2007年06月16日

on my case

「英会話入門」

今週はなかなか実り多い週だったと思います。

6/11・12放送分
This won’t do.
− これではまずいぞ。
will do.(〜で間に合う役立つ)(ジーニアス)は知っていたけど、否定形は初めて。
ジーニアスの例
That will never do.
(そりゃ絶対だめだ)
いかりや長介の「だめだ、こりゃ」を思い出しました(しみじみ)。

on/at the double quickly; hurrying(OXFORD)
(速く、急いで)
使えない英会話のコーナー
さて、これはどういう意味でしょうか?
I had a double on the double.(ヒント:体に悪いぞ!)
答え:(ウィスキーのダブルを大急ぎで飲んだ

Consider it done.
− お任せください。
それは(it)終ったものと(done)見なしてください(consider)という構造。

6/13・14放送分
The boss is on my case.
− ボスがあれこれ僕にうるさいんだ。
be on somebody’s case to criticize somebody all the time
(常にある人を批判すること)
OXFORDの例文
She’s always on my case about cleaning my room.
(彼女はいつも僕の部屋のそうじについてうるさく言う)
nag(がみがみ言う、小言を言う)に近い感じがします。

You’re pulling your weight.
− あなたはやるべきことはやっているわ。
pull one's weight というのは「ボートを自分の体重を利用してこぐ」ところから来てるそうですよ。(英辞郎より)

His bark is worse than his bite.
− あの人、口ほどでもない人よ。
テキストには「彼は口でがみがみ言うほど怖くはない。」とも書かれていました。江戸っ子タイプか?
最近でてきた bark 関係は barking up the wrong tree(見当違いの努力をする)5/11・12「入門」

6/15・16放送分
I think we can pull this off.
− やってのけることができそうだ。
「困難な状況の中で何かを成功させる、何かをやってのける」(テキストより)
こういう何気ない単語の組み合わせほど覚えられない。
OXFORDの例文
We pulled off the deal.
(我々はその取引になんとかこぎつけた)
類語辞典によれば仲間は accomplish / manage など。


長くなりました。最後にひとつ例のやつで締めます。
Anything you say.(言うとおりにします。)はマーシャ先生の英会話(1999)にもありました。
頼まれた仕事をサボっていて姉に叱られた弟がオチャメに一言。
Anything you say, sergeant!(何でも言うとおりにしますよ、軍曹殿。)
お姉さんはケロロじゃありませんよ、念のため。


【関連する記事】
posted by ラジ子 at 16:15| Comment(7) | TrackBack(0) | 英会話入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
We've pulled it off! 「やったね」You pulled it off.「うまくやってのけたわね」とか映画でよく出てきます。
Posted by Ina at 2007年06月16日 21:54
(I'm) at your service.何なりとお申し付けを。
というのもどこかで出てきましたねぇ。
(蛍の里より)
Posted by 莉杏 at 2007年06月17日 09:33
Inaさん、そうかー、口語ではよく使われる表現なんですね。うまくいったら pull it off、やってのけたら pull it off、使いながら覚えたいと思います。いつもありがとう♪

莉杏さん、私、まーったく覚えていませんでした。これも使えそうです。私の場合、主にユーモラスな場面で。ありがとうございます!!
蛍の里か、どこかなぁ〜?蛍が生息している、ということは水がきれいな所ですね。私の住んでいるところも街の中をきれいな小川が流れています。共通項発見!
Posted by ラジ子 at 2007年06月17日 14:53
プリティーウーマンには、You just think I'm at your beck and call. 私があなたの言いなりになると思っている。 が出てきました。
Posted by Ina at 2007年06月17日 18:20
Inaさん、今、辞書で調べました。こういう言い方もあるんですね。
そういえば I'm at your command.
もあったな、と思い出しました。
I'm at your 以下が service / beck and call / command
のようにバリエーションがあるということですね。メモメモ...。
ありがとうございます。
Posted by ラジ子 at 2007年06月18日 12:16
ラジ子さん、こんにちは。

pull one's weight は「自分の役割を精一杯果たす」ということなので、do what one should do の意味に近いですが、完全に同じではないですね。

================
< pull one's weight >
to contribute one's rightful share of work to a project or job:
- We will finish in time if we each pull our weight.
(Also, pull one's own weight.)
[ Dictionary.com Unabridged ]
================
< pull your weight >
to do your full share of work:
- He accused me of not pulling my weight.
[ Longman Dictionary of Contemporary English ]
================
If you "pull your weight", you work as hard as everyone else who is involved in the same task or activity.
- He accused the team of not pulling their weight.
[ Collins COBUILD ]
================
< pull one's weight >
自分の職務を(きちんと)果たす
[ ウィズダム英和辞典 ]
================

================
< at A's beck and call >
Aの言いなりになって
[ ウィズダム英和辞典 ]
================
< be at somebody's beck and call >
to always be ready to do what someone wants:
- I was tired of being at her beck and call all day long.
[ Longman Dictionary of Contemporary English ]
================
< be at somebody's beck and call >
to be always willing and able to do what someone asks you to do
- She had a dozen servants at her beck and call.
- TV companies should not be at the beck and call of government ministers.
[ Cambridge International Dictionary of Idioms ]
================
Posted by Scottie at 2008年10月28日 18:25
Scottieさん
たくさんの例文等、ありがとうございます。例文を読めば読むほど、単語やフレーズに対する語感が鋭くなるような気がするので、ありがたいです。
pull one's weight はみんなと同じだけの仕事量をこなす、というニュアンスでしょうか。
at one's beck and call もちょっと前まではなじみのないフレーズでしたが、コメント欄等で、ラジオ仲間とやりとりをするうちになじみのフレーズになりました。
Scottieさんのコメントでさらにパワーアップされました!
Posted by ラジ子 at 2008年10月29日 14:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。