2014年12月05日

star-studded

「実践ビジネス英語」

Our Magical World より/ EGG ON TOAST

インタビュアーから豪華なホテルでの食事などを羨ましがられた
有名スターの答えを聞いたリサさんの感想。
*Her answer gave me food for thought.
− それに対する女優の答えに、私は考えさせられました
食べ物の話と food for thought をかけているってのもあったりして?

・”You know, more often than not, all I want for dinner is a simple egg on toast.”
− そうね、普通、私が夕食に食べたいのは、素朴な卵のせトーストだけなの。
More often than not, you wind up making the best choice that way.
(たいてい、最良の選択とはそうしたものですから。)
(13/02/28「実践ビジネス英語」)
あえて、usually と言わないのは、こっちの方が頭がよく聞こえるからだとしたら、
私もこっち使おう!

A simple, no-frills bite to eat that delivers.
− 簡単で余計なものがない、軽い食事が、みんなを満足させるのです。
frill が「余分なもの、無用の装飾」なので、余計なものがない、になる。
Archie’s no-frills service really summed up his commonsense, practical view of life.
(アーチーの良識ある現実的な生活観を実によく反映していました。)
(10/03/17「実践ビジネス英会話」)
お葬式の話だったようです。

ここの deliver は前回エントリーの
「結果を出す、職務を果たす、期待に沿う」だわ!

I agree ― a steady diet of star-studded restaurants (the establishment as well as clientele) could be a bit much.
有名人が集まるレストラン(も店もセレブなところ)の連続は
  ちょっともうたくさん、という点には、私もうなずけます。
star-studded … スターたちがずらりと並ぶ (ジーニアス)
stud(鋲)の動詞に「散りばめる」という意味がある。
a crown studded with diamonds
(ダイヤモンドをちりばめた王冠)
(ジーニアス)

clientele は ↓ この日が初見でした。
Over the years he’s built up a loyal and stable clientele.
(父は長年かけて、忠実で安定した顧客層を作り上げました。)
(13/07/18「実践ビジネス英語」)

PEKING TURKEY
感謝祭のターキーがなかなか出来上がらなかった話。
*The aperitif were long gone, ...
− 食前酒はずっと前に飲み干され、...
11/03/07「徹底トレーニング英会話」でなくなっていたのはデザート。
All the apple pie is gone!
(アップルパイが全部なくなってる!)

*The turkey was long overdue. It called for drastic measures.
− ターキーは、とっくの昔に出来上がっていなくてはならないはずで、
  思い切った手段が必要でした。
この日にフレンズで復習。 

今日の重点項目:3


【フレンズ】
ロスとレイチェルが、生まれてくる子供の名前を考えています。
「女の子の名よ レイン
friends Reine.PNG
If it’s a girl, Reine. (名前のスペルは定かではありません...)

却下
friends veto.PNG
Veto.
文字通りの意味で、会話で使っちゃっていいのですね。

「僕はルースがいいな」
friends Ruth.PNG
I like Ruth, how about Ruth?

「89歳の赤ちゃんなの?」
friends 89 year old.PNG
Oh, I’m sorry. Are we having an 89 year old?

「名前の持つ古さ」は、日本人にはわかりづらいわ。
ちなみに、3年前にALTから聞いた「お年寄りの名前リスト」がこれです。
(あくまでも一個人の感想)
男性 Herbert / Harold / Melvin / Howard / Marvin / Elmer
女性Eunice / Mildred / Bertha / Alma / Ethel / Edith / Beulah / Dorothy
女の子の名前の th は、日本語の「〜子」みたいに古さを感じさせる、
みたいな法則あるのかな?

逆に、日本で言うところの「キラキラネーム(DQNネーム)」なんかもあるんでしょうね...。
名前は、普通がいいよ、普通が。


去年の今頃、11/28「実践ビジネス英語」
It helps when you can pick up cues from a person’s tone of voice, eye contact and even what clothes they’re wearing.
(人の声の調子、まなざし、そして来ているものからでも、相手の意図をくみ取れる時には、そういうコミュニケーションは役立っていますよ。)
It when 以下を表す英文だったのね。
ポイントはあくまでも pick up a cue の方ですけどね。
posted by ラジ子 at 12:27| Comment(6) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どんな名前が古いのかハッキリ言いきれませんが、私は何となく書かれた時代や設定が古い本や時代物のドラマに出てくる老人の名前と最近耳にする名前とで比較して「何か古い感じ」と判断しています。ラジ子さんがあげているRuth,Ethelなどはまさにそんな感じ。イギリス、アメリカでは違いがあるのでしょうか。流行りの名前も違うからまた別なのかな。学生時代に
マーガレットとグレースという名前のアメリカ人の先生がいましたが、グレースはともかく、マーガレットはあまり今は聞かないような。外国には祖父母の名前をつける人がいますから、時代を超えてつけられる名前も少なくないのでしょうけれど、
日本人の赤ちゃんに今「たみ」とか「とら」とか付けるようなものでしょうか。キラキラネームは外国にもあるみたいですが、ハリウッド俳優やミュージシャンの子どもにもか成ユニークな名前がありますね。フレンズのモニカ役の女優の娘はCocoでそれも当時ユニークと言われてたような。グウィネス・パルトローのAppleとか、あと好きでよく聞いてたクィーンのドラマーのロジャーの娘の1人はTiger Lilyだったはず!当時びっくりしました。Unique Celebrity Baby Nameなどで検索すると色々出てくると思います。大人になって嫌で変更する手続きを取ることもあるんでしょうね。カニエ・ウエストの子どもがNorthらしくて、それだとNorth Westとまるで航空会社。チケットただになるでしょうか(笑)
Posted by Lily at 2014年12月05日 23:25
【Lilyさん】
名前を聞いて、その人の年齢が「何か古い感じ」とわかるとは素晴らしい〜。私はまったくわかりません。日本人なら「〜子」「〜美」「〜代」はかなりの高確率で中年以上だと思います。若い子でも「桃子」なんてカワイイ名前もありますけどね。こういうクラシックでカワイイ名前はいいなぁ。
さっきまで地元の市町対抗駅伝がローカル局で放送されていて、出場していた「荒川しずか」ちゃんという中学生が「フィギュアスケートの荒川静香さんにちなんでつけられた名前だそうです」という解説者のコメントを聞いてビックリ!もうそんなに昔のことなんですね、荒川静香のイナバウアー...。

古さもわからない代わりに、新しさのキラキラっぷりも「そんな名前もアリなのかな〜」ぐらいですが、さすがに North West はどうなの?と思いました。(笑) お名前情報、ありがとうございます!
Posted by ラジ子 at 2014年12月06日 13:34
キラキラネームの何がキラキラなの?と聞きたくなってしまいますが。電話注文のとき、〜はどういう漢字ですか?って必ず聞かれるけど、難しい漢字はどう説明するのだろうか、私なら言われてもわからないだろうと思います。

知ってるアメリカ人が子どもの名前をリストの中から選んだ、と言ってスマートフォンを出したときはびっくりして何も言えませんでした。こういう時でも何か一言は言えなくては、なのでしょうけど。
Posted by green at 2014年12月09日 18:43
【greenさん】
電話で名前を伝える場合もそうですし、どこかで名前を呼ばれる必要がある場合、恥ずかしいし読み方の説明がめんどくさいと思うんです。親御さんとしては、オンリーワンな名前を目指して、凝った名前をつけようとしているのかもしれませんけどね。

うーん...。

お子さんにその思いが伝わって、気に入ってもらえればいいのですが。

アメリカ人の名前のつけ方は、この方が特別かもしれませんが、カンタンすぎますね−。
私がその場にいても、何も言えなかったかも、です。(汗)
Posted by ラジ子 at 2014年12月10日 01:31
そういえば「笑っていいとも」で「大熊猫(パンダ)」ちゃんという名前が紹介されて衝撃でした。私の記憶がただしければ、パンダ好きの黒柳徹子さんとの記念写真も紹介されていたのでやらせではないと思うのですが、将来子供が学校や就活で苦労しないでしょうか(汗)
Posted by Lily at 2014年12月10日 22:54
【Lilyさん】
パンダ!ちゃん...

犬や猫に「パンダ」とつけるならシャレで済むと思うんですが。
お子様が気に入れば問題ないかもしれませんけどね。

うーーーーむ、誰も止められなかったのか...。

Posted by ラジ子 at 2014年12月12日 10:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/410122535

この記事へのトラックバック