2007年11月29日

acquaint

11/28・29「英会話上級」

制服についての是非などについて自分の意見を固めておくと、英検の2次試験に役だちます。
頭の中で「ひとりディベート」なんかもいいかもしれません。

the professor is acquainting students with the importance of making arguments in public speaking.
− 教授が学生たちにパブリック・スピーキングにおける議論の重要性を教えている。
acquaint (人) with (新しい事実・仕事など) の形で「熟知させる、教え込む」(プログレッシブ)。
(人)の部分は再帰代名詞でもOK。
OXFORDの例文
You will first need to acquaint yourself with the filing system.
(まず、あなた自身がそのファイリングシステムについてよく知る必要がある)
get acquainted with 〜(知り合いになる)でしか使ったことなかったんで、いい勉強になりました。

foster school spirit … 愛校心を向上させる
fosterto encourage something to develop(OXFORD)
知っているけど使わない(使えない)単語のひとつ。
OXFORDの例文
The club’s aim is to foster better relations within the community.
(そのクラブの目的は地域社会の中でよりよい関係を築くことです)

Last but not least, uniforms help parents keep their head above water financially.
− 最後に、これも重要な点ですが、制服のおかげで親が破産せずに済みます。
Last but not least、いざ言おうと思ってもさっと出てこなくて、以前
but not でなく not but と言ってしまった経験あり。

keep one’s head above water … 収入の範囲内でどうにかやりくりする
人数が複数(their)でも頭はひとつ(head)なんですね。
their heads でOK(09/03/26修正、莉杏さん、ありがとうございます)

P75にでてくる competitors breathing down our necks追い上げてきているライバル各社) は数が合ってます。

keep one’s head down なら「(人目を引かないように)静かにしている危険を避ける」(プログレッシブ)

p75 ConversationBより
we won’t be able to use vertical space as effectively as in the adult section, due to the smaller stature of our younger readers.
− 子供たちの身長を考えれば、大人向けコーナーのような縦の空間は使えません。
staturea person’s height(身長)
放送が無いのでひとりでテキストを読んでいたとき「なんで子供の読者の像が置いてあるんだろう?」なんてボケてました。
そうです、 statue(像)と間違えたから。height って言ってくれればいいのに...。
これも何かの縁なのでもうひとつの意味もチェック。
stature には「名声評判」などの意味があるそうですよ。
ジーニアスの例
a man of (high) stature(能力の高い人)
コレ、似てますよ〜。
a man of high caliber(すぐれた人物)(去年の12/30のブログタイトルが caliber


9/13のブログに制服関連のことが書かれています。これも「上級」。よろしかったらどうぞ。
自分が中学生の頃、男子は詰襟、女子はセーラー服と決まっていたものですが、最近は男女共にほとんどブレザーです。セーラー服もかわいかったんだけどなぁ。男子なんか全員坊主頭だったんですよ!

よく考えてみたら、もう30年前、ひぇ〜っ!


【関連する記事】
posted by ラジ子 at 13:51| Comment(2) | TrackBack(1) | 英会話上級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>keep one’s head above water …人数が複数(their)でも頭はひとつ(head)なんですね。
今頃すみません。遅刻してきた生徒の気分です。もう解決済みだったらごめんなさい。私も気になったので調べてみました。オンラインの辞書では、our heads, their heads と複数になっていますネ。
http://www.learnersdictionary.com/search/head[1]
http://www.ldoceonline.com/dictionary/head_1
ちなみにkeep one’s head downの方もアルクでtheir headsになっていました。
http://eow.alc.co.jp/keep+head+down/UTF-8/?ref=sa
Posted by 莉杏 at 2009年03月25日 22:27
莉杏さん
いえいえ、解決しているも何も、忘れてました(自爆)
わざわざ調べてくださったんですね。ありがとうございます。
イディオムに使われる体の部分は、eye だったり eyes だったり、私にとってはなんだか数の把握が面倒です。
でも、ひとつ謎が解決できた感じです。
あとでブログも修正しておきますね!
Posted by ラジ子 at 2009年03月26日 13:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

【パブリックスピーキング】についてのお得なブログリンク集(旬なキーワードでお得なブログのリンク集)
Excerpt: パブリックスピーキング に関する最新のブログ検索の結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報を集めてみると…
Weblog: 旬なキーワードでお得なブログのリンク集
Tracked: 2007-12-17 09:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。