2008年01月13日

walk of life

1/11・12「ビジネス英会話」

森の中のエコ結婚式って、ス・テ・キ!と思っていたけど、実際には horsefly(アブ)や mosquito(蚊)も参加するんですよね、招待されてないのに。

Green is going mainstream for couples in all walks of life.
− 環境に優しくすることが、民族や地位を問わずカップルの間で一般化しつつあります。
walk of life … 階層、職業、社会的地位
OXFORDの例文
She has friends from all walks of life.
(彼女にはありとあらゆる階層の友人がいる)← なんか和訳がこなれてませんけど。
特に好きだったわけでもないのですが、Dire Straits 2度目の登場。
なぜなら曲のタイトルがズバリ「Walk of Life」だから。歌詞を読んでみたら、この場合は「職業」という意味らしい。


Yes, but there’s no consensus as yet on how green you should be.
− ええ、でも、どの程度環境に配慮すべきかについては、一致した考えは今のところまだありません。
as yet … まだ、今[その時]までのところ
so far です。普通は否定文で使われる、とのこと。(ジーニアス)
ジーニアスの例文
As yet we have not heard from him.
(今までのところ彼からは便りがない)

Organic food and recycled paper are fine and dandy but really no more than nods to environmental fads.
− 自然食品や再生紙はすばらしいのですが、環境保護ブームに同調しているにすぎませんからね。
fine and dandy … ゲッツ!
fine and dandy … 結構な、とてもすてきな(こっちがホント)
ちょっと前にどこかにでてきましたよね?

no more than … 〜にすぎない(only
似たようなフレーズに nothing but あり。

Some people will shudder at the mere mention of a wedding staged outdoors in a redwood forest.
− 中には、セコイアの森の中という野外での挙式と聞いただけで、身震いする人もいるでしょう。
shudder at … 〜に身震いする、〜にぞっとする
考えただけでもぞっとする、みたいな使い方。久々に例のアレ、いきます。
マーシャ先生の英会話(2001)より
Ugh! I shudder at the memory.
(いやだわ!思い出すとぞっとするわ。)
小汚い大衆食堂で働いていたときのことを思い出すとぞっとする、と教育実習生が言ってました。
ちなみに、その教育実習生は自分のことをこのように表現。
I admit, I’m a bit green.
この green はエコの方でなく「未熟である」という意味。

off the beaten path … 奇抜な、辺鄙な
12/3・4の上級には
off the beaten track(よく知られていない、人気の少ない)がでてきました。


1/11のブログコメント欄に、はなぶささんが英語 riddle を出題してくださいました。ありがとうございます!
Why did the boy throw his watch out the window?
私も考えたんですけど、答えがわからずに苦戦していたところ、剛力さんがみごとに正解。
Because he wanted to see (or watch) “Time fly”.
剛力さんは、このブログ限定ではありますが「初代 English riddle king」に輝きました!
おめでとうございま〜す!(パフパフ〜)
そういえば、ビジ英10月号の Graffiti Corner
So just what are time flies, and why do they like an arrow?
「時のハエって何。どうして矢が好きなの」
という子供の素朴な疑問みたいなジョークを勉強したのにね、気付かなかったなぁ、残念。
なぞなぞも riddle も24/7 で受付中です。


posted by ラジ子 at 17:02| Comment(2) | TrackBack(0) | ビジネス英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
fine and dandy … ゲッツ!

彼のフルネーム覚えてますか?
この間、所ジョージさんの番組でやってましたが
ある商店街で調査したところ
フルネームを言えた人はたしか20パーセント以下
だったと思います。

剛力さん
「初代 English riddle king」
正式発表おめでとうございます!

それから
Giselle さんがお作りになったおいしそうなホットケーキに
バターをたっぷり塗ったおかげで
fly からbutter-fly に見事に変身されたことも
合わせてお祝い申し上げます。

(変身と言えば、私のブログをご覧いただいたそうで
ありがとうございました。
「夢子さんの物語」をお読みになるなんて
やっぱりただ者ではありませんね〜。。。)

ラジ子さん、さすが、すごいお友達をお持ちですね〜!

Posted by はなぶさ at 2008年01月13日 22:13
はなぶささん
ゲッツ!は「ダンディ坂野」さんですよね。私、ときどき「ゲッツ板谷」さんと混ざって「ダンディ板野」だったっけ?と勘違いすることが何度もありました。ただ、最近はダンディさんをテレビで見ることもないので、ほぼ忘れていました。坂と板はよく似ている。
ほなぶささん、剛力さんは文学センスもあって、以前短編のSF小説を投稿してくださったこともあるんですよ。
剛力さんのおかげで、ちょっと私の株が上がった模様。ラッキー。
はなぶささんの音声付ブログ、絶対イケテます!
Posted by ラジ子 at 2008年01月15日 16:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。