2014年11月21日

bristle

11/13「実践ビジネス英語」

寒くなってきましたな。

*Sometimes giving advice can be counterproductive.
− 時には、助言を与えることが逆効果を招く場合もあります。
その他 counterproductive なケース
But I think overly strict workplace dress codes can be counterproductive and are a sign of a lazy, knee-jerk management style.
(とはいえ、職場の服装規定が厳しすぎると、逆効果になりかねませんし、
それは、安易で思慮に欠ける経営スタイルの表れではないでしょうか。)
(11/07/07「実践ビジネス英語」)

動詞の類義語
That might help a firm’s bottom line, but it can sometimes backfire, creating a bad impression and eroding customer loyalty.
(そういうやり方は企業の利益に寄与するかもしれませんが、悪い印象を与えたり、顧客の支持を徐々に失ったりして、時には逆効果になりかねません。)
backfire … 逆効果となる
(09/02/05「実践ビジネス英会話」)

今さらながら、子供への「勉強しなさい」も
counterproductive だ(った)と思う。

I bristle when somebody comes over all superior and tells me in no uncertain terms that I should do something.
− 私がムッとするのは、だれかが偉そうにして、あなたはこうすべきだと
  ずけずけ言う時です。
bristle … (怒りなどで毛が)逆立つ、いらだつ、憤然とする
お初。
怒り関係の動詞
You don’t resent my moving us out here, do you?
(ここに引っ越してきたことに腹を立ててないよね?)
(06/12/18「徹底トレーニング英会話」)
exasperate(憤慨させる)っていう動詞もありますが、
be exasperate で「怒る」という表現の方が普通らしいです。

come over all superior … 偉そうにする
偉そう関連
To me, that’s patronizing and pretty offensive.
(私には偉そうな感じで、かなり不愉快です。)
(11/02/24「実践ビジネス英語」)
you might think you’re being caring and solicitous but you run the risk of coming across as patronizing and condescending.
(自分では親身になって気遣っているつもりでも、偉そうで恩着せがましいと思われてしまうかもしれません。)
(10/02/19「実践ビジネス英語」)

in no uncertain terms … ずけずけと、はっきりと、単刀直入に
very clearly と同じ意味。(テキスト)
不確か(uncertain) + じゃない(no) = はっきり の図式。

*I dislike the preachy tone of some advice, no matter how well-meant it is.
− 私が嫌いなのは、たとえどれほど善意にあふれていても、
  時として助言にある説教じみた口調です。
well-meant … 善意の、善意から出た
たいがい、「善意からではあるのだけれど...」という流れあり。
I know people who come into work sick usually mean well, but they’re actually putting everyone else at risk.
(病気のまま出勤してくる人は、大抵、迷惑をかけるつもりなどないのは
わかりますが、実際にはほかの人たちを危険にさらしているのです。)
mean well … よかれと思ってする、悪気はない
(14/01/29「実践ビジネス英語」)

*That’s a lesson I took to heart thanks to my mentor’s advice.
− それは、メンターの助言のおかげで、私が肝に銘じた教訓です。
その教訓とは
Never pass up a chance to learn.
(学ぶ機会を決して逃がすな。)

take to heart は、頻出の割に、自分の中で定着していない表現...。
I’ll take what you’ve said to heart.
(あなたがおっしゃったことを肝に銘じておきます。)
(12/05/31「実践ビジネス英語」)

It’s a question of tact, when you come right down to it.
− つまるところは、気配りの問題ですよ。
tact が「気配り、機転、如才なさ」
副詞
You’ve got to do that tactfully, however.
(でも、それはうまくやらなければいけませんね。)
tactfully … 如才なく、気配りして
(10/02/19「実践ビジネス英語」)
私の場合、そもそも「如才ない」って言葉、日本語でも使わないな...。
そういう言葉を外国人の口から聞いたら、驚くね。

今日の重点項目:3


【フレンズ】
昔、彼女が太ったという理由だけで別れたチャンドラーが、その彼女に謝ります。

今さらだが謝りにきた
friends long overdue.jpg
I owe you a long overdue apology.

聞き取れたのは、遠山先生のおかげです。
You know, you’re long overdue for a vacation.
(ねえ、あなた休暇をずっと取っていないわよね。)
be long overdue for 〜 … とっくに〜しているべきである、〜の時期をとうに過ぎている
(11/06/27「ラジオ英会話」)
遠山先生の講座では、別のダイアログでも使われています。
聞いててよかった!


去年の今頃、11/13「実践ビジネス英語」
Keeping up with younger workers who grew up texting, microblogging, using social network services and playing videogames is a never-ending challenge.
(携帯メールをしたり、ミニブログに投稿したり、(中略)しながら育ってきた
若手社員たちについていくのは、終わりなき挑戦です。)
「〜しながら育つ」という言い方、けっこう便利なんじゃないかな?と思う。
posted by ラジ子 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック