2014年12月13日

get wind of

「実践ビジネス英語」

ビニェット後半に「エンディングノート」が出てくるとはつゆ知らず
びっくりしたな〜。

12/4放送分
*I’m sure that was a big weight on your mind.
−きっとそれは、あなたの心の大きな重荷だったでしょう。
「それ」とは「父親が母親の死を乗り越えること」。
肩にのしかかる場合もある。
That kind of responsibility can be quite a weight on your shoulders.
(そのような責任が、かなり重くのしかかってくる場合もあるでしょう。)
(11/06/16「実践ビジネス英語」)

I suggested that he move to a gated community for seniors, he OK’d the idea straightaway.
− 高齢者向けのゲーテッド・コミュニティに引っ越すことを私が勧めた時、
  父はその案をすぐに了承しました。
suggest 以下の英文の動詞を原形にする、という文法の決まりプラス
It is A that B ...
A essential / mandatory / crucial が来る場合、
B動詞は原型にする必要がある(should が省略されているため)
も思い出しておく。

OK の過去・過去分詞形は OK’d と表記。(テキスト)
いちおう覚えておく。

*He’s making the best of what he calls his late autumn years.
− 父の言う人生の晩秋を、精いっぱい生きていますよ。
make the best of
不利な条件の中でベストを尽くしている、というニュアンス。

「老後」の別の言い方
I want to be sitting pretty during my golden years.
(老後を悠々自適に暮らしたいので。)
(14/04/03「ラジオ英会話」)

12/5放送分
My father got wind of it, and says he wants to be part of the conversation ...
− それを聞きつけた父は、(中略)、自分もその話に加わりたいと言っています。
風の便り?
The worst stance you can assume is hiding your head in the sand when you get wind of any worker mistreating a fellow worker.
(最悪なのは、社員のだれかが同僚をいじめているといううわさを耳にしても、知らない振りをすることです。)
(07/11/12・13「ビジネス英会話」)

使われている単語が似ている表現
I got the wind knocked out of me.
(息ができなくってさ。)
(09/05/19「ラジオ英会話」)
意味は全然違うのであった。

*I think we’re all on the same page.
− 私たちきょうだい全員が、同じように考えていると思います。
個人的にグループ化している表現
We’re in the same boat.
(お互い同じ境遇ですね。)
(13/07/04「ラジオ英会話」)
on the same page は考えが同じで、
in the same boat は境遇が同じ。


今日の重点項目:3


【フレンズ】
妊娠中のレイチェルを好きになったジョーイへ、フィービーからアドバイス。
「悩むことはないわ 一時的な感情よ」
friends crush.PNG
Joey, I think you’re just getting upset for nothing.
This is probably just a crush
.
これ、crash だったか crush だったか、迷ったら
あなた(youu)に夢中の crush
ってどうかしらん?


去年の今頃、「実践ビジネス英語
It seems no graduation speach (中略) is complete without a ritual reference to passion.
(卒業式での(中略)スピーチは、決まり事のように、情熱に言及することなくして終わることはなさそうですから。)
日本の卒業式だと tears 無しで終わらないことが多いけど、
映画で見る外国の卒業式って、みんな晴れ晴れしてるな。
posted by ラジ子 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。