2008年02月26日

knock off

2/25・26「英会話上級」

「入学志願者数 = 入学定員数」のうちはまだいい。これが「入学志願者数 < 入学定員数」になったらさらにバタバタ大学がつぶれてしまう!

Now that there is the same number of university applicants as openings, why don’t we just knock off making these entrance exams?
− 大学の入学定員数と同じ人数の入学志願者がいるんだから、こういう入学試験の作成はやめたらどうだろう?
opening … あき、空席(プログレッシブ)
日本語の訳だと「入学定員数」になってます。

knock off … やめる、中止する、中断する
OXFORDには
(informal) to stop doing something, especially work と書いてあるので「仕事を中断する」という意味で主に使われるということですね、ハイ。

ところが一筋縄でいかないのが、こういう「普通っぽい」単語によるフレーズの性(さが)。辞書を読むと
◆ 簡単に努力もなしにやりとげる
◆ 盗む
◆ 値段を下げる
から、knock somebody off になると
◆ 殺す
とバラエティに富んでますゎ。

では、knock off 関連で過去のブログにでてきた英文と私が辞書から拾って応用した英文の意味を考えてみよう!(日本語は反転で読んでね)
@ It knocked my socks off when my sister said that.
妹からそう言われたときは衝撃を受けました。)(06 /07/24・25「ビジネス英会話」)
AKnock it off.
やめなさい。)(07/ 02/2・3「ビジネス英会話」)
BShe often knocks a bit off her age.
彼女はよくさばを読んで年を若く言う)(プログレッシブより)
CHe knocks off three novels a year.(OXFORD)
彼は1年間に3冊の小説を手早く書き上げる
Bは使えそうですね、自分はしないけど...。(でも気持ちはわかる) 同じ意味で
shave a few years off というのがジーニアスの和英に出てました。

You can josh about it, ...
− そんな冗談を言うこともできるかもしれないけど...
josh … 冗談を言う、ふざける
辞書を読むと(悪意なく)と書いてあるので、banter といっしょ。ジョンさんも banter を使って説明してました。(07/11/12・13「上級」にも登場)
さぁ、イメージ記憶術の時間よ。
この人が冗談を言っている場面を想像してくださいね〜。(Josh Hartnett/ジョシュ・ハートネット)
ジョシュ.jpg
男性のメガネはいつ見ても素敵...。(実はけっこうメガネフェチ)

plummet … 急降下する、急減する
OXFORDには同意語として plunge が出てました。

upcoming crunch … 差し迫る危機的状況
upcoming は ( forthcoming ) と同じ意味でしたよね。(反転でご確認を!)

crunch(危機的状況)は07/10/3・4の「ビジ英」にでてきました。
では「いざというとき」というフレーズでは、なんという動詞といっしょに使われるでしょうか?
when it ( comes ) to the crunchwhen the crunch ( comes )


こんなこと、ブログに書くのは不謹慎かも。でも、自分でも自分自身の心変わりに驚いているんです。
今まで、いつもいっしょで私に精一杯尽くしてくれて、これからもずーっとずーっといっしょにいるんだと思っていたのに、ある日、ふとした新しい出会いが私をこんなに変えるだなんて...。だって、とっても頭がよくて、スタイルも抜群、そのうえ包容力があって、こんなに夢中になるなんて、自分でも信じられないんです。
罪かしら...。










ごめんなさい、MDプレイヤー。今は私、iPod に夢中なの。
ポッドキャストも聞き始めました。
でもでも、NHKラジオ講座ももちろん、MDプレイヤーで聞き続けるわよ。あなたを捨てたりしないからね。下積み時代を共にしておきながら、ビッグになった途端に古女房を捨ててモデルと再婚するような、そんなミュージシャンと私は違うの!

とは言うものの、なんとなく、若くてキレイな女性に心を揺すぶられる中年男性の気持ちがわかったような気がする今日この頃。


【関連する記事】
posted by ラジ子 at 11:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 英会話上級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ラジ子さんったら、誘い上手なんだから〜〜〜♪
ついついクリックしてしまいましたよ(*^^*)
iPodか......。欲しかったんですよ。
でも、トークマスターにしちゃいました。
MDは今も活躍してくれています。
Posted by Emi at 2008年02月26日 15:58
トークマスター僕も持ってますけどぼったくり商品という感じですよね・・・・
Posted by ねじまき鳥 at 2008年02月26日 16:38
ちなみにiPodは付属のイヤフォンは性能が悪いみたいです。いい音で音楽を聴きたければ別のイヤフォンの購入を考えたほうがいいかもです。
連投失礼しました。
Posted by ねじまき鳥 at 2008年02月26日 16:48
Emiさん
iPod はいろんな人に散々すすめられて(特に音楽友達から)私はMDで十分なんてその都度言ってましたが、リスニング強化合宿のため(もちろんひとりで合宿気分)必要になりました。ラジオ講座もここで10年終了、次のステップに飛躍するため、買っちゃいました。(こういうものにはポーンとお金が使えるタイプ) トークマスターもかなり便利なようですね。値段的には大ざっぱですけど iPodと同じぐらいですもんね。この前、本屋さんでトークマスター販促用ビデオが流れていて、4月からのラジオ講座用にサン電子さんがんばってるんだわ、と思いました。機械はどれであれ、とにかくリスニング強化にはありがたい見方ですよね!


ねじまき鳥さん
トークマスターはラジオがうまく聞こえるかどうかが命のようで、うまく受信できなければ宝の持ち腐れになってしまいますよね。このコメントから察するに、購入したものの...という悲劇を味わったんですか?電波のことはどうにもなりませんもんね。
iPodのイヤホンですけど、個人的にはそんなに音質は気になりませんでした。でも、音友の話によれば「値段の高いヘッドフォンにすると全然音の聴こえ方が違うよ」とのこと。いずれ購入して、驚きを体感したいな〜と思っています。
連続投稿、どうぞどうぞ。私はコメントをもらうのが大好きです!
あと、今日の英会話の時間に「notebook computer」の件、聞いてきますね。
Posted by ラジ子 at 2008年02月27日 13:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。