2015年01月03日

引っ越しました

新年だからとか、そういう理由ではまったくないのですが、
同じ Seesaa内で引っ越しました。
アドレスはこちら ↓ です。

http://nhkradio-everyday1.seesaa.net/

よろしければお手数ですが、そちらまでお越しください。

では、お待ちしております。
posted by ラジ子 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

どうでもいい話

ここのところ何年か、夏の間だけ行われる
英語講座の講師みたいなことをさせてもらっています。

自分が会話練習が好きということもあって、
ある市販の英語本から、
「初対面での質問」
「出会い始めた頃の質問」
をいくつか生徒さんに紹介しました。

が、その中に「?」がつくような質問が紛れ込んでいたのです。

初対面での質問より
Why did you come here?
(どうしてここに来たのですか?)
ここのブログにいらっしゃるぐらいオタクちっくな方なら
なぜこの質問がダメかはおわかりになると思います。
ズバリ、失礼だから。
ペアで教えていたイギリス出身のネイティブ(D先生)も
rude だと言ってました。
「なぜ、あなたがここにいるのか?」
いるべきでない人がいる、
というニュアンスがあると習ったことがあります。

出会い始めた頃の質問より
What do you like?
(何が好きですか?)
いきなり、こんな漠然とした質問されても...。
What の後ろに名詞を足した方がいいですね、ということで説明。

What is your family like?
(どのような家族ですか?)
家族全体について答えるのって難しいですよね。
個性もバラバラだし。
What is your father like?
のように、個人について質問するほうが答えやすい、と説明。

Where’s your hometown?
(故郷はどちらですか?)
文字通り答えると、たとえばマンチェスタ―出身の場合、
In England.
のような答えになってしまう可能性もあるので、
Where are you from?
の方が出身地を聞くときはベター。

What memories do you have?
(どんな思い出がありますか?)
この質問を読んで、D先生がなぜか大うけしてました...。
漠然としすぎていて、答えようがない、ということ以外に
受けていた理由があったのかな?
Do you have any good memories about
のように、
もっと、答える人の立場に立った質問をしなくっちゃいけません。

それにしても、そこそこ有名な出版社から、
ネイティブだってチェックしているだろうに、
こんなにツッコミどころ満載の本が堂々と書店で売られているとは、
驚きを隠せないわ!

というわけで、市販の本に書かれている英語を
すべて鵜呑みにしない方がいいこともあるという話でした。
posted by ラジ子 at 11:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

ご連絡

コメント遅れてます、すんません。

今夜、書き込みますね〜。
posted by ラジ子 at 15:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

あけましておめでとうございます。

今年も、日々前進を目標に、英語学習を続けますので、
よろしければ、おつきあいのほど、よろしくお願いします。

昨年はTOEICを久々に受験して、「試験」を受けるという
学生時代のような緊張感を体験できました。

リーディングが弱いな〜という弱点もしっかりとわかり、
しばらくリーディングセクション用の問題なんかにも取り組んでいたのですが、
どうにも「楽しくない」。
ビジネス文書や英語広告を早く正確に読む必要がないからかな...。

一日に英語にさける時間も限られる中で、やっぱり好きなことをしようと
シンプルな結論を出しまして、やっぱり会話中心でいこうと思います。

Kindle をダウンロードしたので、自分の興味のある本を読みながら、
ついでにリーディング力がアップしていったらいいな。
で、またTOEICを受験したときに、リーディングが上がっていたらラッキー!

というのが今年の目標です。

では、今年が素晴らしい一年になりますように!
posted by ラジ子 at 13:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

外国からのエール

3/16のブログ追記欄をまだ読まれていない場合は、
できればそちらも読んでいただけたら嬉しいです。


今回の地震は海外のメディアでも大きく取り上げられたため、
外国にいる友人からお見舞いメールや激励メールをいただいた方も
いらっしゃることでしょう。
私も、ネットを通じて知り合い、10年近く近況報告をしあいながら
お付き合いさせていただいている方がイギリスにいます。
イギリス人男性と結婚し、イギリスで日本語教師をされています。
彼女からも私の身を案じるメールをいただきました。
彼女のメールに書かれていた、あるイギリス人女性の話を転載します。


9年前ほどに教えた成人クラスの女性から
昨日電話をもらいました。
私の電話番号をずっと持っていたそうです。
理由は「あなたがとてもいい先生だったから」
と言う言葉に感激しました。
でも、それだけじゃないですよね。
彼女がそれだけ思いやりのある人だということです。
土曜日曜と、ずーっと日本と私のことを思っていたと
言っていました。
いろいろ話していたんですが
彼女は二年前に乳ガンと診断されて手術を受け
今も治療中だけど首にガンが転移していると言うではありませんか。
ショックでした。
そんな状況にありながら、被災地のことや私の家族のことを
心配してくれていたなんて・・・
みんなが日本のことを思っています。
このエールが日本に届きますように。



日本語教師の彼女は、今まで日本語を教えると同時に、
日本人としての誠実さ、勤勉さ、謙虚さなど、
いろんな美徳も同時に伝えてくれていたのでしょう。

ガンを患っている元生徒さんには、お返しというほどのことも
できませんが、私の思いを伝えてもらうつもりです。


私たちの知らないところで
私たちのことを思ってくれている人たちがいる

そう思うと今日は、昨日より元気が出そうですね。

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 11:20| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

無事!

先ほど静岡県東部で地震がありましたが、
我が家は大丈夫です。
posted by ラジ子 at 23:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

make the best of

お久しぶりです。

今回の地震では、多くの方が犠牲になりました。
今なお不自由な環境での暮らしを強いられている方も大勢いらっしゃいます。
心からお見舞い申し上げます。

さて、当ブログにおきましては、明日から我が家も計画停電の中で
生活をすることになったので、以前のような更新が難しくなりました。
なにしろ初めての経験で、どんな生活になるのかまったく予想できません。

というわけで、更新はないかもしれませんが、
無事ですのでご心配などなさいませんように。

うまくいけば、たまには更新もしたいと思います。
みんなで励ましあって、乗り切りましょうね。

I'm going to make the best of this situation!

*dezizさんがコメント欄に赤十字に関する情報を寄せてくださいました。
ご参照ください。
posted by ラジ子 at 23:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

新年のあいさつ



あけまして

おめでとうございます



今年もよろよろと、でも一歩ずつ前進するじぇ!

皆様もよいお正月をお過ごしください。
posted by ラジ子 at 09:28| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

いも掘り

「実践ビジネス英語」テキスト巻末の Phrasal Verb Diversion を担当されている
Rumiko Varnes さんによれば「彼氏・彼女と付き合う」と言う場合
昔(20年ぐらい前?)は go out でなく go around と言ったそうです。
それよりさらに昔は go steady ...。
使う言葉で年齢がバレてしまう。
そういえば、3月にアメリカに行ったとき、今は junior high school って言わずに
middle school って言うよね?みたいな話を、現地のお母さん方が言ってたなぁ。
「そうかしら?」「そうよ」「私の住んでたところでは...」と意見がバラバラだったけど。


昨日、勤務先の小学校で「いも堀り」を生徒といっしょに楽しみました。
いも掘り」は英語で potato digging と言うって
ALTのY先生(日本人、5か国語に堪能)に教えてもらいました。
「イチゴ狩り」を strawberry hunting(×)って言う人がいるけど
正しくは strawberry picking なんだよね、
とも教えてもらって、なるほど〜と思いましたが
英語郎に「ブドウ狩り」が grape hunting と出ていて、ちょっと「?」。
英辞郎、大丈夫か?

Y先生は英語の他にフランス語も堪能なんですけど、彼女によれば
「フランス語をみっちりやってから、英語の力もすごく伸びた」
って言うんです。フランス語 → 英語になった単語がけっこうあるので
そういった単語は無理なく覚えられたし、初めて見ても簡単に意味が推理できるそうですよ。
そのとき、彼女が例に出してくれたのが
in lieu of (〜の代わりに)(09/07/07「入門ビジネス英語」)
lieu はフランス語で「場所(place)」を表す単語だから
in place of と同じなのよー、
だって。

「ラジ子先生も英語力アップのためならハングルよりフランス語やった方がいいよ。」
と言ったY先生ですが、かつて、ハングル文字やアラビア文字の勉強もしたことがある!
とカミングアウト。
実は私なんかよりずーっとずっと上をいく「外国語おたく」だったようですよ、Y先生ってば。
本当に興味深い人...。

(去年の今頃、お休みです。)

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 14:49| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

drool と doodle

ECC英会話 ポッドキャスティングを聞いていたときのカン違い。

He’s drooling!

He’s doodling!
と間違えた。

drool … (よだれをたらす)
doodle … (話・考え事をしながらいたずら書きをする)

音が似てるけど、やってることは全然違う!


今日の午前中、韓国ドラマDVDを返しにいきました。
大人借りして(全16話、DVDにして8枚)3連休存分に楽しんだのはこのDVD。
No Limit ~地面にヘディング~ 完全版 DVD BOX I

No Limit ~地面にヘディング~ 完全版 DVD BOX I

  • 出版社/メーカー: エイベックス・マーケティング
  • メディア: DVD




No Limit ~地面にヘディング~ 完全版 DVD BOX II

No Limit ~地面にヘディング~ 完全版 DVD BOX II

  • 出版社/メーカー: エイベックス・マーケティング
  • メディア: DVD


マンガのようなストーリーだったけど、それなりに楽しかったです。
やっぱりユノ君、いや、俳優 チョン・ユンホはカッコイイぞ!

あと、共演の Araちゃん(1990年生まれだからまだ20才!)も
とってもカワイくて、目の保養になりました。

次に見ようと心に決めていたDVDが借りられていたので、
しばらく韓国ドラマはお休み。
他にも気になっていたドラマはことごとく1巻が借りられていたので
「ちょっと落ち着け」
という何かの啓示か...。


去年の今頃、「ラジオ英会話」
galore大量の
って、なんだかポケモンの名前みたい
と思ったけど、そりゃ ガルーラ だわね。
ポケモンWiki なんていうのがあるんだー、へー。



)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

ホームステイ反省会

先日、アメリカ人高校生H君が約1週間我が家でホームステイしました。
私が英語を教えている小学校が6年ほど交流を続けている
ノースカロライナの小学校から来日したグループの1人がH君だったのです。
彼は6年前、11才のときにも来日していて、今回が2度目。
他のメンバーは、小学生6人(9〜11才)、児童の母1人、日本語の先生1人。
全員無事にアメリカに帰ったという知らせを聞き、関係者一同みなホッとしております。

夕べ、記憶の新しいうちに、ということで
ホームステイを引き受けた家庭が集まり反省会が開かれました。
我が家に来たのは日本に興味のある高校生(17才)だったので
特に大きなトラブルもなかったのですが、
小学生がステイしたお宅では、いろいろあったようです。

1番の問題は食事。
いちおうお世辞なのか、みんな「日本食が好き」と言うんですけど
実際に日本食を出してもほとんど手をつけることはなかったそうです。
日本食を食べ慣れている子供はそんなにいなくて、「お寿司が好き」と言っても
実際には「カリフォルニア巻き」だけ好きとか、いなり寿司は食べるとかそのレベル。

日本食を出しても全然食べない彼らを見かねて
途中からハンバーガーやピザを食卓に出すようにしたら元気がでてきたそうですよ。
いくら日本語を習っていて、多少は日本に興味があるといっても、そこは小学生。
食文化への挑戦はちょっと早かったかな...。
用意する側はちょっとたいへんですが、日本食・洋食を両方出して、
好きなものを好きなだけ食べてもらうのが食に関してはベストのようです。

6人の小学生のうち、4人がホームシックになり、
アメリカに電話をさせてもらってやっと落ち着く、
ということもあったそうです。

実は、その4人のうちの1人は、ホームステイ先のご夫婦が国際結婚していて
ご主人がアメリカ人。奥さんも英語を話すので、言葉に困ることはなかったのに
ホームシックになって泣きながら家に電話をしたそう。
ホームシックは言葉が通じる、通じないとは関係ないんですね...。

ホームステイでこんなことをしたら喜ばれたとか、
これは失敗だったとか、そんな経験がおありの方、
よろしければコメントお願いします。
ステイされた方は大人でも子供でもOKです。


いつも思うことですけど、今回我が家に来てくれたH君とも、
英語を勉強していなかったら、絶対に出会うことがなかったわけで
英語のおかげで、多くの人と知り合うチャンスが増えました。
もちろん、ブログを通じて知り合った方々との縁も英語を勉強したからこそ。

英語に感謝です♪


去年の今頃、「英語5分間トレーニング」、
やっぱり5トレは面白くて使えそうな表現の宝庫。


)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 17:04| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

automatically

かなーり停滞気味の「Marley and Me」ですが
とりあえず、時間のあるときに読むようにはしています。
本の中からラジオ講座関連の文を勝手に紹介。

家族の留守中に家を荒らすマーリーを
留守の間だけ cage に入れることにした Grogan 一家、ペットショップにて。
They came in all different sizes, ...
(あらゆるサイズがそろっていて…)
come in … 〈商品などが〉(大きさ・色など)で入手できる、売られる(ジーニアス)
先週のListen for It! では携帯電話の色が
It comes in teal blue, black and fire engine red.
のように3色ありました。

“What do you guys think?” I asked, “Will this hold our Superdog?”
(「うちのスーパードッグをこのケージなら入れておけると思うかい?」と聞いてみた。)
hold だから「留守の間だけ」というイメージ?
hold の「何かを一時的におさえておく」という core イメージと一致しますね!
田中先生、ありがとう。
やっぱり core イメージは便利なのだ。

マーリーは予想外に頭がよくて、みんなの留守中に cage を自分で開けてしまい、
結局家の中はめちゃめちゃに...。それを見た飼い主、John の気持ちがコレ。
So much for peace of mind.
(心の平和もこれまでだ)
4/27「ラジオ英会話」の
So much for the bacon!
(ベーコンもこれまでね。)
のおかげで、すぐに意味がわかりました。わーい。


5/13のブログで確認した
automatic(無意識に)のプログレッシブの例文は
She has lived in Paris for years, and her French has become automatic.
(彼女はもう長いことパリに住んでいて無意識にフランス語が出るようになっている)
のように、語学関連でした。
昨日、just now をいっしょに勉強した女子高生と問題集に取り組んでいるとき
語学学習と automatically が関連した英文を発見。
In everythinglearning a foreign language or driving a carit is necessary to practice until you can do it automatically.
(外国語を勉強するとか車を運転するとかいったあらゆることにおいて、
無意識のうちにできるようになるまで練習することが必要である)
岩村スピリッツを感じる英文である。
automatic(ally) は「脳や体が勝手に働く」という感じかな。
早くスピーキングに関して automatically の次元を体験してみたいもんだ。

あと、彼女と勉強していて「こんなの自分が習ったことアルのかな?」と思ったのが
not so much as do … 〜さえしない
She cannot so much as write her own name.
(彼女は自分の名前を書くことさえできない)
問題集、ジーニアス、プログレッシブ、3つとも
「自分の名前すら書けない」という英文だったのは何なんでしょう?

not so much A as B(Aと言うよりもB、AよりもむしろB) なら
2007年度「英会話上級」で習ったことは覚えていますよ。
Well, it’s not so much a matter of belief as a matter of style.
(ええとね、信仰の問題と言うよりは形式の問題なのよ。)

あとこんなのってどんな時に使うんだろ?
He can no more do that than pigs can fly.
(彼にそれができないのは豚が空を飛べないのと同じだ)(プログレッシブ)
「豚が空を飛べないのと同じ」ってナンダ、ソリャ。

こういうのをしゃかりきに覚えさせられたら、私も英語がいやになるかもなぁ。


去年の今頃、「ラジオ英会話」
It’s a stroke of genius!
(それは天才的ひらめきです!)
これを使う場面にはなかなかめぐりあえないゎ。


)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 16:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

開き直る

4/28「実践ビジネス英語」のブログに
presenteeism という単語、初めて聞きました。」
と書いてありますが、これが、なんと真っ赤なウソだったことが判明!
ガーン!
ICレコーダーの中に
The current buzzword is presenteeism.
という英文が録音されていたのです。
たぶん、4,5年前の「ビジ英」からメモした分だと思うんですけど、そんな前から
こんな言葉があったってことですよね。
ちょっとネット検索したら2004年には既にメディアで使われ始めていたようです。
'Presenteeism' Plagues Firms(CBSのニュース記事) 
そうだったのか。

あと、ICレコーダーの録音データを聞いた中で、
「あっ、これ使えそう」と思ったものの中に「開き直る」がありました。
take/assume (a) 〜 attitude の 〜 の部分に入る単語によって意味が変わり、
friendly なら「友好的な態度をとる」
hostile なら「敵対的な態度をとる」になります。
開き直った態度をとる」の場合、〜 に何が入ると思いますか?
:( so-what )← 反転ぷりーず
どこの講座で習ったかはわからないけど、なるほどなー。
辞書で調べたら defiant でもOK。

プログレッシブには別の言い方も載ってました。
He turned on me and said he had no intention of obeying me.
(彼は開き直って私の言うことを聞くつもりはさらさらないと言った)
turn on () … 急に不意をついてその人を攻撃すること(OXFORD)

実践ビジネスの巻末 Phrasal Verb Diversion で turn が特集された場合に
もしかしたら問題として出るかも...(今からヤマを張ってみる)


ところで、ラジオ版「ニュースで英会話」がリニューアルされたんですね。
クイズが増えて「お楽しみ度」がアップした感じ。
それでなくてもニュースはカタイですから、なかなかいいアイディアです。

久々に伊藤サムさんのエッセイを読んだら、私と似たような考えをお持ちのようで
ちょっとうれしくなりました。
自分でほめちゃう ← クリックするとジャンプします
私も2年ほど前から「自分をほめようキャンペーン」を地道に展開しているもので。

コツコツからガンガンへというエッセイも衝撃的。
コツコツでは飛躍的な伸びは期待できそうもないらしいんですよ。
私のようなコツコツ派の人間は今後どうしたらいいの?

と思いましたが、サムさんも書いていらっしゃるように
毎日ガンガン」やればいいだけのこと。
なんだー、そんなことかー。(単純バカ)


去年の今頃、5/10「英語5分間トレーニング」
mellow out(丸くなる)が書いてある日のブログ。

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 22:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

ただいま!

無事帰国しました!

滞在先のノースカロライナの州都、ローリーはとっても暖かくて、
昼間は半袖でよかったのですが
こちらに戻ったら寒い、寒い...。

小さなトラブルはいくつかありましたが、何より生徒たちが無事に帰ってきてひと安心。

ちょっぴり不安だったホームステイも、貴重な経験になりました。
部屋に案内してもらいドアを開けると、机には生の水仙の花が飾られていて
ステイ先の奥さんの心遣いが感じられました、カンゲキ。
room2.JPG

ピンクの壁にソファのテディベアたちもソーキュート!
room1.JPG

ブルーのスーツケースの下にある支えは3/17「実践ビジネス英会話」で習った
trestle と言うのではなかろうか?(確認するのを忘れたのが心残り)

生徒に付き添って教室に入るのは1日目だけでした。
見慣れない環境、わからない英語にとまどう日本人生徒でしたが、なんとかしのぎました。
エライ!
school.JPG
私が付き添っていたときは、算数、理科、リーディングなどが行われていました。
6年生の日本人生徒は4年生のクラスで勉強したので、
算数はとってもカンタンでしたが
リーディングはなんだかよくわからなかったです、
私が...。

なんといっても、読むスピードが速い、速い。こんなに速くてみんなわかるの!?
と思っても、やっぱりわかるんですねー(泣)。

小学生が読むような本や映画・ドラマから、段階的に難易度を上げていくのが
英語上達の王道なんだろうなと感じました。
そういった意味でいうと、カンタンな本から始めて
少しずつ難しい本に移行して行く「多読」は正解のはず。

まだまだスムーズに言葉がでないことが多くて、もどかしい思いもしましたが、
日本側とアメリカ側をつなぐ役目はなんとか果たせたかなとホッとしています。
滞在中のエピソードなどは、思い出したときに少しずつ追記しますね。

もっともっと耳も鍛えること、
難しい言葉を使う必要はないので
簡潔に自分の言いたいことを表現できるようにすること、
この2つを目標に今年度もトレーニングを続けたいと思います。

ブログに関しては、今までよりももっとシンプルにメモしていこうかな、と思っています。
情報交換など、今年度も引き続きよろしくお願いします!

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 01:49| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

zeitgeist

とくパパさんのメルマガにも書いてあったんですけど、
昨日は「ラジオ英会話」と「入門ビジネス英語」で
まったく同じあいさつが交わされた、ある意味ミラクルな日でしたね。
先生方で企画したサプライズなら別だけど。

そのミラクルなあいさつのやりとり。
It’s a pleasure to finally meet you in person.
− ようやくお目にかかれて、うれしいです。
The pleasure is all mine.
− こちらこそ。

セットで同じって、どーゆーことなのだ?


12月に入ると、1年の総括作業の開始です。
流行語大賞の発表が行われたそうですね。
今年を象徴する言葉は「政権交代」ですか。そーですか。

海外でも、その年に検索された単語トップ10の発表があって、
ABCワールドニュースポッドキャストによれば、今年は
Google 
Yahoo 
Bing 
のすべての検索エンジンでトップになったのが「マイケル・ジャクソン」。
それだけ、世界中の人が衝撃を受けたということでしょうか。

Google ランキングの Fastest Rising in Food & Drink (Global) のカテゴリーに
日本語で「クックパッド」が、
Fastest Rising in Sports (Global) には「wbc速報」もありました。
日本人は検索好き?

Yahoo の6位が「NARUTO」だよ!

正直、「これ誰?」とか「いったい何のこと?」みたいな言葉も多いのですが
今年を振り返りつつ英語の勉強もできそうなので、あとでじっくり読みたいと思います。

ちなみに、ブログタイトルの Zeitgeist の語源はドイツ語で
「時代精神、時代思潮」という意味。(プログレッシブ)
難しい言葉やな〜。
グーグルで検索されるキーワードからその時代の風潮がわかるということで
グーグルの検索ランキング表示機能の名前でもあるようです。


去年の今頃、12/1「入門ビジネス英語」
have our work cut out for us(ひと苦労する)は
つい最近もポッドキャストニュースで聞きましたよ。

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

感想文

【雑感】
昨日の放送を聞いて
「岩村先生の講座は、やっぱり気合いがはいるな〜」と思った方は
何人ぐらいいらっしゃるでしょうか。
まず、ここにひとり。(わたし)

5分という短さも新鮮!

久々に会った友人への一言。
What has it been, about one year?
- どれくらいになる、1年くらいかな?

こういう場合
How long has it been, about one year?
のほうがメジャーではないかと思ったのですが、どんなもんでしょうか?
What has it been?
の方が口語的とか?

それとも
What’s your budget?
(予算は?)
なんていうときの what
新年度しょっぱなから、岩村先生の講座でつまずいた...。

結婚式の披露宴での定番、大事にしなければならない3つの袋
「お袋・胃袋・堪忍袋」バリに韻を踏んだこの番組のスローガン
予習・練習・復習」にもちょっと感動。
予習を求められた講座ってあんまり記憶にないです。


「入門ビジネス英語」は、いかにもNHKらしい体裁に戻りましたね。
エド先生の英語は非常にわかりやすく、
「もしかして、私のリスニングって上達してる?」
と思わせるマジックがあります。
アシスタントの藤本ケイさんのしゃべりは、
DJの香り漂う、およそNHKっぽくなくて新鮮だったaikoさんとは
180度ぐらい違って、非常にNHKらしいです。
苦情でも入ったのか?

本当に、本当に悪意はまったく無いんですけど、なぜか藤本さんのしゃべりを聞いて
この人を思い出してしまいました。
藤本さんと似ているとか、全然思ってませんから!


総括すると、去年の入門と比べて、こっちが正統派の「入門」だよな、
というのが感想です。
クイズまであって、盛りだくさん。勉強しやすいと思います。


4月号テキスト14ページ、Cultural context より
Sorry for calling on such short notice.
(急なミーティングで恐縮です)

on short notice … 間際になってからの通知で、いきなり
06/05/29・30「英会話入門」

short notice の前は onat も可)だった、と復習。

06/05/29・30「英会話入門」に、似たような表現をあと2つ、辞書から引用したんです。
当ててみますか?(カッコ内は反転させてください)
He was dismissed without( previous ) notice.
(彼は予告なしに解雇された)
= He was dismissed on/at short notice.(いきなり)
= He was dismissed at a ( moment's ) notice.(即座に)


「ラジオ英会話」は、通常営業でした。


今年のブログの目標は「簡潔に、ポイントを絞って書く」こと。
ダラダラしないように気をつけます。

今年度も情報交換など、よろしくお願いします!


オフ会のお知らせ ← 興味のある方はクリック。
申し込みは今日まで

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
「ラジオ」と書き込むとエラーになりますので、お気をつけください。」
posted by ラジ子 at 19:20| Comment(7) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

ブログを始めた理由

私がこのブログを始めた理由ですが
NHKラジオで英語を勉強している仲間が欲しかった
メモしておけば、後で読み返せる(後に語句検索というありがたい機能を駆使)
の他に、NHKラジオの英語講座にかかわっている方にお礼をしたいという気持ちがありました。
以前も何度か直接お礼のハガキを出したことはありますが、ラジオ英語講座が
いかに役立つかを、これから勉強しようと思っている人に伝えたかったのですよ。

11年前、英語の勉強を始めたいけれど英会話学校に行くお金はないし、かといって、
自分だけで勉強するといっても何をすればいいかわからない...、
そんな状況にいた私が、「NHK基礎英語3」(当時はパックンがレギュラーゲスト)
をたまたま耳にして「あ、これだ!」と思ったことがすべての始まり。
テキストは安いし、放送を録音すれば何回も聞ける。

そんなこんなで初年度は
「基礎英語2」、「基礎英語3」、「英会話入門」、「ラジオ英会話」
の4番組で英語学習をスタート。
「基礎英語2」の内容すら聞き取れない自分にショックを受けつつも、
段々わかるようになると楽しさが加速して、結局11年もの間お世話になっています。

NHKラジオ講座を利用することで、英語が本当にうまくなるのかな?
と疑問に思う人がいたとしたら
本当に上達するんですよ!」
というメッセージを、自分の経験を通して伝えたかったんです。
もちろん、基準は自分です。
昨日の自分より今日の自分、
今日の自分より明日の自分の方が
進歩しています。(ちょっと岩村先生っぽい?)

信じる者は、うまくなる!

いや、信じるだけじゃダメなので

練習する者は、うまくなる!(やっぱり岩村先生の影響濃し)



去年の今頃、4連発。
「徹底トレーニング英会話」
3/26・27「英会話入門」
「英会話上級」
3/26・27「ビジネス英会話」

これで、2007年度を振り返る作業は完了。


話はまったく変わります。
知っている方がいらしたら教えていただきたいのですが

お父さん、お母さん、お兄さん、お姉さん♪
というようなノリのいい歌を知りませんか?

これだけじゃ、まったく手がかりにもなりませんね...。
実はイギリスで日本語を教えているイギリス人が、戸隠ちびっこ忍者村の売店で
こんなかんじの曲を聞いたんだそうです。

忍者村オリジナルなのか、NHK「おかあさんといっしょ」系ソングなのか?
とにかく、てがかりは
「お父さん、お母さん、お兄さん、お姉さん♪」
のみ、しかもそのイギリス人も「うろ覚え」という不確かさ。

生徒に「家族」というテーマで日本語を教えるときに使いたいのだそうです。
こんなあやふやな情報ですが「あれか?」とひらめかれた方がいらしたら
情報提供、よろしくお願いします!


オフ会のお知らせ ← 興味のある方はクリック。
申し込みは明日まで

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
「ラジオ」と書き込むとエラーになりますので、お気をつけください。」
posted by ラジ子 at 13:16| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

お知らせ

ちょっとしたお知らせです。
4/18(土)に杉田先生を囲んで、「実践ビジネス英語リスナーの集い」が開催されます。
それに合わせて同日昼ごろ、いわゆるオフ会のようなものを行うことにしました。
杉田先生の会は4月18日(土)17:30〜20:00(17:00受付開始)です。
こちらはリスナーの集いの前に、東京駅あるいは有楽町周辺のどこかで
おいしいランチを食べながら、ひたすら英語学習に関してあれこれしゃべる、
というゆる〜い趣旨。
ちなみに豪華なゲストも賞品もありません(すみません...)。
でも、きっと何かしら刺激を受けることうけあい。
(例:こんなオバさんたちでもがんばっているんだ!)

今のところ、参加予定は InaさんmijokaさんHildaさんpapiさん、私の5名。
もし、興味のある方はこちらまでご連絡ください。
nhkradio_everyday@yahoo.co.jp
を半角に変換してから送ってくださいね)
オフ会」が件名のどこかに入るようにしてください。
ランチの場所は、私以外のみなさんがゆるゆる検討中。
ちなみにmijokaさんは前回のオフ会に参加してくださったことがきっかけで
仲良くさせていただいています。

私たちが、肝心の「リスナーの集い」に参加するかどうかは、まだ未定ですが
集い前に景気をつけたい方、単においしいものが食べたい方など、目的はいろいろ、
問い合わせだけでもけっこうです。お気軽にメールくださいね。

なお、予約の関係により締め切りは3月31日(火)とさせていただきます。
posted by ラジ子 at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

映画情報

ある程度の日常会話ぐらいなら「なんとかなる」気がしてきた今日この頃、
次に目指すは「字幕無しでの映画(テレビドラマ)鑑賞」だと思い始めたのですが、
なんといっても難しい!

昨日、ほんのちょっとだけ見たある映画(DVD)のシーンの中で
ある女性が結婚しているか、していないか、という話題にて。

And by the way, I was right.
She’s not married.


How do you know?

No rock.
When she came to the bar, she was
sans rock.


sans rock だから未婚?

sans … 〜なしで(without)(ジーニアス)
フランス語だそうです。

英語で使う場合の例(全部プログレッシブ)
sans cash(現金がなくて)/ go sans hubby(夫抜きででかける)
sans girlfriend(女友達がいなくて)という例も載ってましたが、これなんて
son’s girlfriend(息子のガールフレンド)かと思ってしまいそう。

rock は「宝石」のこと。日本語字幕では「指輪」になってました。

ささいなシーンでこれですからね、道のりはかなり長い...。


参考までに、ABC World News で紹介された2008年のTOP5 MOVIES
(わかりにくいんですけど、題名をクリックすると公式サイトにジャンプします)

第5位FROST/NIXON
ニクソン元大統領 VS イギリス人TVキャスター、デヴィッド・フロストのTVインタビューがらみ、実録風映画。

第4位THE FALL
落下の王国(日本語公式サイト)
ポッドキャストの批評家によれば圧倒的な映像美!だそうですよ。

第3位HAPPY GO LUCKY
すごく楽天的な女性が主人公。元気がでるかもしれないイギリス映画。

第2位MAN ON WIRE
マン・オン・ワイヤー(日本語公式サイト)
世界貿易センタービルに綱を張って綱渡りをする曲芸師のドキュメンタリー。

第1位THE WRESTLER
この映画はどこかでも絶賛されていたんですが、なんといっても主演のミッキー・ローク画像に声を失う。
私、「シン・シティ」を見てないので。

この人の人生にいったい何があったんですか...。
昔のミッキー・ローク
ミッキー・ローク.jpg


深呼吸してから、↓をクリック!
今のミッキー・ローク


おととし12月分、余裕のある方は復習をどうぞ!
(お正月バージョンだとわかりにくいのですが、クリックするとジャンプします)
12/24・25「ビジネス英会話」
12/26・27「英会話上級」


)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
「ラジオ」と書き込むとエラーになりますので、お気をつけください。


posted by ラジ子 at 15:36| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

コメント投稿について

今朝から意味不明コメントが多数寄せられ、削除し続けましたが、それも面倒くさいので「禁止ワード」でブロックしました。
どうやら外国からのいたずらのようなので、この日本語は相手には読めないと推理。
よってここに堂々と宣言しますが、禁止ワードは
ラジオ
です。コメントに「ラジオ」を入れるとエラーになりますので、お気をつけください。
意味不明コメントにはすべて共通して「ラジオ」という言葉が入っていたので、禁止にしました。

しばらくこれで様子を見ますので、ご了承ください。

何が悲しくて「NHKラジオ」のブログで「ラジオ」を禁止ワードにしなけりゃいけないのよ!
posted by ラジ子 at 13:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする