2008年01月15日

wind up

1/14・15「英会話上級」

以前、アメリカ人英語講師に「サマータイム」は和製英語で、アメリカでは Daylight saving time というと習いました。今回の放送で「イギリスでは Summer time」だと知りました。
なんで統一してくれないのよ?

Ross and Yukio are winding up a game of golf on a Japanese golf course in early summer.
− 初夏、ロスとユキオが日本のゴルフ・コースでゲームを終えようとしている。
wind up … 〜にけりをつける、〜を[〜で]終わる[with]
wind down だと「〈人が〉緊張から解放されリラックスする」(共にジーニアス)
Zero in on the Lessonwrap up(まとめあげる、終える)にも似ている。

ダイアローグ、中ほど過ぎの
end up staying on and working longer hours instead
(結局は家に帰らずに、さらに長い時間残業することになる)
end up(結局は〜することになる)と似た用法を wind up に発見。
OXFORDの例文doing
We eventually wound up staying in a little hotel a few miles from town.
(私たちは最後には街から数マイル離れた小さなホテルに宿泊することになった)
プログレッシブの例文(形容詞)
After a poker game, I always wind up broke.
(ポーカーをしたあとはいつも一文無しになる)
ジーニアスの例文(前置詞句)
You’ll wind up in (the) hospital if you don’t drive carefully.
(慎重に運転しなけりゃ病院行きだぞ)

とりあえず、wrap upwind upend upwind upは似ている
とだけでもインプット。

excruciating … 過酷な、尋常でない、ひどい
ダイアローグでは夏の暑さが excruciating 。痛みが尋常でない場合がコレ。
マーシャ先生の英会話(1999)より
Doctor: Does this feel tender?
(これは痛いですか?)
Jason : It’s excruciating.
(耐え難いですね。)
Jason は骨折してました。ちなみに tender は「触ると痛い」という意味。

サマータイム導入をすすめるロス。
It’s just a matter of getting habituated.
− 単に慣れの問題だって。
habituatedfamiliar with something because you have done it or experienced it often(OXFORD)
(何度もやってみたり経験したりして慣れている)
habituate だと「慣らす、習慣づける」。12/17・18「上級」で習った acclimate とほぼ同じ。

it facilitates the outdoor sports.
− 野外スポーツをもっと楽しめるようになる
facilitate … 〜を容易にする、促進する(プログレッシブ)
何かを possible にしたり easier にすること。ちなみに上の文章の itdaylight saving(s) time のこと。
OXFORDの例文
The new trade agreement should facilitate more rapid economic growth.
(貿易に関する新しい協定は、より速い経済成長を促すはずである)
同意語:simplify / enable (類語辞典)


2月号のテキスト、買いましたか?いろいろなところでじわじわ噂になりつつありますが、4月からの番組構成がだいぶ変わる、というお知らせが出てましたね。
基礎英語3復活、「入門」「上級」廃止、ビジ「英」が月〜金までで日替わり、「ものしり」が週1かつ30分番組、そして「チャロの英語実力講座」新設。「徹トレ」は不変。
自分が聞くなら、4月からは「ビジ英」「徹トレ」、そして「チャロ」?
今、プライベート的にも英語学習法方の見直しを検討中なので、4月からはブログの内容も変わるかも。


【関連する記事】
posted by ラジ子 at 12:30| Comment(9) | TrackBack(1) | 英会話上級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
また変わるんですか・・・
ビジ英はまだまだハードルが高い気がするので、及び腰です・・・・。個人的には聞いてるだけでよかった「リスニング入門」を復活させてほしいです。あれ聞いてるだけでかなり耳が鍛えられました!
「チャロ」の番組って「家出のドリッピー」みたいなものなのですかね?ちょっと楽しみです。
Posted by りんこ at 2008年01月15日 12:46
りんこさん
ビジ英ね、私も難しいなと思いながら聞いてます。難しいビニェットとそうでもないときとの差もけっこうあるよ。「チャロ」は未知数だし、これってテレビとの連携番組らしいので、まったく予想もつかない...。冒険しながら言葉を学ぶ、というコンセプトなんだろうね。
ともかく聞いてみなければわからないですね。私も新年度が楽しみです。
Posted by ラジ子 at 2008年01月15日 16:56
へぇ〜、4月からそんな大幅改変があるんですね。ちょっと楽しみ。特に「チャロ」ってびっくり箱みたいで、わくわくしちゃいます。(最初「チェロ」って読んで、楽器のチェロを学びながら、英語も学ぶ一石二鳥の番組かと思った。そんな回りくどい番組ないですよね)

英米語の違い。「それって和製英語だよ」と言われて注意しよう!と思った単語が、のちに、英国ではそれでOKだと知った、というケースが多々あります。アメリカ人も、自分は聞いたことがないのに、日本に来て、みな英語のように使っていたら、誤法と思っても仕方ないけど、断定することの恐ろしさですね。自分でもやっているのだろうなあ。英語に限らず、なんにおいても・・・
Posted by monto at 2008年01月15日 22:29
montoさん
もしも「チェロ」の英語実力講座だったら...、すっごくリスナーが限定されます。とはいえ、真面目な話、何かを「英語で」勉強する、というのが私の夢のひとつ。
アメリカの人にとっては自分たちの英語が standard ですもんね。「サマータイム?No,no!」と思うでしょうね。そうです、自分が標準で、自分が普通と思い込むのは危険です。いくつものラジオ講座を毎日聞いている人がザラにいるのかと思い込んでいました。
私が異端だった。(恥)
とりあえず、思い込む前に「もしかして」と疑うクセをつけなければ...。私、特に激しいんですよ。
ブログを読んで「なんかヘン。」と思ったら遠慮なくご一報くださいね。よろしくお願いします。
Posted by ラジ子 at 2008年01月16日 13:32
もしも「チェロ」の英語実力講座だったら・・・飛びつきます。習いたいと思っている楽器なので。その「チャロの〜」は、教育テレビでやっていた「ジュークボックス英会話」の佐藤先生が担当のようですね。佐藤先生はとてもユニークな方のようなので、どんな番組になるか興味深いです。
来年度はビジ英も変化がありそうですね。でも日替わりというのはちょっときついかもです^^;
Posted by やまちゅう at 2008年01月17日 12:52
ラジ子さん、こんばんは!
ビジ英の日替わりは、相当こたえます...。ラジオ英会話の講師と内容によっては、ビジネス英語とさよならしてしまう可能性がでてくるかも....。英検1級のためと思いつつ、最初にビニェットを聞いても半分も内容がつかめないのですから(~~A レベル、合ってませんよね....。
Posted by Emi at 2008年01月17日 19:49
やまちゅうさん
やまちゅうさんにとっては、チェロと英会話、理想的ですよね。優雅だ〜。
チャロの先生が、あの「ぶっとび博士」みたいな佐藤先生?何回か見ましたが、見てる途中でなんだか(自分が)恥ずかしくなってチャンネルを変えたこともしばしば。なんというか、素敵な先生ですがギャップが大きくて...。
でも、大きなプロジェクトですから攻め方を変えてくるかもしれませんね。引き出しが多そうな先生でもあるので。

ビジ英の来年度からゲストがやまちゅうさんの好きなスーザンさんと、今のクリスさんの2人になる、という情報を聞いたときに「3人で?」と思ったけど、「入門」と「実践」で分けるのかも?日替わりで半年やって、残りの半年は再放送、というパターン?とかいろいろ想像してます。たしかにビジネスで日替わりはきついですよね。
みんなで協力して乗り切るしかない!



Emiさん
いやいや、内容がつかめないからこそ、そこにはあなたの宝物がいっぱい詰まっているんですよ。これから自分のものになるであろう知らない単語やフレーズがイッパイあるのですから。
とはいうものの、あんまりストレスになるようでは逆効果ですもんね。ムリのないようにいきましょう。
私もラジオ英会話には興味しんしんです、楽しみですね〜♪
Posted by ラジ子 at 2008年01月18日 12:58
チャロの英語実力講座のページを見て「チャロの美しいパピヨン犬キャンディへのほのかな恋」という部分に惹かれました。どんなパピヨンが出てくるのかしら。名前はpapiってことはないですよね。

担当はあの佐藤先生ですか。大いに楽しみにしています。
Posted by papi at 2008年01月18日 16:27
犬が主役っていうのも、なんか画期的!ただ、こういう設定だとレベル的にどうなんだ?という点が気になりますね。

ビーグルは出ないのか?ビーグルは?
Posted by ラジ子 at 2008年01月19日 15:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

BBC ウォーキング with ダイナソー ~恐竜時
Excerpt: コレこそ自分が求めていた映像です!海のモンスター達が向かってくるシーンはゾクゾクしてしまいます! これを観てからは、舟で海の中や池の中心には行きたくない!ジュラシックパークなどが好きな人にはオススメで..
Weblog: 学習番組の日
Tracked: 2008-01-25 12:37
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。