2008年02月14日

classroom disruption

2/13・14「英会話上級」

なんとなく落ち着かない男性の皆さん、ご苦労さまです。たかがチョコですからね、欲しけりゃ自分で買いましょう。それよりも、今日はテキスト発売日ですよ。チョコより大事。

学級崩壊の話。
off the record … 非公式に、オフレコで
ジーニアスの例文
Please tell me what happened off the record, of course.
(何があったのか教えてください、もちろんここだけの話で)
ここだけの話、といえば
within four walls(部屋の中で、秘密に)(プログレッシブ)とか
Don’t let this go further than these four walls.(OXFORD)
(ここにいる人以外には言わないで)
とか、部屋の外に持ち出し禁止、という表現がありますぞ。

classroom disruption … 学級崩壊
ある意味キーワード。形容詞 disruptive 、動詞 disrupt も併せて覚えたほうがお得です。
昨日も紹介した07/08/05のブログタイトルdisrupt

That’s all fine and dandy, ...
− それはそれでご立派だったんですけどねぇ、...
放送で「最近は皮肉っぽく使われる」と説明がありました。
1/11・12「ビジ英」にもでてきて「結構な、とてもすてきな」という意味。
2/8・9「ビジ英」のVocabulary Building(no substitute for) に使われていた
fine and dandy all との組み合わせで
Management theory is all fine and dandy, ...
(経営管理論はそれなりに役に立つにしても、...)
と、皮肉ととれなくもない書かれ方。言われてみれば、ですけど。

submission … 屈服、言いなりの態度
後からでてくる prostrate の名詞 prostration が同意語でした。
ついでに
prostrate oneself … 屈服する
細かく訳せば「うつ伏せに横たわる」、語源はラテンで「前に身を投げる」という意味だそうです。
prostrate には形容詞もあって prone と同じとジーニアスにありました。(06/11/17のブログにちょこっと登場)

act up … (子どもが目立とうとして)騒ぐ、わんぱくに振る舞う
ボリュームが上がるかのように動きが増していく感じですが、以前「徹トレ」でこういう文章がでできたんですよ。
It’s acting up on me again.(また腰の調子が悪くてね。)it は腰のことです。
ジーニアスに
act up … 〈機械・器官などが〉調子が狂う
という意味がでていたのでそのときはそれで済ましてましたが、
act up → 腰がわんぱくに振る舞って、on me → 私に迷惑をかけている
と深読みできなくもないな、と思ってみたり...。

So you believe the teacher was at fault?
− それでは、責任はその先生にあると思われるのですか?
去年の5/2・3の「ビジ英」にもでてきたらしい。
at fault … 落ち度がある、(〜に対して)とがめられるべき

varmint … 問題児、わんぱく者、やっかい者
rascal の同意語か。
vermin(害鳥、害虫、社会の害虫、有害な人)にずいぶん似てるな〜と思ったらジーニアスに「varmint は《主に米方言》」と書いてあったので、コナー先生の出身地の方言なのかも。南部ですかね?


このブログのタイトルに「復習」がついてるぐらいですからね、もちろんやってますよ、「復習」を!昨日2007年4月分の「上級」にでてきた単語を読んでいてちょっとビックリ。
マル秘ノート.jpg
↑初登場「マル秘ノート」の中味。(ただ黒シャープペンで自分で線を引いて単語と意味を書いていくだけだけど...)
pedagogical って書いてある(下から3行目)。pedagogical(教育学の、教育者の) って pedagogue(教育者)の関連語でしょ、どうみても。
頭の中にカケラすらも残ってなかったんですよ。たぶん自分の中で「こんなの2度とでてこないと思うけど、念のため書いとくか。」ぐらいの扱いだったんだと思う。形は違うけど出たぞ〜。
やっぱり復習って大事だな、と思った冬のひとコマでした。(キレイにまとめた!)


【関連する記事】
posted by ラジ子 at 13:34| Comment(9) | TrackBack(0) | 英会話上級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ラジ子さん、「まる秘密のノート」の公開、待ちにまっていました♪
時々登場する秘密のノート、ずっと気になっていました。
毎日のブログの更新も大変な上、きちんとノートに記入されて日ごろの地道な努力が伝わってきます。
書くだけといっても大変なことですよ。

以前圭何先生にact up が出てきました。

What did you do when you saw those girls acting up on the train?

電車でその女の子たちがふざけているのを見てどうしたの?


ところで、私「ビジ英」の集いに締め切りぎりぎりに
申し込みしました。代金は会場で支払うことになりました。
一人寂しく行ってきます。 おたくワールドを覗いてきますね。
ラジ子さんのブログの読者の方にお会いできたら
嬉しいです。

Posted by Hilda at 2008年02月14日 19:54
英字新聞のことをblogに取り上げていただいて、ありがとうございました!!

montoさん!!コメントをありがとうございました。
ラジコさんの言うように、新聞もたちよみができたらなぁ〜とおもいます。

montoさんのおすすめの、朝日ウィークリーを一ヶ月買ってみようかなと思ってます。

ラジコさん、montoさん、本当にありがとうございました!
Posted by Aya♪ at 2008年02月15日 00:14
英字新聞のことを、ブログにかいていただいて、ありがとうございました。

montoさん!コメントをありがとうございました!
初心者には、解説がついていると助かるので、montoさんお勧めの朝日ウィークリーをまず一ヶ月かってみようと思います!

ラジコさん、montoさん、本当にありがとうございました!
Posted by Aya♪ at 2008年02月15日 00:17
Posted by ねじまき鳥 at 2008年02月15日 11:28
これがラジ子さんのマル秘ノートかぁ!もっと見た〜い!さすがちゃんと復習していらっしゃるんですねぇ。やっぱり聞きっぱなしはダメですね(--;)ちなみに講座ごとにノートとっていらっしゃるんですか?2007年4月にさかのぼって復習なさってるのは本当に尊敬です。
Posted by Giselle at 2008年02月15日 16:36
Hildaさん
昨日はたまたまデジカメを使う用事があって、ついでにノートを撮ってみたら、字が読める程度に撮れたので、思い切って載せました。ね、言ってたとおり、ただ単語が書いてあるだけでしょ。たまにイラストもつけますけど。HildaさんはWordでキチンと単語表を作ってありましたよね。でもね、書体もフォントも手書きなら思いのままですよ!やっぱり私はアナログです...。

圭南先生の講座からのセリフ、ありがとうございます。
全然覚えてなかったです。

リスナーの集いですけど「ひとり」とはいっても、もうおなじみの顔が何人かいるはずですよね。なんたって3年連続出席ですもん。もし、いい写真が撮れたら見せてくださいね。
い〜な〜。
Hildaさんが杉田先生のオーラに包まれている間、私は自治会館で町内班会議...。寂しすぎるよぉ。


Aya♪さん
英字新聞は読み続ければ、かなり効果があると私も思います。1カ月読んでみて、その感想などまた書き込んでもらえたら嬉しいです。よろしくお願いします。


ねじまき鳥さん
おぉ、こういうビジネス本があるのですね。理論だけのやつはダメだということか。ふむふむ。経験プラス理論の両輪のバランスがうまくとれたときに正しい方向に進んでいけるんでしょうね。
このような傾向があるという事実をふまえてもう一度英文を読んだら「そういうことか」とfine and dandy の言わんとすることがよくわかりました。
ありがとうございます。


Giselleさん
ほめられた!なんか得した〜!ありがとう♪
マル秘といっても、あの調子で淡々と単語と意味、覚えておきたい英文、同意語などがズラズラ書いてあるだけです。しかも殴り書きだし...。昔のマル秘ノートを読むと「こんな単語も知らなかったんだなぁ」と懐かしくなります。あと、同じ単語が何度も何度も書かれていて、我ながら「いい加減覚えろよ!」と呆れる事もしばし。
ノートにはどの講座もまとめて書いててあります。
だって、O型だから。血液型は関係ないか。
地味ですけど、復習ってホントに効果的な学習法だと私は思っています。
でも、やっぱり地味...。
Posted by ラジ子 at 2008年02月15日 22:42
Aya♪さん
ホームページを1つ紹介させてください。
http://rnnnews.jp/
「RNN時事英語辞典」
時事英単語を調べられたり、「道具箱」のページには、英語ニュース、見出しの読み方、最新の英文ニュース、ニュースサイトのリンクなどもあり、とても便利にできていると思います。もうご存知だったらごめんなさいね。
Posted by 莉杏 at 2008年02月15日 23:16
殴り書き筆跡鑑定
字の大きさが一定しています。漢字とひらがなの大きさの比率も一定です。
字と字の間隔も一定です。
こういう人は、情緒が安定し、緻密なことを苦にしなく、整理整頓を好みます。反面、理論に合わないこと、感情のままに行動することを嫌います。

血液型について
人はもともとA型でした。O型はウィルス対抗上進化した血液型です。
一般的に病気に強いことが特徴です。70歳以上で調べるとO型の人の比率が増えます。ネィティブアメリカンは殆どO型です。性病に強いからと言われています。但し、ペスト菌とか特定の病原菌に弱いためA型を超えることができなかったようです。A型はガン細胞に弱いのですが癌は子孫を残してから罹病する割合が多くA型人間が残っています。
ラジ子さんはきっと長生きします。大器晩成ですから。
Posted by 高木俊介 at 2008年02月16日 06:08
莉杏さん
このサイト、初めて知りました。面白いですね〜。Aya♪さんより私が喜んでどーすんの?って感じですけど、さっそくお気に入りに登録しました。2007年のアメリカの流行語、非常に面白かったです。ご紹介ありがとうございました!


高木さん
殴り書き筆跡鑑定、ありがとうございます。これ、タダですか?すごく得した気分です。ハピハピ。
「こういう人は、情緒が安定し、緻密なことを苦にしなく、整理整頓を好みます。反面、理論に合わないこと、感情のままに行動することを嫌います。」
理論に合わないことを嫌う、という部分、最近久々にそういうことがあったばかりで、なるほどなぁ、と思って読みました。納得できないことに関しては、けっこう粘ります。
さらに血液型に関するお話まで...、ありがとうございます。O型は進化した血液型だったのですね。そうだと思ってました〜(てきとー)。性病に強いってとこも気にいりました。なんでも来いだ!
高木さんて博識ですね。バーで女性にもてるタイプですよ。
長生きしましょう、高木さん。そしてお互いに成功したところを確認しあいましょう!
Posted by ラジ子 at 2008年02月16日 13:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。