2008年01月29日

color-blind

1/28・29「英会話上級」

まず、積極的差別是正措置が何なのか理解してから聞くと、今回のダイアローグはわかりやすいですよ。

provost … 学長
類語辞典には president / chancellor が載ってました。

color-blind … 人種差別のない、人種を意識しない
「色覚異常の」という意味もあるそうです。
-blind で「〜を意識しない」、「考慮に入れない」という意味。(プログレッシブ)
プログレッシブの例
sex-blind(性別を考慮しない)/ need-blind(貧富の別のない)
こういうのも affirmative action のひとつかな。

do away with … (不要なものを)廃棄する・廃止する
後半にでてくる abolish も同じ。

student body … (学校の)全生徒(プログレッシブ)
なかなかこの body は自分ではでてこない。
OXFORDに body とは a group of people だと書いてありました。

cutoff line … 最低ライン(テキスト)、境界線(ジーニアス)
cutoff に「限界」という意味があるそうです。

clear-cut … はっきりした、明快な、明らかな(プログレッシブ)
OXFORDの例文
There is no clear-cut answer to this question.
(この質問に対するはっきりした答えはありません)

似た単語で clean-cut ってありましたよね。はてさて、どんな意味だったでしょうか?
(反転でご確認ください)
こざっぱりとした、身だしなみのよい(プログレッシブ)
2/26・27「ビジ英」にでてきました。

illustrious … すばらしい、優れた
lustrous(柔らかくて輝いている)と間違えたことあり。(07/1/27のブログ

detriment … 不利、不利益
形容詞は detrimental (to 〜)で「〜に有害な」。
disadvantage と同意語なので、つながり的にはおとといのブログに書いた
drawback とも似ているのでしょうか。

hospitable … [人を]親切に[手厚く]もてなす(ジーニアス)
OXFORDの例文
The local people are very hospitable to strangers.
(田舎の人は見知らぬ人を温かくもてなす)
1/25・26の「ビジ英」にでてましたね。
反意語は inhospitable (冷たい、住みにくい)(07/9/27「上級」参照)

Zero in on the Lessonより
capital punishment … 死刑
death penalty のほかにこういう言い方もあるのか。
capital(形)の「最大限の」という意味から「最大限の罰」=「死刑」ということのようです。



昨日はSeesaaブログで障害が発生して、記事やコメントの反映がうまくできなかったそうです。いろいろありますわなぁ。Seesaaブログを利用している人なら知っていることですけど、自分のブログに関する情報が表示されるページがあるんです。記事数、コメント数、トラックバック数など。
前にも「うっとおしい」と書いた「今、自分のブログがSeesaa全体で何位か」表示されるところがあって、なぜか
「人気のブログ:〜位」となっているんですけど、正確には
「ブログの人気:〜位」が正しいんじゃないか?と思う今日この頃です。


【関連する記事】
posted by ラジ子 at 13:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 英会話上級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ラジ子さんの「人気のブログ:〜位」には小生かなり貢献している筈です。毎日このブログを見て勉強していますから。
Posted by 高木俊介 at 2008年01月30日 20:37
高木さん
なるほど、毎日!来て読んで下さっているとは励みになります。ありがとうございます。最近、来てくださる方がじわじわ増えて、順位も上昇中。順位の表示がうっとおしいと思っても、やっぱり上がるとうれしいもんですね。
Posted by ラジ子 at 2008年01月31日 12:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。