack(1) | 英会話上級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
5月4,5日英会話入門の遠山先生とジェリーさんのトークの意味が分かりません。一応transcribeを試みましたが、speltに何か特別な意味があるのでしょうか。
Posted by 高木俊介 at 2007年05月06日 09:11
高木さん

高木さんのブログを見ました。
speltとは「スペルト小麦」という特別な小麦ことではないでしょうか。私も知りませんでしたが、スペルトで検索するといっぱい出てきます。健康にいいみたいですよ。健康食品、自然食などに関心のある方には常識なんでしょうか。
Posted by papi at 2007年05月06日 10:15
有り難うございました。spelt は spell の過去分詞としか辞書に載ってなくspelt小麦という単語があつたのですね。それでJerryさんの How is it spelt? I mean spelled.の質問にKatie さんは笑っていたのですね。
Posted by 高木俊介 at 2007年05月06日 10:45
私もspeltには頭を抱えていましたが、おかげさまでスッキリしました。辞書を引いても今ひとつしっくりこなかったらその単語で検索してみる、というのはいい方法ですね。

Posted by mijoka at 2007年05月06日 11:29
高木さん、疑問が解決できてよかったですね。最近上級とビジ英ばかり書いてますけど、他の番組も聞いてます。papiさんのように、親切に答えてくださる方も大勢いますので、どの番組の質問もOKです。書き込んでくださいね!


papiさん、回答ありがとうございます。無事解決してよかったです。


mijokaさん、英単語を Yahoo とか Google で検索して、より自然な言い回しを探したりする方法はけっこう一般的みたいで、リンク先のInaさんやばっちもんがらさんに検索結果を教えてもらったことが何度もあります。私も最近やるようになりました。ブログをやってなかったら気付かなかった学習法です。こういう情報交換がありがたいです。
Posted by ラジ子 at 2007年05月06日 15:20
映画だけでなく、最近は洋書も読んでます!
Fat chance. ですが、「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」にも出てきましたよ。
ハリーの親友、ロンの台詞でした。
記事にしてますので、勝手にTBさせていただきますね..。
Posted by Emi at 2007年05月07日 12:52
ラジ子さんって、本当にすごい。
マーシャ先生のCDブック、網羅しておられますね♪
どうして、そんなに覚えていらっしゃるのですか!?

NIMBY はなんとか覚えてました。
喫茶店(コーヒーショップだったかな?)で自治会に関する文句を言っている場面でしたね。なんとなく、先日のラジ子さんのPTAの話題を思い出したりなんかして。
私も2年続けて役員になってしまい、夜間の運営委員会や自治会に子連れで(弁当持参で)参加したりしてましたが、忘年会や歓迎会などの会は、ことごとく辞退してしまうという「つきあいの悪い」役員でとおしました^^;
次第に「この人は来ない」と認識してもらえるようになるので、断るのもラクでしたよ。事前に欠席を伝えておくと、会費を払う必要もありませんでしたし。委員活動の出費は、委員会から捻出してもらわないと大変ですよね..。
ボランティア活動だだけに、痛いです。

Posted by Emi at 2007年05月07日 13:01
>実はこの単語、2000年度のマーシャ先生の英会話ですでに取り上げられているんです。

この一行にホレました〜!

今後は直接自分のサイトからおじゃましたいので、
これからすぐに戻ってリンクをはらせていただいても
よろしいでしょうか。

(ラジ子さんが、このコメントをご覧になるころには
もうはっちゃってると思いますけど)

それから、最近「ビジ英」から遠のいていましたが
ラジ子さんのブログを拝見していたら、また聞きたく
なりました。


Posted by はなぶさ at 2007年05月07日 15:02
Emiさん、TBご苦労様です。ハリー・ポッター原書で楽しんでいるようですね。すごいわ、ホント!厚い本なのに、英語なのに。好き!という情熱はどんな試練もいとわないのですな。
CDブックの件、やっぱり「何度も聞いたから」覚えちゃった、っていうところでしょう。最近、ちょっとごぶさたしてます。こういう事実から推測するに、やっぱり語学は復習にかぎる、と思うわけです。
Emiさんのおたくは、まだお子さんが小さいから役員関係はたいへんそうですね。うちの近辺だと「小さいお子さんがいる方は免除」という優しさにあふれたルールがあったのですが、最近は少子化の関係で、そうもいっていられなくなってきているみたいです。つきあいの悪い役員だっていいじゃん、やらずに終わる人もいるんだし。まぁ、頼まれるということは人望がある、と思って誇りに思いましょう!


はなぶささん、ホレられましたか、私...。ポッ...(照)
リンクありがとうございます。私が調査したところによれば(ウソ、ただブログを読ませていただいただけです)、はなぶささん、英語学習者の三冠王だそうですね。
あ、違った。
「三種の神器」取得者だった。(ちなみに、「三種の神器」っていうのは通訳ガイド、英検1級、TOEIC 965 以上のこと)(はなぶささんのプロフィールより)
そんな「限りなく英語のプロに近い方」(あるいは既にプロの方?)がこのブログを読んで拾えるものがあるかどうか疑問ですけど、主に私のだじゃれを楽しみに来てください。(curtailの惨劇にも懲りず...)私もリンク貼らせていただきますね。
Posted by ラジ子 at 2007年05月08日 13:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

洋書で学ぶ英会話「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」
Excerpt: Harry Potter and the Order of the Phoenix (US) (Paper) (5)J. K. Rowling (2004/07/10)Scholastic ..
Weblog: 子育て主婦のEnglish Time 
Tracked: 2007-05-07 12:53
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。