2008年03月29日

fall into

「英会話上級」

私の周りで、私を含め4名ほどのリスナーに惜しまれつつ幕を閉じる「上級」。立山先生、1年間ありがとうございました。最後はインタビューでしたが、シリーズごとに放送されたパッセージに比べれば難易度としてはどうってことなかったですよね。
パッセージには毎回苦しめられたよなぁ(しみじみ)。

3/24・25放送分
So even though they eventually grew out of Pokemon, ...
− アメリカ人は、結局はポケモンに対する興味は失ったにもかかわらず、...
grow out of 〜 … (人が成長した結果)何かをしなくなる
ブログに書いたことがある気がするものの見つからず。ライブドアの頃だったか?
OXFORDの例文
Most children suck their thumbs but they grow out of it.
(多くの子供が親指をしゃぶるものだが、成長するとやめる)
同意語が outgrow
OXFORDの例文
He’s outgrown his passion for rock music.
(彼は成長してロックへの情熱を失った)
いやいや、いくつになってもロックの炎を絶やしてはいけません!

3/26・27放送分
So in my case, I sort of stumbled onto Japanese culture through my mother.
− ですから私の場合は、母を通して日本文化に出会ったようなものです。
stumble onto … 〜にたまたま出くわす
かつて、たまたま出くわした例
@ You may have stumbled onto something of historical importance here.
(あなたはここで歴史的に重要なものに出くわしたかもしれないのよ。)(07/02/20・21「徹トレ」)
A Lily and George, tourists, happen upon an omikoshi festival.
(観光客のリリーとジョージが、祭りの神輿に出くわす。)(07/08/20・21「上級」)
07/07/11・12「ビジ英」では「Say What You Mean」のコーナーに
As a verb, encounter means to “come upon or experience,” , ...
(動詞の encounter は「たまたま出くわす」、または「経験する」という意味で、...)
という文章もありました。他にも come across / run across など、お好みでどうぞ。

And the reason they asked for a general book is that the existing books tended to fall into two categories.
− この出版社が一般人向けの本を依頼したのは、既存の類書は2つの種類に分けられる傾向があったからです。
fall into … (種類・部分など)に分けられる・分類される
プログレッシブの例文
French cheeses fall into four categories.
(フランスのチーズは4つに区分される)
私の中では、上から落ちてきたものが自動的に分別されるイメージがあります。

落っこちてきてたまたま乗る、というイメージがある fall がこちら。
Independence Day falls on (a) Friday this year.(プログレッシブ)
(今年の独立記念日は金曜日になる)たまたま当たる、という意味。

えみりん(馬越恵美子先生)はご自分の本(「土曜サロンベストセレクション」)の中で
I was able to adjust my schedule the whole time apart from the day of my son’s graduation ceremony, which actually fell on the same day as the entrance exam of my college.
(息子の卒業式と勤務先の大学入試の日が重なった)
とお話されていました。

3/28・29放送分
Japanese pop culture taking off in the 1990s, ...
− 1990年代に人気が出始めた日本のポップカルチャー
take off … (of an idea , a product, etc.) to become successful or popular very quickly or suddenly(OXFORD)
(あっというまに、突然に成功したり、人気がでること)
この意味がとっさに浮ばなかった...。まだまだです。
OXFORDの例文
The new magazine has really taken off.
(この新しい雑誌はあっという間に人気がでた)


急な話なのですが、来年度から、とある小学校で英語を教えることになり、今レッスンプランで頭がイッパイ。今までの先生がなにしろ優秀な方だったので、ほんまに hard act to follow ってやつでして。そんなわけで、来年度のブログ更新頻度はゆるくなるかもしれません。そんなときは「プランが浮ばなくて苦しんでいるのね。」と思ってください。英語を学ぶ楽しさを子供と share する日が来た、と思ってがんばらねば!
【関連する記事】
posted by ラジ子 at 14:29| Comment(12) | TrackBack(0) | 英会話上級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
表 彰 コメント 状

貴女は、貴女自らと多くの英語学習者のためにNHK英語ラジオ番組のブログを立ち上げました。
そのブログは、英語学習者にとつて極めて有益な情報が満載されていたばかりではなく、文体は機知と洒脱に溢れ、読む人に知性と勇気と感動を与え続けてくれました。
この1年間休むことなくブログを作成し続けた貴女のこの功績は誠に大なるものがあります。
依って茲に貴女のこの1年間の努力と才能を讃え表彰コメント状を授与いたします。

平成20年3月29日
ラジ子殿
           NHKラジオ/英語復習帳ブログ 勝手読者代表  高木俊介
Posted by 高木俊介 at 2008年03月29日 17:02
ホームページから表彰状をダウンロードしてください♪
Posted by 商い上手 at 2008年03月29日 18:35
パッセージはむずかしかったですね。2006年前半の「英会話上級」もむずかしかったけれど、それ以上でした。
小学校の英会話はむずかしいですよね〜。成績換算は高校ほどプレッシャーがかからないけど、子供に教えるのはむずかしいです。

がんばってくださいね〜。

Posted by はるか at 2008年03月29日 19:28
I coundn't agree with 高木san more. I can't tell how much I was perked up by this blog. 商い上手san's idea was so great and moving as well. Hurray, ラジ子san!
Posted by 莉杏 at 2008年03月30日 01:09
↑couldn'tの間違いです。失礼Zzzzz
Posted by 莉杏 at 2008年03月30日 01:14
「上級」が終わってしまうのを惜しんでいる一人です。
最初は単語の難しさに驚いたけど、だんだんそれが楽しく(ちょっとやけくそに楽しかったかも)なってきました。

小学校の英語。また新しい挑戦ですね。
ブログに「小学校便り」なんていうコーナーなんていうのを作るのはどうでしょう。
期待してます。
Posted by ばっちもんがら at 2008年03月30日 08:43
初めて習う「英語」の先生は、生徒にとってとても影響力があると思います。
ラジ子先生なら楽しい授業になること、間違いありません。ラッキーな生徒さん達ですね。
私も紛れ込んで、ラジ子先生の授業を受けてみたいなぁ。
週に何コマ、担当されるのですか?
よかったら教えてくださいね。
頑張ってね!!
Posted by Hilda at 2008年03月30日 10:19
新しい「門出(?)」お祝いもうしあげま〜す。学校でのエピソードなどもブログで紹介してくださいね。この1年、ラジ子さんのブログのおかげで多いに勉強させていただきましたし、また楽しませていただきました。心からありがとうございます、の言葉を言わせていただきます。

新年度は、ブログ更新の頻度が減るかもしれないとのことで、悲しいですが、それもラジ子さんが学ぶ子供たちのため、と思って耐えます!

それでは、4月からもよろしく〜
Posted by monto at 2008年03月30日 11:53
高木俊介さん
人生初かもしれない「表彰コメント状」をいただき感激です。ありがとうございます。自分で自分をほめるよりも、やっぱり誰かにほめてもらうのって素直に嬉しいです。しかも自分の好きなことをして、表彰状がもらえるなんて、なんだか申し訳ない気分です。ほめられるって嬉しいこと、これを忘れずに小学生に英語を教えるときも、なるべくほめる方向でいこうと思います。
大器晩成チームの仲間として、来年度もよろしくお願いします。


商い上手さん
こういうスゴイことができるソフトかサイトがあるんですか?もちろんダウンロード → プリントアウトしました。こんなに嬉しい賞状見たことないです。ありがとうございます。来年も商い上手さんは「ビジネス」聞きますよね?また感想など、教えてください。
本当にありがとうございました!


はるかさん
「上級」のPassage は毎回ほぼお手上げでしたが、ひとつひとつの単語は難易度も高く、内容も興味深く、素晴らしい講座でした。いつも food for thought を投げかけてくれた気がします。
実は私は小学生に英語を教えるのはどちらかと苦手で、まさかこんな日が来ることになるとは!という感じです。成績とは関係のない勉強なので、いかに子供に興味を持たせ、集中させ、楽しませるかを考え出すと頭の中が混乱し始めます。大丈夫か、自分?(意外と真面目な一面が...)


莉杏-san,
I’m grateful to you for your thoughtful comment. I’m flattered. Through this blog, I've also got a lot of benefit from everyone who visits here. So I feel the same way as you do. Thank you so much!


ばっちもんがらさん
私も途中何度も「やけくそ」気味に passage を聞いたクチですが、簡単だったら聞く意味が無いわけで、そういった面でも刺激をくれた「上級」でした。
小学校の英語ですが、とにかく新しい挑戦、未知の世界です。エンタープライズ号で宇宙へ船出したカーク船長の気分で頑張ります(この頃のスタートレックのファンです)。小学生の面白エピソードもできれば披露したいと思っていますのでお楽しみに!


Hildaさん
コマ数的には週に3時間なので、割とラクだと思います。逆にそのぐらいでなければ引き受けられませんでした。ブログも書きたいし、もともと「教える」派でなく、自分が「学びたい」派なので向いているのかどうか…。来週の金曜日が着任式。緊張するーっ!
何が難しいってカリキュラムやガイドラインなどが何も無く、まったくの自由なんです。教材も小学校に使いきれないほどあり、かえって困っています。いつかお知恵を拝借することもあるかも。頼りにしてます!


montoさん
新しい門出かどうか未知数ですが、小学校の件は本当に降って湧いたような話で、まだオロオロしています。基本的に子供はかわいいし、楽しみな反面、反応が正直にでると思うので非常に怖いです。
montoさんとは「ツボ」がいっしょで、共感できる部分が多いので心強い学習仲間です。いつもありがとうございます。来年度は何を聞かれますか?夏には本土上陸ですか?できたらお会いしたいですね。オタクちっくな話に花が咲くこと請け合いですよね!
Posted by ラジ子 at 2008年03月30日 15:23
 小学校の英語。すごいです!
そういった機会、お話しが来るのも
ラジ子さんの努力、実力の賜ですね。
 小学校英語に携わっている友人によると、
やはり体力が必須とのこと。
どうぞ健康にお気をつけて頑張ってくださいね。
Posted by kuri2mama at 2008年03月30日 20:13
私も学年末に一言だけお礼を言わせてください。
ラジ子さんには、1年間、本当にお世話になりました。雨の日も風の日もうまずたゆまず前進することの価値を、ラジ子さんから身をもって教わりました。
小学校ではどんな授業をされるのか、覗き見してみたいです。実りの多い経験となりますようにお祈りしています。

それではいよいよ新たなマラソンのスタートです。がんばりましょう!
Posted by Eucalyptus at 2008年03月31日 12:07
kuri2mamaさん
今回の小学校の話はすべて「人の縁」という気がしています。ある方の紹介で、向こうからやってきたんです。どんな縁からどんな仕事が舞い込むかわからないものですね。体力も必要とのこと、そうでしょうね、相手は元気のかたまりのような小学生。スタミナつけて頑張りますね。温かいコメント、どうもありがとうございます。


Eucalyptusさん
ありがたいお言葉、感謝です〜♪でも、好きなことだから続けられるし、ブログに書くと思うからこそ深く調べたりしている部分もあるんです。それにこんな稚拙な文章を読みに来てくださる方がいたり、お忙しい中コメントを書いてくださる方もいて、本当にありがたいです。ブログを通じて学習仲間を探す、という目的も果たせたし、ブログを始めてホントによかったなぁ、と思っています。
よかったら授業参観来てください。
Eucalyptusさんも指しますよっ!参観者だからといって、油断できないほどのスリリングな授業を目指します。
今年度も面白エピソード(けっこう楽しみにしています)を含め、よろしくお願いします。
Posted by ラジ子 at 2008年03月31日 22:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91467319

この記事へのトラックバック