2014年06月12日

cost

「実践ビジネス英語」

時代とともに消えていくものについて語るビニェットも、
時々ありますね。

6/5放送分
Casual, jokey chat actually serves a very serious purpose in an office environment.
− オフィス環境においては、ちょっとした冗談交じりのおしゃべりが、
  実は極めて大切な意味を持っていますからね。
jokey を目で見た時、脳内で勝手に jockey に変換されてしまう。

ここの serve は「役立つ」とか「目的を果たす」でいいかしら。
This car has served its purpose.
(この車はもう用済みだ)(ジーニアス)
(完了形の場合は「もうこれ以上役立たない」の意にもなる)
と、06/11/26にも書いてあった。

ビールパーティのみならず、リキッドランチが懐かしいと言い出すのでは?
*I wouldn’t go quite that far.
まさかそこまでは言いませんよ
この日にも同じセリフがあって、類似表現を軽く復習できます。

6/6放送分
・..., a million bucks is chump change, Millionaires are a dime a dozen.
− 100万ドルははした金です。百万長者はどこにでもいますよ。
That’s not chump change.
(それは相当な[ばかにできない]ですね。)
(12/09/07「実践ビジネス英語」)

ここの a dime a dozen はお金にかけて、うまいこと言った感ある。

*The boundary between public and private has become hopelessly blurred.
− 公私の境目は、絶望的なほど曖昧になってしまいました
類似表現
And the boundary between the personal and the public spheres can become fuzzy in the social media space.
(それと、ソーシャルメディアの世界では、
個人の情報の領域と公共の領域の境界があいまいになることもあります。)
(12/10/25「実践ビジネス英語」)
blurredfuzzy かの違い。

*The convenience and low cost of email have cost hundreds of thousands of mail carriers and other postal employees their jobs.
− 電子メールの便利さとコストの安さが、
  何十万人もの郵便配達員をはじめとする郵便局員の仕事を奪ってきました
S V O O の cost は「(人)の〜を奪う」
They don’t feel there’s a crisis that could cost them the loss of their jobs.
(失職しかねないような危機はないと感じているということです。)
(07/02/19・20「ビジネス英会話」)
杉田先生によれば、↑ の英文は文法的に間違っている。
たしかに。
正しくは ↓ だと思う。
They don’t feel there’s a crisis that could cost them their jobs.
こういう間違いをする人が多いんです、という意味で
あえて、その時は、間違った英文をビニェットに使ったらしいです。

Likewise, electronic payment systems have made toll collectors go the way of the dodo.
− 同様に、電子決済システムによって、道路の料金所の職員が姿を消しました
It looks like snail mail is going the way of the dodo.
(従来の郵便は廃れつつあるようですね。)
(12/10/04「実践ビジネス英語」)
郵便関係の衰退は、何度も話題にあがっています。

今日の重点事項:3


ここんとこ Hulu で「フレンズ」を少し見ています。
チーチー」と聞こえてきたので、アレか!
と思ったら、やっぱり
cheat sheet
でした。
最近のドラマのような気がしていた「フレンズ」も
放送されていたのが 1994〜2004 ということで、
もう10年前に終わっているのだなぁ。
ドラマの中で使ってた電話の子機が、やたら大きかったな...(シーズン2)。


去年の今頃、「実践ビジネス英語
In any event, we should try to avoid going on all the time about how busy we are.
(いずれにしても、とても忙しいと、愚痴ばかり言うのは、
やめるようにすべきです。)
言ってどうなるもんでもないしね。
posted by ラジ子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月10日

accentuate

6/4「実践ビジネス英語」

昔を懐かしがるビニェット。

A penny for your thoughts, Steve. You look worlds away.
何を考え込んでいるのですか、スティーブ。
  別世界にいるような顔をして。
ぼんやりしている人に話しかけてビニェットが始まるパターン、ありがち。
前回の「去年の今頃」にも似たような表現あり。
ボーッとしている人に向かって
Jake. Earth to Jake!
(ジェイク。地球からジェイクへ!)
(13/06/06「ラジオ英会話」)

最近のビジネスワールドの印象。
*These days everybody seems so stressed out and uptight.
− 近ごろは、だれもがひどくストレスをためて、ピリピリしているようです。
ピリピリ uptight
They’re not uptight about their opinions or feelings and share them candidly online
.
(彼らは自分の意見や感情に関して神経質ではなく、ネットワーク上で気軽に
公表し合うのです。)
(09/01/14「実践ビジネス英語」)

*But surely you don’t turn the clock back to the days when racial discrimination and sexual harassment permeated the business world?
− でも、あなたはまさか、人種差別やセクハラがビジネスの世界に
  まん延していた時代に、時計の針を戻したいわけではないでしょう。
同意表現
I wish I could turn back time and relive our days together there.
(時間を逆戻りさせて、あの日々を2人でもう一度生きてみたいもんだなぁ。)
(11/01/17「ラジオ英会話」)

permeate … 行きわたる、広がる
... since the mist just permeates the air and makes everything damp.
(霧が空気中に充満して、すべてがじめじめしちゃうんだから。)
(06/09/16「徹底トレーニング英会話」)
ヘザーさん紹介の同意語 → pervade
ブログで見つけた同意語 → disseminate

Forgive me, I don’t want to paint too rosy a picture of so-called good old days.
− ごめんなさい、いわゆる古きよき時代を過度にバラ色に塗りたいわけではありません。
paint a rosy picture … 明るい[楽観的な]見方をする
rose にはお気楽感がある。
I think the boss is at fault. He tends to look at things through rose-colored glasses.
(上司は間違っていると思う。彼は物事を楽観視する傾向がある。)
(08/06/26「実践ビジネス英語」)

*True, we’ve come a long way from the days of ...
− ... という時代からは、ずいぶんと進歩したものです。
come a long way … (人や物事が)大いに進歩[成功]する
go a long way だと「役立つ」
A week or even just a couple of days of being unplugged and offline can go a long way toward restoring your sanity.
(1週間、いや、数日だけでも、ネット接続をせずにオフラインでいれば、
健全な状態を取り戻すのにかなり効果があるでしょう。)
(12/03/07「実践ビジネス英語」)

・... I’d still rather accentuate the positive when it comes to looking back.
− 思い返すとなると、やはり、どちらかというとよい面を強調したいですね。
accentuate … 強調する
emphasize / stress / highlight と仲間。

今日の重点事項:3


この間、ESL Podcasting を聞いていた時に
ラビッシング
という単語が聞こえてきて、すぐさま
rubbish を思い出したものの、意味が全然違う...。
ポッドキャスト中の説明によれば、

ラビッシング means very beautiful. It’s often used to describe a woman who is very beautiful, very attractive.

実は、正解は
ravishing
でしたー。
rubbishing と言わないように、気をつけないとね。


去年の今頃、6/5「実践ビジネス英語」
... it doesn’t wow me.
(私はすごいとは思いませんね。)
wow … 感嘆[感心]させる、うならせる
↑の小ネタ紹介 ESL のダイアログにも
..., you’ll wow every guest.
という英文がありましたよ〜。
posted by ラジ子 at 13:41| Comment(8) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月06日

give-back-to-the-community

5/29「実践ビジネス英語」

北海道が一番暑い、っていうのは、やっぱりなんかヘン。
梅雨のシーズンが始まったけど、それなりの降水量でおさまってほしいものです。

*And many businesses are encouraging employees to go out of their way to perform acts of kindness that reflect well on the company.
− そして、多くの企業は、思いやりのある行為は会社の評判を高めるのだから、
  労を惜しまず実践するようにと、社員たちを奨励しています

encourage には「けしかける、そそのかす」という意味もありました。
Don’t encourage him to lie.
(うそをつくのをけしかけないで。)
(12/12/03「ラジオ英会話」)

go out of one’s way … ことさら努力する、わざわざする
クリスさんご紹介の同意表現 ↓
I’ll give a generous tip when hotel staffers go the extra mile for me.
(ホテルの従業員が特別なことをしてくれた場合は、私はチップをはずむようにしています。)
go the extra mile … 一層の[特別な]努力をする
(11/12/02「実践ビジネス英語」)

「わざわざ」という表現の復習をした日もありました。

reflect well on … 〜の評判を高める
反意表現がこっち。
Anyway, she’s convinced the whole incident reflects badly on her clumsy husband.
(いずれにしても、この出来事のすべてが、不器用な夫の身に悪いことをもたらすと、
彼女は信じ込んでいるのです。)
reflect badly on … 〜に悪い影響を与える
(10/11/05「実践ビジネス英語」)
悪い影響 → 評判を落とすってことですね。

*・... TV news segment about a London café where diners paid only what they could afford.
− 食事客は自分が支払える額だけを支払うという、
  ロンドンのカフェを取り上げたテレビニュースのコーナー
テレビやラジオの「〜のコーナー」は
corner と言わずに segment ということで。

give-back-to-the-community store … 地域社会に恩返しを[利益を還元]する店
ハイフン使いは便利。

The profits are primarily used to job-train at-risk kids.
− 利益は主に、何らかのリスクを抱えた子供たちの職業訓練に使われています。
この回はハイフン天国。

今日の重点事項:2


5/30の Graffiti Corner より
Where there is a will, I want to be in it.
will を「遺言(状)」と考えて、
「遺言に私の名前を入れてほしい」というジョーク。
これは、もちろん
Where there is a will, there is a way.
ということわざがあって、初めて成立するもの。
こういうの好きだな〜。

で、ふと「ことわざって、どのぐらい日常会話で使われるんだろう?」
と思って、今いっしょに働いているT先生(30代、イギリス人)に聞いてみたら
「普通は使わないし、使うとすればお年寄りぐらい?」
と言ってました。
あくまでも個人の感想だけど、「やっぱりな〜」という感じ。
でも、元ネタを知らないと、こういうジョークが楽しめないから、
知っておいた方がいいよね〜。


去年の今頃、「ラジオ英会話」、5/29「実践ビジネス英語」5/30「実践ビジネス英語」
There’s no point in letting your emotions get the better of you.
(自分の感情に流されてしまったところで、どうにもならないですからね。)
get the better of … 〜を負かす、(感情などに)〜が負ける[流される]
この表現、すっかり忘れてました。

いつものことだよ〜。
posted by ラジ子 at 13:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

claim

「Our Magical World」からメモ。

Part 1
There were huge question marks hovering above our heads.
(私たちのそれぞれの頭上には、巨大なクエスチョン・マークが浮かんでいました。)
このマンガちっく表現を hover で表せるんですね。

Part 2
Now I don’t claim to speak the language of birds, I can certainly distinguish some of their vocalizations.
(でも、私は鳥の言葉を話せるなどと言うつもりは毛頭ないものの、
鳥たちの声の中には確かに聞き分けられるものもあります。)
claim には「(証明できなくてもいいから)〜と断言する
という意味があるんだそうですよ。
知らなかったな〜。

I don’t claim to have been much of a scholar.
(そんなに勉強したとは言わないけどね。)
(08/02/12「徹底トレーニング英会話」)
しかし、習っていたのだ...。
↑ の英文は not much of がひっかかったのでメモ。

I don’t claim to know how it feels to lose everything, but I’m here.
(すべてを失うことがどういう感じなのかわかる、なんて言わないけれど、私はあなたのそばにいるから)
(テキスト)
なんか、カッコよさげ。


ラジこり体験です。
ESL に前回書きたてほやほやの
blow one’s own horn(自画自賛する、大ぶろしきを広げる、自己宣伝をする、自慢話をする)
が出てきましたでー。
He exuded confidence without having to resort to blowing his own horn.
この時のダイアログは、過去に習った表現も多数あり、
いい復習になりました。

be full of oneself
Well, young people are often a little full of themselves.
(まあ、若い人は大抵、いくらかうぬぼれが強いものですが。)
(13/10/18「実践ビジネス英語」)

come off (as)
But to level with you, Seiji, people will find it a bit strange if you come off like the weatherman.
(とはいえ、正直なところ、聖四、お天気キャスターのように話すと、
ちょっと変な感じがしますよ。)
come off … (〜のように)見える[振る舞う]
(13/04/03「実践ビジネス英語」)

self-deprecating
He was self-deprecating to the point where I wondered whether he wanted us to hire him at all.
(いったい雇ってほしいと思う気持ちが彼にはあるのだろうか、と私が思うほど、彼は控えめでしたね。)
(11/05/11「実践ビジネス英語」)
個人的には self-deprecating wit → 自虐ネタ
で記憶しています。


アンジェラ・アキのコンサートに行ってきました。
ANGELA AKI.JPG
↑ 今回のツアーパンフの写真、すごく素敵でしょ。
とは言え、もともとは有名な曲ぐらいしか知らなかったんですけど(汗)
CDを全部聞いて、先に終わった公演のセットリストで予習もして、
準備はバッチリ。
で、当日、ライブの歌声を聞いて、

言葉にできないほどの感動、
ステージからあふれる愛、
をもらった夜でした。

MCも、とっても凝っていて面白いんですね。
一度ライブに行ったら、みんな大ファンになっちゃいます。

これからご自身の夢に向かって、新しい一歩を踏み出すアンジェラさんに
会場の誰もがエネルギーをもらったはず。
いつかグラミー賞を獲って、微笑む彼女が見られますように!
posted by ラジ子 at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

base

5/28「実践ビジネス英語」

6月になったばっかりなのに、暑いですね〜。
脱水症状にはお気をつけください。

・..., some businesses are just grandstanding when they publicize their supposedly selfless contributions to the community.
− 中には、無視無欲を建前とする地域社会への貢献を宣伝する時に、
  スタンドプレーをしているだけの企業があります。
grandstanding … スタンドプレーをする
His grandstanding got mixed reaction.
(彼のスタンドプレーには、賛否両論の反応がありました。)
(13/06/20「実践ビジネス英語」)
意味としては習ってたのね...。

supposedly は(建前とする) allegedly と同じ。
people who could supposedly get by with relatively little sleep, ...
(比較的少ない睡眠で暮らすことができたといわれている(人たち))
(10/10/06「実践ビジネス英語」)

selfless(無視無欲の) は ↓ のこれと同意。
It may sound altruistic, ...
(奉仕に徹するもののように思われるかもしれませんが、...)
(11/06/23「実践ビジネス英語」」

*・... more and more businesses have picked up on the idea of showing kindness to consumers, suppliers and employees.
− 顧客や納入業者、従業員に思いやりを示すという発想に気付いた企業は、
  ますます多くなっている...
これも習ってた。
I think he picks up on subtle emotional cues.
(微妙な感情のシグナルに気づいていると思う。)
(09/07/26「英語5分間トレーニング」)

And some prod their customers to do kind acts to others ...
− さらに、他人を思いやる行為をすることを、
  自分たちの顧客に強く勧める企業もあります。
prod … 駆り立てる、促す
Putting a price on carbon dioxin emissions (中略) prods businesses to seek better energy efficiency.
(二酸化炭素の排出量の値をつけることで、
エネルギー効率向上の模索へと産業界を駆り立てるのです。)
(07/10/15・16「英会話上級」)
伝説の「上級」↑ は、やっぱり難しかった...。

*・... when a company is posing as a do-gooder for base commercial reasons, ...
− 会社が、(中略)さもしい商売上の理由で慈善家を装っている場合は、...
pose as … 〜を装う、〜のふりをする
pretend に近いですよね。
He posed as my close friend.
(彼はいかにも私の親友らしく見せかけた)
(ジーニアス)

base … 卑劣な、さもしい(ジーニアス)
この意味、初めて知った!
反意語は noble だそうです。

*Companies are doing more than blowing their own horn ...
− ... 会社は、よく見せようとすること以上のことをしています。
blow(toot) one’s own horn(trumpet) … 自画自賛する、大ぶろしきを広げる、自己宣伝をする、自慢話をする
法螺を吹く」も法螺貝を吹くところから、というテキストの説明、
ナイスアシスト!

今日の重点事項:3


暑くなってくると、やっぱり裸足にサンダルですよね〜。
しかーし、今日、新しいサンダルで、長めに歩いたら、
水ぶくれができた...。
ためし履きをした時はなんでもなかったのになぁ。
My left foot has got 3 blisters on it.
3つもできちゃったんです、なぜか左足だけに。
ぐす...(涙)

では、足に「魚の目」ができた時はどう言うか覚えていますか?
↓ こちらに収録されております。
NHK CD BOOK 英語5分間トレーニング 岩村圭南の言えそうで言えない英語表現500 (NHK CDブック) -
NHK CD BOOK 英語5分間トレーニング 岩村圭南の言えそうで言えない英語表現500 (NHK CDブック) -
My foot has got a corn on it.
(足に魚の目ができちゃった)
温故知新で、またこれ聞こう。


去年の今頃、「実践ビジネス英語
But I have to admit that my calling you out on that is a bit like the pot calling the kettle black.
(ところで、私はそのことをあなたに指摘したものの、
自分のことは棚に上げていると認めなくてはなりません。)
posted by ラジ子 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月29日

mutually exclusive

「実践ビジネス英語」

80年代は Greed Decade とも呼ばれている(テキスト)
へー。
個人的にはバブル期もなーんにもいいことなかったなー。

5/22放送分
ソーシャルメディアの世界では、
人がよくて、正しいことをすることが必須(mandatory)
That’s because just about everything a company does is out in the open.
− なぜなら、会社のやっていることは、
  ほぼすべてが公開されている状態だからです。
be out in the open … 公表されている、明らかになっている
アグリーベティーのセリフにありました。
Not unless you want your own dirty laundry out in the open.
(秘密を守りたければ(邪魔をしないで))
↑ のポイントは、個人的には dirty laundry(身内の恥)

・… kindness is becoming the nation’s newest currency.
− 思いやりがこの国の最新の流行になりつつあると記していました。
currency に「流行」っていう意味があるんですね。

*But the pain that came with the recession has also led to a backlash against consumerism among millennials.
− でも、不況に伴う痛みもまた、
  2000年世代の人たちの間に大量消費への反発をもたらしました。
「伴う」という場合、come with で充分だなーと思う。
You can enjoy the benefits of private cars without having to bear burdens that come with ownership.
(所有に伴う負担を強いられることなく、マイカーの利点を享受できるのです。)
(13/05/15「実践ビジネス英語」)
もちろん ↓ も使えるようにしておく。
The boy was accompanied by his parents.
(その子は両親に付き添われていた)(ジーニアス)

*But money and humanity do not have to be mutually exclusive.
− でも、お金と相手を思いやることは相いれないものである必要はないのです。
mutually contradictory とも言える。(ジーニアス)
言えたらカッコよさそうだけど、
どんな時に使えるか、例すら頭に浮かばない。

5/23放送分
Companies that ignore this trend do so at their peril.
− この風潮を無視する会社は、そうすることによって、
  自らピンチを招いているのです。
at one's peril … 危険が及ぶ覚悟で
Marketers who ignore that particular megatrend, with all the opportunities it presents, do so at their peril.
(ソーシャルメディアというメガトレンドからはいろいろなチャンスが生まれるのに、
そのメガトレンドを顧みないマーケティング担当者は、自らピンチを招いているのです。)
(11/09/02「実践ビジネス英語」)
なんか英文が似てる。

*
stand out from the competition … 競合他社からぬきんでる、競合他社よりずっと優れている[目立つ]
stand out from the crowd の方は「人ごみの中でもひときわ目立つ」ということ。
(テキスト)

A company’s good deeds register more on consumers’ radar than its financial performance.
− 会社の業績よりも、会社のよい行いの方が、
  消費者のレーダーに映りやすいですからね。
on someone’s radar … (比ゆ的に)レーダーに映っている、視野に入っている
Most firms did not have CSR on their radar in the early ‘60s.
(11/10/21「実践ビジネス英語」の Daily Exercise)

↓ の単語、似てますよね。
This debt-ridden company is easy prey for a corporate raider.
(負債に苦しんでいるこの会社は、企業の乗っ取り屋の格好の餌食だ。)
(09/05/27「実践ビジネス英語」)

今日の重点事項:3


無事、「メンタリスト」3rd シーズンの視聴を終了いたしました。
まさか、あんな終わり方だなんてっ!

で、次に何を見ようか、さまよっていたらこんな懐かしい番組を発見!
FAWLTY TOWERS.PNG
何が懐かしいって、イギリスの cynical な笑いを理解するために、
ピッタリなコメディということで、昔の英会話の先生に
DVDを借りたことがあるんです、
ただし、字幕無しだったけど…。
試しに第一回を見てみたところ、上流階級に弱いイギリス人の側面が
描かれていました。
字幕があると、内容がホントによくわかるな〜。
たぶん、字幕無しの時は、全体の40%ぐらいしかわかってなかったな...。
字幕があるって素晴らしい〜!


去年の今頃、「実践ビジネス英語
Those clichéd expressions drive me up the wall too.
(そうした陳腐な表現には、私もたまらないほどうんざりしていますから。)
陳腐な表現とは“to be honest” や “between you and I” のこと。
こういう表現って、陳腐なのー?

*コメント、ありがとうございます。後ほど書き込みますね。
posted by ラジ子 at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月27日

cynic

「実践ビジネス英語」

「親切心と企業」って、ちょっと変わったテーマですね。

5/21放送分
ポール・ピアソンがいい人だ、という話題がビニェットの起点。
・... you’re the ultimate Mr. Nice Guy.
− あなたはこの上ないいい人だ、...
極度のお人よし」という意味にもなるとか。
11/12/01「実践ビジネス英語」のお人よし
..., you don’t want to tip them too much and seem like an easy mark.
(チップをはずみすぎて、お人よしととられるのもいけませんね。)

*I think he’s actually blushing.
− 現に、顔が赤くなっているようですよ。
↓ の彼女も、顔が赤くなってるんじゃないかな?
Her face burned with shame.
(彼女は顔から火が出るほど恥ずかしかった。)
(10/09/05「英語5分間トレーニング」)

*It’s not the first time I’ve been asked that question.
− その質問を受けたのは初めてではありませんから。
the first time と来たら、以下は現在完了形。
Is this the first time you’ve been asked to be a party planner?
(パーティーを計画する役目を頼まれたのは、これが初めてですか?)
(12/11/21「実践ビジネス英語」)

Well some cynics might quote the adage about nice guys finishing last.
− まあ、皮肉屋さんの中には、いい人は最後にゴールする、という
  格言を持ち出す人もいるかもしれませんね。
この格言、初めて聞きました。

cynic … 皮肉屋、冷笑家、すね者
At the risk of sounding like a jaded cynic , ...
(結婚生活に飽き飽きした皮肉屋のように思われるかもしれませんが、...)
(10/10/13「実践ビジネス英語」)
at the risk of sounding like は、ビジ英のお気に入り表現(だと思う)。

「いい人であることで、ビジネスがうまくいく」と言った
ピアソンに対するブレイクストーンの発言。
That’s never been truer than it is today.
それが今ほど当てはまる時は、これまでにないですね
以前、何度か聞いた ↓ と同じかな?
Truer words were never spoken.
(まさにそういうことですね。)
(08/12/04「ラジオ英会話」)

5/22放送分
*Millennials, for example, place a high premium on doing business with nice, caring people.
− たとえば、2000年代世代の人たちは、
  親切で気遣いのできる人たちとビジネスをすることを重要視します
millennials ブログ初登場時の英文
... Millennials feel cheated by the recession.
(ミレニアル世代の人たちはこの不況でひどい目に遭っていると感じている...)
(10/03/18「実践ビジネス英会話」)
若者のモノ離れに関するビニェットだったようです。

place(put) a premium on もビジ英は大好き。

*The 95 million Americans born between 1982 and 2004 (中略) have social media in their DNA.
− 1982年から2004年の間に生まれた9,500万人のアメリカ人(中略)の
  DNAにはソーシャルメディアが組み込まれています
Schmoozing isn’t in my DNA.
(もともとおしゃべりな性格ではありません。)
(12//05/25「実践ビジネス英語」)

若者とデジタルの関係を表すのに使われる別表現
For them, it’s second nature to text and talk at the same time.
(彼らにとっては、携帯メールと会話を同時にするのはごく自然なことです。)
(11/11/23「実践ビジネス英語」)

今日の重点項目:4


今月中に Hulu で「メンタリスト」の3rd シーズンを見終わるべく、
ラストスパート!
なんとか見終わることができそうです。
というわけで、最後の追い込み状態を表す表現で締めたいと思います。
Now she’s in the home stretch!
(彼女はこれからが最後の追い込みなんだ!)
(08/03/26「徹底トレーニング英会話」)


去年の今頃、「ラジオ英会話
His father-in-law pulled a few strings.
(彼の義父がコネを少し利用したのよ。)
コネ入社でした。
こういう縁故主義は nepotism であります。
posted by ラジ子 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

nagging

5/15「実践ビジネス英語」

Pride goeth before a fall.
(おごれる者は久しからず。うぬぼれは失敗の元。)
goeth でブログ検索したら1件ヒット。
Goethe 、人の名前なんですが、
なんと、詩人「ゲーテ」であった!

空手をやっていた友達ですが
*But she had to give it up because of a series of nagging knee injuries, ...
やっかいなひざのけがが相次いだので、空手をやめざるをえなかったのです。
nagging … しつこい、つきまとう
けが以外
But I still have a nagging question in my mind: ...
(でも、私の中には、どうにも消えない疑問が残っています。)
(13/08/22「実践ビジネス英語」)

*・... she’s the type of person who takes pride in her ability to ignore physical pain.
− 体の痛みをものともしないでいられることを自慢に思っているタイプの彼女 ...
プライドに喜びを追加 ↓
We take great pride and pleasure in having him join our team.
(彼をこのチームの一員として迎えることは、
私たちにとって大きな誇りであり喜びでもあります。)
(11/06/01「実践ビジネス英語」)

Yes, she’s taken up more gentle pursuits, ...
− ええ、もっと穏やかな趣味を始めました。
gentle の代わりに moderate でもよさそう。
5/14のビニェットには
We’ve got to (中略) do things in moderation.
(何事もほどほどにしなければなりませんよ。)
ありました。

*Your friend certainly proves that getting older is no laughing matter.
− あなたのお友達は、年をとるのは笑い事ではないことを
  はっきりと示していますね。
ヘザーさんによれば no joke でもオッケー。

When you laugh, the number of tumor-killing cells in your bloodstream increases.
− 笑うと、腫瘍を殺す、血流中の細胞の数が増加するのです。
主語が the number なので、動詞に s がつくというTOEICに出そうな動詞変化。
bloodstream は初めてメモ。

*And there’s also research that shows people who like a laugh are less susceptible to heart disease.
− それに、笑うのが好きな人は心臓病にかかりにくい、ということを
  示す研究もありますよ。
susceptible to … 〜にかかりやすい、〜の影響を受けやすい
反対の意味だと思う単語
I guess they’re not immune to the credit crunch, ...
(金融引き締め(中略)の影響を受けざるをえないのでしょうね。)
be immune to … 〜の影響を受けない

自分が病気で、自分のまわりの人に移してしまいそうな場合
I’m highly contagious right now.
(私は今とっても伝染しやすい状態にあるの。)
(06/04/3・4 「英会話上級」)

病気以外の contagious
The contagious donation movement is called the “Tiger Mask Phenomenon.”
(この流行の寄付運動は「タイガーマスク現象」と呼ばれています。)
(11/07/19「ラジオ英会話」)
そういえば、そんなニュースもありましたね。

今日の重点項目:4つ 


auspicious って単語、ありますよね。
suspicious に似ているという理由で、
個人的になんとなくネガティブっぽいイメージを持っていました。
この前、ESL で2週続けて auspicious が出てきたんですよ。

That doesn’t sound like an auspicious start. (第999回)
We didn’t have an auspicious start, but ... (第1000回)

2回続けて、となるとインパクトも大で、しっかり意味を覚えられた(気がする)。
でも、もともとラジオ講座で聞いて記憶に残っていたことが大事なのであーる。
In contrast, eight is considered an auspicious number in Chinese culture.
(それとは対照的に、中国文化では8が縁起のいい数字だと考えられています。)
auspicious … 吉兆の、さい先のよい、縁起のよい
(10/11/11「実践ビジネス英語」)
まだまだこれからも、いろんな単語を拾うぞー。


去年の今頃、5/16「実践ビジネス英語」
There’s a danger of succumbing to the temptation of immediate self-gratification, ...
(自分の欲求をすぐに満足させたいという誘惑に負けてしまう恐れがあります。)
私の場合、食の誘惑に関して言えば、勝率2割以下じゃないかな...。
posted by ラジ子 at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

let go

5/14「実践ビジネス英語」

人が死ぬまでに打つ「脈の数」は決まっている。
運動をするとたくさん脈打っちゃうから、早く死んでしまう。
ゆえに運動はあまりしない方がいい。
って聞いたことがあるんですけど、コレ本当?

*I thought that mellowing out came naturally with old age, ...
− 高齢になれば、(中略)自然に気分が落ち着いてくるものだと思っていましたよ。
年をとると丸くなる。
Our manager has mellowed out these days.
(最近、部長も丸くなったな。)
(09/05/10「英語5分間トレーニング」)

*But some people find it tough to simply let go and relax.
− でも、中には、素直に自分を解放してリラックスするのは
  難しいと感じる人がいます。
let go … 自制心を失う、はめをはずす
(プログレッシブ)
以前、当時の英会話の先生との会話中に “Let go!” と言われたときに
なんで let go の間に目的語がないんだろう?
とかなり不思議に思った記憶アリ。

*・..., stress can take years off your life.
− ストレスは(中略)寿命を縮めかねないからです。
14/05/09「実践ビジネス英語」で、ヘザーさんが説明していた
lose years off of one’s life
と同じ。
寿命が延びる方
Even walking 30 minutes a day can add years to your life, ...
(1日に30分歩くだけでも、寿命を延ばせる場合があります...)
(14/05/09「実践ビジネス英語」)

*There comes a time when you need to give up vigorous activities that can jeopardize your ability to walk, see or hear in your senior years.
− 高齢期には、歩行能力や視力、聴力を危険にさらしかねない激しい運動は、
  あきらめなければならない時がいつか訪れます。
vigorous に似た単語として strenuous を思いだし、
ブログ検索したら、こんな単語にヒット。
That’s such a grueling race.
(過酷なレースなんでしょう。)
(08/03/12・13「英会話入門」)

jeopardize がブログに1度も書かれていないことに驚く自分。
risk でもいいですよね。
When children start smoking, they don’t realize that they’re risking their health.
(子供たちが喫煙を始める時、彼らは自分たちの健康を
危険にさらしているのだということを理解していない)
(ジーニアス)

*・..., exercise is important, but we shouldn’t go overboard and hurt ourselves.
− 運動は大切ですが、やり過ぎて体を痛めるべきではありません。
類似表現
I’ve heard that some hospitals are even going to the extreme of hiring hand-washing coaches.
(手洗いのコーチを雇うという極端な手を打った病院まである、と聞きました。)
(14/01/24「実践ビジネス英語」)

今日の重点項目:5つ っていうか全部。


Huluでまだ見ていない「メンタリスト」の3rd シーズンが
14話も残っているというのに、本日すでに5/21!
6月は配信されないので、5月中に見られないと7月までお預け。
さあ、どーする、自分?
でも、見る時間がないのは、遊んでいるからなので自業自得です。
ナハ。

そんな中でも、オッと思った表現を「メンタリスト」からメモ。
素敵な女性とこれから会話をしようという元上司が
ジェーンにアドバイスを求めます。
Any tips?
(何かアドバイスは?)
Yes, you might wanna consider growing a beard.
(ヒゲを伸ばすといいかも)
アドバイスのときは might want to なのよね。
You might want to consider new flooring, cabinets, and countertops.
(フローリング、キャビネット、調理台を新しくしてはいかがかと思いますが。)
(13/08/06「ラジオ英会話」)
You might want to contact this guy.
(この人と連絡を取るといいわ。)
(11/08/12「英語5分間トレーニング」)
会話でサラッと言えたらカッコよさげ。


去年の今頃、5/15「実践ビジネス英語」
Money that used to be invested in home ownership is now up for grabs.
(かつては住宅の所有に充てられていたお金を、今では
あらゆる業界が取り込むことができますからね。)
be up for grabs … だれでも手に入れられる、容易に手に入る、だれにでもチャンスがある
grab される準備万端(up for) と思えば覚えられそうな気もする。
posted by ラジ子 at 11:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

euphemistically

「実践ビジネス英語」

Once a grump, always a grump.
(不平家はいつまでたっても不平家だということです。)
Once a 〜, always a.
は、会話で便利に使えそう。

5/8放送分
*But I’ve met more than my share of crotchety old grumps.
− でも私は、愚痴が多くて気難しいお年寄りに、人一倍出会ってきました。
share は「正規の取り分」という感じ。
I’m sure he’s seen his share of collisions.
(これまで、ずいぶん衝突事故を目撃してきたに違いないわ。)
(1999年度「ラジオ英会話」)
Oh, it has more than its share of things to do and see...
(それはもう、することや見るものに事欠かないところなんです。)
(06/07/14・15「英会話上級」)

You know, the kind who yell at neighborhood kids to get the H-E-double-hockey-sticks off of their lawn.
− ほら、近所の子供たちに、うちの芝生からとっとと出て行け、
  とどなるようなタイプですよ。
hockey-stick の形がL(エル)に似ている→ H-E-L-L
これ面白いけど、アメリカ人以外に通じるのだろうか。

5/9放送分
・... as you get closer to what are euphemistically known as the “autumn years.”
− 「人生の秋」とえん曲的に呼ばれる時期に近づいていくこと...
形容詞:euphemistic
名 詞:euphemism
番組で紹介されたえん曲表現は
let go fire
between jobs unemployed
辞書に載っていたのが
pass away die

・... as the years start to pile up.
年をとり始めて...
文字通り、年を「重ねて」いる。

They’re said to be the best source of antioxidants, which neutralize the oxidants that can damage cells and DNA.
− それらは、細胞やDNAを傷つけかねない酸化性物質を中和する
  抗酸化物質を摂るのに、いちばんいいと言われていますから。
「それら」とは、新鮮な果物や野菜のこと。
neutralize … 効力をなくす
先月末に復習した cancel out offset とイメージが似ている。

*Exercise is certainly a no-brainer for warding off the effects of aging.
− 運動は間違いなく、老化の影響を防ぐための、
  考えるまでもない簡単な方法です。
シニアに関するダイアログで頻出か?
cognitive exercises that help ward off senile dementia
(老人性の認知症を防ぐ効果がある知的訓練)
(09/08/19「実践ビジネス英語」)

*Even walking 30 minutes a day can add years to your life, ...
− 1日に30分歩くだけでも、寿命を延ばせる場合があります...
ヘザーさんの説明にあった
lose years off of one’s life
は、「驚いて寿命が縮まったよー!」
みたいなシチュエーションで使えるような気がする。
take years off of one’s life でもよし。
When the car brushed against my bicycle I felt as though it had taken years off my life.
(自転車が車に接触して寿命の縮まる思いをした)
(プログレッシブ)
よく考えると、これとほぼいっしょだった。
That hairstyle takes five years off of you.
(その髪型だと5歳は若く見える。)
(10/08/22「英語5分間トレーニング」)

今日の重点項目:3


「温故知新」学習で
It's a standing invitation.
(このご招待はいらっしゃるときまで有効。)
(06/05/1・2 「英会話上級」)
を ↓ で復習中に聞いて
自由自在の英会話 遠山顕の英会話上級 (NHK CDブック) [単行本] / 遠山 顕 (著); NHK出版 (刊)
ふと思い出した、お友達のブログ記事
montoさんstand という動詞の「動かない」ニュアンスについて
書いた記事です。
standing invitation も「動かず、ずーっとある」から
期限なしの招待」という意味になるんだな、とナットク。
montoさんのブログって、アカデミックです。


去年の今頃、5/10「実践ビジネス英語」
We’ve always been a culture that places a premium on owning stuff ― the more, the better.
(この国の文化はこれまでずっと、手に入れるものが多ければ多いほどよいという、
物を所有することに重きを置く文化でしたからね。)
世界的に「物離れ」は進んでいるのか、いないのか?
posted by ラジ子 at 12:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月13日

suck

「実践ビジネス英語」

「年をとる」ビニェットに、心底共感しながら聞けるのは、
50才以上なんじゃないかな。

5/7放送分
*Getting old really sucks, doesn’t it?
− 年をとるのは本当にいやですね
suck … (物事が)最悪である[不快だ]
ついに NHKラジオ講座にも suck が現れた!

*I guess I was in denial about aging.
− 私は、年を重ねているという現実を否定していたようです。
... he was in deep denial.
(彼(は)自分の非を頑として認めない)
(09/06/18「実践ビジネス英語」)
be in denial は、Huluで配信が始まった「メンタリスト」の3rd シーズンで
ジェーンが言っていたのを確認済み。

*But when I celebrated my 43rd birthday a couple of weeks ago, it really hit me: I’m officially middle-aged.
− でも、2週間前に43歳の誕生日を祝った時に、それを実感しました
  私は、年齢から言えば中年なのですよね。
It hit me. … 実感した。わかった。
5/6のブログに貼った DIRTY LOOPS の曲名が”Hit Me” だったわ〜。

実感系 hit
The lyrics really hit home for me.
(その歌詞がもう胸にぐっときたんだ。)
X hits home for Y … X が Y の胸にぐっとくる、Y が X を痛感する、Y が X に感銘を受ける・感動する
(13/04/16「ラジオ英会話」)
hit だけ」の場合と、意味的な違いはあるのだろうか?

*I think it’s important to make the best of life as you grow older, ...
− 年を重ねるごとに人生を最大限に生かすこと(中略)が
  大切だと思いますよ。
【復習】
make the most of 〜:有利な条件をうまく利用する
make the best of 〜:不満足な事情・条件を受け入れてその中でベストを尽くす
年を重ねること → 不満足な条件というわけですな。

Age is an equal-opportunity attacker.
− 老化は平等にやって来ます
初めて聞いた。

Now that I’m in my 50s, I don’t have the same vim and vigor I had just a few years ago.
− 今や50代の私には、わずか数年前と同じ活力はありませんね。
ヘザーさんが old-fashioned と言っていた。
ユーモラスに使うことを知っていることが大事。
Looks like we’re all full of vim and vigor today.
(今日はみんな元気いっぱいのようですね。)
(10/09/30「実践ビジネス英語」)

5/8放送分
*Just the other day, my right knee started throbbing out of the blue.
− つい先日は、右ひざが突然ズキズキと痛み出しました。
頭痛なんかでよく聞くけれど、今後はひざの痛みを表すのに使いそう。

*I mean what older folks tell me about becoming more tolerant, less prone to anger and more easy-going.
− つまり、高齢の人たちの話では、より寛容になり、あまり腹を立てなくなり
  総じてもっとおおらかになることです。
prone to は好ましくない傾向について言うんですよね。
Are you prone to muscle cramps?
(筋肉がつりやすい?)
(13/09/12「ラジオ英会話」)

今日の重点項目:6


最近の温故知新学習は、遠山先生の上級。
自由自在の英会話 遠山顕の英会話上級 (NHK CDブック) [単行本] / 遠山 顕 (著); NHK出版 (刊)
聞くたびに新しい発見がちょいちょいあるんですよ、
別の言い方をすれば、勉強法が雑とも言えるわけですけども...(汗)

例えばこの英文。
仕事が忙しくて、洋服にまで気を付けていられない人のセリフ。
I guess my hectic schedule is telling on me.
(ハードスケジュールが響いているようだな。)
is telling on me … 〜が私(の健康や仕事ぶり)に響いている
こんな言い方があるんだな〜、と思って英辞郎を調べてみたら、
tell on の例文がまさに agingドンピシャ!の内容であった。

追い風吹いてる〜。


去年の今頃、5/9「実践ビジネス英語」
The way Jane sees it, renting toys helps her get rid of clutter around the house.
(ジェーンの考えでは、おもちゃをレンタルするのは、
家が物であふれかえらないようにするのにいいそうです。)
この英文を読んで、ビニェットの内容をなんとなく思い出しました。
posted by ラジ子 at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

lose it

「実践ビジネス英語」

再放送週なので、巻末「Our Magical World」より。

ECLIPSE
・... knowing and experiencing are two different things.
− 知っているの経験するのはまったく違います
この表現、便利に使える。
But carrying a bit of extra fat and being obese are two different things.
(とはいえ、余分な脂肪が少しついていることと、肥満であることは、違うのです。)
(12/09/27「実践ビジネス英語」)

Something inside of me clicked and I totally lost it.
− 私の内側の何かがカチッと音を立て、私はすっかり理性を失ってしまいました
click って、こういう使い方もあるんですね。
↓ 自動詞ならこっちがおなじみ。
They instantly click.
(2人はすぐに意気投合する。)
(12/04/04「ラジオ英会話」)

lose it … 平静さを失う、カッとなる、笑い・涙などをこらえきれなくなる
Losing it in front of your colleagues means you lose face.
(同僚たちの前で怒りを表に出せば、面目を失うことになりますから。)
(13/05/30「実践ビジネス英語」)

it がもともと組み込まれている表現ってけっこうありますね。

But I’m sure this one will make it as a great actor in the future.
(でも、きっとこの子なら将来すばらしい俳優として成功するわ。)
(11/03/26「英語5分間トレーニング」)

I've got to hand it to you.
(ご立派ですね。)
(06/08/7・8「英会話上級」)

Get with it, Dad!

(しっかりしてよ(流行についてきてよ)、お父さん。)
(07/10/17・18「英会話上級」)

Realistically speaking, can we really bring it off?
(現実的な話、本当に成し遂げることができますか?)
(08/01/30・31「英会話上級」)

Do you think you can pull it off?
(うまくやれそうですか?)
(10/04/01「ラジオ英会話」)

I shouldn’t hold it against her.
(彼女を恨むべきではないわね。)
(13/04/08「ラジオ英会話」)

I didn’t know she had it in her.
(彼女にこんな才能があるなんて知らなかったわ。)
(1999年度「ラジオ英会話」)

他にもいろいろありそう。

今日の重点項目:全部


実はなんだかんだで、今年も小学校で英語を教えておりまして、
今年も給食を食べながら、新ALT(T先生)と
他愛ない雑談をしています(in English)。

この前、おいしいパスタの店の話をしていて、
T先生が「○○駅ビルの first floor の店だね」と言うので、
「いや、second floor だよ」と反論、それでも
Definitely first floor.」と言い張るんで、おかしいな〜と思っていたら、
「イギリスでは first floor だから...」

おー、忘れとった!
T先生はイギリス人だったのです。
中学生向けの英語の教科書に書いてある、
英米の違いを紹介する笑い話を、地でいってしまった。(汗)

本日ブログ冒頭の
Knowing and experiencing are two different things.
みたいな実話で、やっぱり経験すると記憶にも定着しやすいこと、間違いなし!
もっと英語での経験値上げたいな。


去年の今頃、お休み。
posted by ラジ子 at 10:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月30日

arable land

4/24「実践ビジネス英語」

再放送週は、なんとなくダラける。

*They’re especially down on indoor vertical farms, because the high-energy consumption due to grow lights can cancel out the environmental or financial benefits of eliminating transportation costs.
− 彼らはとりわけ屋内の垂直農園を批判していますが、その理由は、
  育成用照明による大量のエネルギー消費が、移送費用の削減の
  環境的・財務的利益を相殺しかねないからです。
長い…。
be down on … 〜を責める、〜につらく当たる
似ている表現
Now, don’t be too hard on yourself, Ron.
(もう、自分をそんなに責めないでください、ロン。)
(13/11/07「実践ビジネス英語」)

cancel out … 相殺する、無効にする
この日cancel out offset の復習をしているんで、よかったらどうぞ。

・… we face the prospect of running out of arable land.
− 私たちは、耕作地が不足するという見通しに直面しています。
arable land → “荒ぶる land
だとすると、作物を耕作するのには適さない。

I don’t realize that getting dirt under your fingernails had become a viable career option for young Americans.
土で爪を汚す仕事が、若いアメリカ人にとって有望な進路の
  一つになっていたことに、私は気づいていませんでした。
get dirt under one’s fingernails … (爪が汚れるほど)土にまみれる
爪の内側に土が入り込む、という状況ね。

viable … 実行できる、実現可能な、成功しそうな
TOEIC とか英検に出そうな単語。

viable でブログ検索したら引っかかった単語
..., Brian is a great manager with an enviable list of career achievements.
(ブライアンは、うらやましいほどの数々の業績を上げた、優れたマネージャーです。)
(12/08/08「実践ビジネス英会話」)

今日の重点項目:1


最近はリスニングにフォーカスしてるんで、
自分でもリスニングはまあまあなんじゃないか、
と思い込んでいたわけですが、見事に打ち砕かれた出来事がありました。

4/28、TOTO Live at 武道館に参戦、
32年ぶり(!)に彼らの生演奏を聴きました。
で、スティーブ・ルカサーのMCが速いこと速いこと。
ところどころ、「こう言ってるのかな〜?」と
想像力を働かせて意味をつなげざるを得ないところがあって
自分にちょっとガッカリ。
100%ラク〜に聞き取れた、というわけにはいかなかったです。

でもでも、
ものすごーく楽しいライブでした。
観客は、白髪混じりの元ロック少年達が、
会社帰りにスーツのまま来ちゃった、という感じの人が多かったです。
見た目はおじさん、ハートは少年、(コナン風)
っぽくって、いい雰囲気だったな〜。

個人的にはTOTOの中で好きな曲TOP5に入るこの曲が聴けて
うれしかった!

サビの
I can't stop loving you, time passes quickly and chances are few
I won't stop till I'm through loving you, girl

をいっしょに歌ってくれ、と言われて、大声で歌ってきました。

トータルとしては、
やっぱり、英語の勉強しておいてよかった!と思いましたよ。


去年の今頃、4/24「実践ビジネス英語」
A little accent can sometimes go a long way.
(わずかななまりでも、大いに役立つこともありますね。)
まんま覚えたけど、意外と覚えにくい表現ですよね。
posted by ラジ子 at 12:48| Comment(6) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月28日

sprout up

4/23「実践ビジネス英語」

1週間の再放送期間は、Podcast や Hulu がありがたい。
なんかしら英語を聞かなくちゃ。

垂直農法の流行についての質問に対して、
*Yes, they’re sprouting up all over the place.
− ええ、至るところで急成長しています
芽が出てます。

杉田先生も紹介、きのこバージョン
Convenience stores are popping up like mushrooms in this area these days.
(最近、この地域ではコンビニが雨後の竹の子のようにどんどんできている。)
(11/06/27「英語5分間トレーニング」One-Pointers)

そして、2つの合体バージョン。
And once it caught on that Japanese food was good for the health, Japanese restaurants began sprouting up in foreign lands like mushrooms.
(日本食は健康にいいということが広まると、日本食レストランが雨後の筍のように、外国に乱立するようになりました。)
(08/03/3・4年「ラジオ英会話上級」)

In fact, the trend has caught on to the extent that a company in upstate New York is doing a booming business
− 事実、その流行は拡大していて、ニューヨーク州北部のある会社が、
  (中略)大繁盛するまでになっています。
to the extent that … 〜の程度まで
The patient was emaciated to the extent that he required special treatment.
(患者は特別扱いを必要とするほど衰弱していた)
(ジーニアス)
ジーニアスによれば、↑の例文は
The patient was so emaciated that … と書き換え可能。

垂直農園が室内にある場合、
*That means their produce gets the organic seal of approval.
− つまり、彼らの農産物はオーガニックであるとのお墨付きを得るということです。
Foundation, mascara and “discreet” lipstick get the bank’s seal of approval.
(ファンデーションとマスカラ、そして「控えめな」口紅は認められているのですね。)
(11/06/29「実践ビジネス英語」)
ある銀行では、以上のメイクが認められている、という話題。
seal of approval … 承認、認可
stamp of approval という言い方もかつて習った、と
ブログに書いてありました。(汗)

*What’s their productivity like?
− 彼らの生産性はどの程度ですか?
このパターンは本当に使える!

・… an attention-getting design fad that won’t put down roots in the long run.
− つまり人目を引く設計が一時的に流行しているだけであり、
  長期的には定着しないと思っているのです。
put down roots … 定着する
take root (根付く、定着する)は単数形なんですよね。

root が入らない根付き系
It’s something that seems to be deeply ingrained in our culture.
(これは、私たちの文化に深く根づいていると思われることなのです。)
(13/03/7「実践ビジネス英語」)

ある意味、根付きの逆
I felt bad about the way we’d uprooted Steve from his familiar surroundings, sacrificing his equilibrium for the sake of our careers.
(スティーブを慣れ親しんだ場所から無理に引き離し、私たちの仕事のために彼の心の平静を犠牲にしてしまったことを、私はすまなかったと感じていました。)
uproot someone from … (人)を〜から(無理に)引き離す
(13/07/04「実践ビジネス英語」)

今日の重点項目:3


alive and kicking復習中alive and well の方が頻度が高いことを
思い出したわけですが、「温故知新」本にありました。
遠山顕の英会話中級思いが伝わる英会話 (NHK CDブック)

遠山顕の英会話中級思いが伝わる英会話 (NHK CDブック)

  • 作者: 遠山 顕
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2008/02
  • メディア: 単行本


I’m thrilled to be alive and well.
(命があって健康だということは心の底からうれしい!)
私も、ひょっこり会えて、うれしいよ〜。


去年の今頃、「ラジオ英会話
この日のブログの中では、過去の復習からの overtake
一番使える単語な気がした…。
I predict that sooner or later soccer will overtake even football in popularity.
(サッカー人気は遅かれ早かれフットボールさえしのぐに決まってる。)
overtake … しのぐ、追い抜く、上回る
(07/07/9・10「英会話上級」)
posted by ラジ子 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月24日

compost

「実践ビジネス英語」

vertical farming で作られた野菜って、
なんとなく底力に欠けそうな気がする。

4/17放送分
*All the organic waste the farm produces is composted and recycled, and very little electricity is used to power the whole set-up.
− その農園が出す有機廃棄物はすべて、たい肥にして再生利用されますし、
  装置全体を稼働させるのに使われる電力も、ごくわずかなものです。
compost … 堆肥を施す、〜から堆肥を作る

名詞
But in an airless compost heap, they tend to remain intact.
(でも空気のない堆肥の山の中では、元の状態のままになる場合が多いんだよ。)
(1998年度「ラジオ英会話」)

power … 電力を供給する、〜を電力で動かす
The motor is powered by a solar battery.
(モーターは太陽電池によって作動している)(ジーニアス)

4/18放送分
The jury is still out on these new urban-based farming techniques.
− 都市を拠点とするこれらの新しい農業技術については、
  まだ評価が定まっていません
年に一度ぐらいは聞いている。
The jury is still out on this question, apparently.
(この問題に関しては、まだ結論が出ていないようですね。)
(13/08/09「実践ビジネス英語」)

・… our competitors don’t steal a march on us.
− 競合他社に出し抜かれないようにする…
steal a march on … 〜を出し抜く、〜に先んじる
08/12/16「入門ビジネス英語」の
competitors might well steal the march on the Japanese ...
(競合他社に出し抜かれ…)
と、ほぼ似ている。

出し抜く(抜かれ)系
Or you can’t plug in your computer because an earlier bird has beaten you to your wall socket.
(早起きした人に先を越され、いつも使っていた壁のコンセントに自分のコンピュータのプラグを差し込めないとか。)
(07/08/29・30「ビジネス英会話」)
He got the jump on me.
(彼に出し抜かれた。)
(11/05/29「英語5分間トレーニング」)
他にもいろんな言い方がありそう。

*locavore … 地元食材愛好家
localvorelocavore
11/06/02「ラジオ英会話」では、
insectivore … 食虫動物
なんていうのも習っていました。
carnivore … 肉食動物 / herbivore … 草食動物 / omnivore … 雑食動物
のグループに、追加しておこう。

今日の重点項目:2


ちょっとうっかりしていて、メモするのを忘れた表現があるので、
ここで復習。

4/4「実践ビジネス英語」
Some of my friends view going to the gym with about the same enthusiasm as going to the dentist.
− 私の友人の中は、ジムに行くには、歯科医に行くのとほぼ同じくらいの
  情熱が要る
と考えている人もいますから。
つまり、「あまり魅力的ではない」(テキスト)
テキストに紹介されていた、
同じような使い方をする表現を復習したかった。
For frequent flyers, taking the plane is about as glamorous as taking the bus.
( 頻繁に飛行機を利用する多くの人にとって、飛行機に乗ることはバスに乗るのと同じくらいの魅力しかありません。)
(10/08/25「実践ビジネス英語」)
ただし、歯医者に行くこととか、バスに乗るのがものすごーく好きな人には、
向いていない表現。


去年の今頃、「実践ビジネス英語
More people in various walks of life all over the world have to learn at least basic English, which is now the de facto lingua franca.
(世界中のあらゆる業界のもっと多くの人たちが、少なくとも基礎的な英語を
習得しなければなりません。英語は今では、事実上の国際共通語ですから。)
そうか、私は英語と言うよりも、国際共通語を学習中なのか。
posted by ラジ子 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月22日

irrigate

「実践ビジネス英語」

「垂直農法」って聞いたことありました?

4/16放送分
But besides culinary excellence, Singapore is making its mark in another field these days: vertical farming.
− でも、最近のシンガポールは、料理がとびきりおいしいことのほかに、
  もう一つの分野でも有名になりつつあります。
culinary と Daily Exercise の入れ替え単語、gastronomic
マーシャ先生の講座で覚えました。
They came up with the greatest culinary invention―the pizza pie!
(ピザパイという料理の中の最高の発明を考え出したのは、彼らなんだからね!)
culinary … 料理の
(1999年度「ラジオ英会話」)
Not exactly the stuff of gastronomic inspiration.
(食欲が出るような材料とは言えないわね。)
gastronomic … 美食法の
(1999年度「ラジオ英会話」)

make one's mark … 名を成す、有名になる、成功する
mark が印(しるし)なので、mark がついて目立って成功の図式。
He made his mark as a pianist in the 1920s.
(彼は1920年代にピアニストとして有名になった)(ロングマン)

*A local entrepreneur realized that people would pay a premium for fresh, locally grown produce, ...
− 地元のある起業家は、人々は地元産の新鮮な農作物
  に割高な料金を払うことに気づいたのですが、…
pay a premium … 〜に対して割り増し料金を払う
... passengers who will pay a premium for tickets, ...
(チケットに余分にお金を出してくれる乗客)
(12/12/13頃の「実践ビジネス英語」)

東方神起のライブでも、プレミアムシートって、一般の席の2倍ぐらい払うんですよ。

一時期「実ビジ」でよく聞いた premium
They’re putting a premium on access to art, culture, entertainment and fine dining over family life in the suburbs.
(彼らは、郊外での家庭生活よりも、芸術、文化、エンターテイメントや高級料理を楽しむことを重視しています。)
(13/06/27「実践ビジネス英語」)

4/17放送分
The trays containing the soil and vegetables rotate so all the plants receive equal exposure to the sun.
− 土と野菜の入ったトレーが回転するので、すべての植物は等しく太陽を浴びます
↑ は自動詞。
↓ は他動詞。
Then they rotate me back here to headquarters for a year or two before I get reassigned.
(そのあとは、本社に呼び戻されて一、二年過ごし、
次の任地に向かうことになるようです。)
rotate … (他動詞)交替させる(自動詞)輪番で行う
(06/10/6・7「ビジネス英会話」)

exposure って語学つながりでけっこう使われますよね。
my exposure to the language.
(その言語初めて接したこと)(ジーニアス)

At the vertical farm I saw, all the water that’s used to irrigate the crops is recycled and filtered before returning to the plants.
− 私が見た垂直農園では、作物栽培の灌漑に使われるすべての水は
  再循環され、ろ過されて植物に戻されます。
irrigate the crops … 作物の灌漑をする、作物に水をやる
irrigatewater(水をやる)の農作物編、てとこかな。

filter と言えば、これを習ったばかり。
It filters out traffic noise and other urban sounds that can disturb your sleep.
(通行車両の騒音など、あなたの眠りを妨げかねない都会の音を取り除いてくれます。)
(14/03/20「実践ビジネス英語」)

続きは次回。

今日の重点項目:1


土日に横浜へ出かけたとき、
2か所で見かけた長い行列をたどっていくとその先にあったのが
コレコレ
この前、渋谷に行った時のココの行列もすごかった。

今、都会では、パンケーキの病 が going around だな、とつくづく思った。

しかし、なぜ今、パンケーキなのか…。
ホットケーキじゃダメ?
いつか確認のため、調査せねば。(結局食べるのか!?)


去年の今頃、「ラジオ英会話
The lyrics really hit home for me.
(その歌詞がもう胸にぐっときたんだ。)
BUMP OF CHICKEN の曲って、歌詞がいいんですよ、ホント。

*Daddyさん、ありがとうございます。
posted by ラジ子 at 11:05| Comment(7) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月17日

take a leaf from someone's book

4/10「実践ビジネス英語」

前回ブログタイトルの antidoteanecdote(逸話)によく似てますね。

*The adult playground trend has caught on in a big way in the U.K. in the last few years.
− 大人の遊び場の流行は、イギリスではここ数年でかなり拡大しました
catch on … 人気を得る、流行する、ヒットする
学習再開直後、岩村先生の講座で習ったな〜。

*So the Chinese government hit upon the idea of playgrounds for adults with modern gym equipment.
− そこで中国政府は、最新のジム用器具を備えた
  大人の遊び場というアイデアを思いついたのです。
Daily Exercise では come up with で言い換えていました。

And now companies and local governments in Britain have taken a leaf from China’s book.
− そして、今では、イギリスの企業や自治体が中国を手本にしているというわけです。
leaf は「(書物の)1枚」のこと。(テキスト)
leaf = 書物 つながり
Jack has turned over a new leaf and is on the straight and narrow.
(ジャックは心を入れ替えて、品行方正な生活を送っているのです。)
turn over a new leaf … 心を入れ替える、心機一転する
(10/10/01「実践ビジネス英語」)

今日は基本に立ち返ってるな〜。

That’s another exercise alternative for gym-allergic adults.
− それは、ジム嫌いの大人が運動するための、もう一つの代替方法です。
gym-averse(4/4) っていうのもありましたね。

Its proponents say urban living has reduced our ability to move effortlessly and spontaneously like we used to in natural settings.
− これを提唱した人たちに言わせると、自然環境の中で
かつてやっていたように、難なく自然に体を動かす私たちの能力は、
都会生活によって低下してしまったのです。
proponent … 提唱者、支持者

ここの reduce は、前回メモした lessen と入れ替えてもいいだろうか。

spontaneously
… 無意識のうち[自然]に
↓ ヘザーさんの前任者、クリス松下さんがやめる時の「お別れメッセージ」。
I used to go to Sugita-san’s office to discuss comments for the broadcast, but after a few years, we learned to work together spontaneously.

*I don’t think I’m up to that.
− そんなことは私にはできないと思うので。
そんなこと → 木登り。
be up to … 〜をやりこなせる
06/12/8「徹底トレーニング英会話」
I think he’s up to the job.
(彼はその仕事に向いてると思うんだが。)
を習った時に
up to は数式のイコール(=)みたいなもの
と持論を展開していました。
live up to / come up to の「〜に応える」とか
be up to par の「標準に達して、体調が普段どおりで」
up to も = と考えてよさそう。

こっちも合わせて覚えておくと便利。
I appreciate the thought, but I'm not up for it today.
(気持ちはありがたいけれど、今日はその気になれないんだ。)
(06/04/10・11 「英会話上級」)
be up for …〜をする気力[元気]があって、〜したい、〜に乗り気で
I'm not up on the latest fashions, ...
私は最新のファッションにうといので、...
be up on … 〜に通じている、〜をよく知っている
(06/09/15・16「英会話上級」)

*You don’t know until you try.
やってみなければわかりませんよ
これはこのまま覚える。

今日の重点項目:4


antidoteanecdote も似てるけど、
conversationconservation もかなり似てますよね。
この前、ブログに↑の2つを間違って書いてしまって、
後からこっそり直しました…。(証拠隠滅ずみ)

ESL Podcast を聞いていて、「これも似てるな〜」と思ったのが
snub snob
プログレッシブによると、語源的にも近いものがあるらしい。
The snob snubs those people.
(そのお高くとまったヤツはその人たちを冷たくあしらう)
のように覚えることにして、新しい単語をひとつ捕獲。
わーい。


去年の今頃、4/10「実践ビジネス英語」
”Beautiful day, isn’t it?” is a good opening line that fits almost all occasions.
(ほとんどの場合に使える便利な最初のひと言は、「いいお天気ですね」です。)
天気の話題は、世界中で雑談の鉄板ネタということ。
posted by ラジ子 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

antidote

4/9「実践ビジネス英語」

音楽のライブに行くと、けっこうカロリー消費して、いい運動になります。
毎週ライブがあったらいいのにな〜。(音楽のジャンルにもよるか...)

*I’m going to spread the word among my couch potato friends.
− カウチポテト族の友人たちに広めてあげるつもりです。
spread the word … 知識・情報を広める[言いふらす]
spread 関係
spread one’s wings … 活動の幅を広げる、自分の力を試してみる
(08/12/17「実践ビジネス英語」)
stretch(spread) oneself too thin … 手を広げ過ぎる
(14/02/26「実践ビジネス英語」)
spread like kudzu …クズのように急速に拡大する
(2014年1月「実践ビジネス英語」テキスト巻末「Our Magical World」)

Adult playgrounds are a practical application of what’s known as “nudge theory.”
− 大人の遊び場は、「ナッジ理論」として知られるものの一つの実用化です。
application … 応用すること、利用(ジーニアス)
名詞で、この意味では使ったことないかも。
動詞
Like learning how to apply theory to real-life situations.
(たとえば、理論実際の状況に応用する方法の習得ですね。)
(13/03/13「実践ビジネス英語」)

「ナッジ理論」の説明っぽい英文。
*Because people are inherently lazy, they often need to be gently guided, or nudged, in the right direction.
− 人は本来怠け者なので、正しい方向に優しく導かれる、つまり、
  それとなく促される必要がたびたびあるのです。
directionright との組み合わせ多し。
That’s a step in the right direction.
(それは正しい方向への第一歩だ。)
(13/03/07「ラジオ英会話」)

*Adult playgrounds are also a great antidote to isolation
− 大人の遊び場はまた、優れた孤立化対策でもありますし、…
antidote … 解毒剤、解決方法、防御手段
laughter, the antidote to stress
(笑い、それはストレスの対抗手段)
(ロングマン)
ロングマンによると
something that makes an unpleasant situation better
だそうなので、完全に解決してくれるもの、ってわけではなさそう。

It can help prevent or lessen obesity, depression, heart disease, diabetes and loss of memory.
− 定期的な運動は、肥満、うつ病、心臓疾患、糖尿病や記憶障害を
  予防したり軽減したりするのに役立つ可能性があるのです。
lessen は意識的にメモしているわりに、全然自分で使わない…。
reduce で事足りているからか?
The huge amount of mental energy we expend in performing our various cyber-tasks lessens our ability to resist the temptation to overeat.
(私たちはコンピュータ・ネットワークを使ったさまざまな作業をするのに
膨大な精神的エネルギーを使うので、食べ過ぎたくなる衝動を抑える能力が
低下してしまうのです。)
(13/12/25「実践ビジネス英語」)

今日の重点項目:3


気が向くと、昔習ったラジオ講座の内容をまとめたCDBOOKで
「温故知新」学習を実践しているわけですが、最近はコレ。
遠山顕の英会話中級思いが伝わる英会話 (NHK CDブック)

遠山顕の英会話中級思いが伝わる英会話 (NHK CDブック)

  • 作者: 遠山 顕
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2008/02
  • メディア: 単行本


Wiki で調べたら、「英会話中級」って2005年10月から半年間やってたんですね。
今日、聞いていて、「あ〜、習ったなぁ。」と思い出した表現。
Do you think she’s just leading him on?
(彼女、彼をもてあそんでいるだけだと思う?)
lead on … 〜をだます、おもちゃにする
あぁ、私も一度、ナイスガイをもてあそんでみたかったゎ…。
I wish I could have led a nice guy on.


去年の今頃、「ラジオ英会話
They’ve always favored her!
(2人はいつでも彼女がかわいいのよね!)
「えこひいき」表現が他に2つ書いてありました。l
posted by ラジ子 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

seedy

「実践ビジネス英語」

ニッセンのセリフによると、ニューヨーク市では、
子供といっしょでないかぎり、大人が遊び場に入るのは禁止されているそうで。
大人だって、ブランコに乗りたい日もあるのにね。

4/3放送分
Besides keeping a tally of all the avian species they’ve spotted, …
− キャンパーは、見つけた鳥の種類すべての記録を取るほか、…
keep a tally of … 〜の記録をつける、〜を把握する
tally の代わりに record でもいけそう。

こっち ↓ は時間の経過を伴う記録でしょうか?
Are you keeping track of your spending?
(あなた、支出を記録しているの?)
(13/05/20「ラジオ英会話」)

・… after a dinner featuring scrumptious local dishes like lobster, …
− ロブスターをはじめ、その土地ならではのとてもおいしい料理が
  魅力の夕食会のあとには、…
featuring を食べ物にも使うんだなぁ。
feature … 〜を特色として持つ、〜の特徴がある

バードウォッチャーのコリンズのお父さんが、
鳥類学者から講義を聞くと知って、マクミランが言ったセリフ。
*Seriously, though, I’m sure your father will be in his element.
− でも、真面目な話、きっとあなたのお父さんは、水を得た魚のようになることでしょう。
この本 ↓ にもあります。
日本人でも超えられるネイティブ英語の壁 (ダイアローグプラス) [単行本] / 藤浦 文夫, ニコラス ハワース (著); Nikolas Howorth (原著); 旺文社 (刊)
You really looked like you were in your element.
(君は本当に水を得た魚のようだったね)

*I’m kind of hoping he finds a female of a nonavian species who triggers his interest, …
− 父の関心を引く、鳥ではない種の雌を見つけてくれたらと願っていますが。
別の単語
future financial security piqued her interest, I guess.
(将来の経済的保障というのが彼女の興味を引いたのでしょう。)
(09/05/21「実践ビジネス英語」)

I will refrain from any crass puns involving birds.
− 鳥にまつわる下品なダジャレは、やめておきますよ。
curt and crass で「ぶっきらぼうでがさつな
(07/11/7・8「ビジネス英会話」)
鳥の下品なダジャレって何だったんだろう…。

両親を大人の遊び場に連れて行ったニッセンの弁解。
*I’m not talking about taking mom and dad to some sort of seedy club.
− 母と父を、ある種のいかがわしいクラブに連れていくという話ではありませんから。
seedy … いかがわしい、怪しげな、評判の悪い
It looks a little seedy.
(ちょっとみすぼらしい。)
(10/07/08「英語5分間トレーニング」)

「いかがわしい」といえばこの英文
Times Square is notorious for being the seediest district in the city.
(タイムズスクエアは市内でも最もいかがわしい地区として悪名高いのに。)
(2001年度「ラジオ英会話」)

4/4放送分
大人向けの遊び場は
They get people off their sofas and into the outdoors
− 人々をソファから立ち上がらせて、戸外へと向かわせるのです。
似た感じの英文
Why is it so hard for people to get off their backsides and into shape, anyway?
(そもそも体を鍛え始めることが、どうしてそんなに大変なのでしょうか。)
(12/07/19「実践ビジネス英語」)
get off one’s backside … 行動を取り始める、怠けるのをやめる
One is “Move it to lose it,” which helps me get off my butt and head out to the gym early every morning.
(一つは「減量には動け」というもので。毎朝早く、ぐずぐずしていないでサッとジムへ向かうのに役立ちますね。)
(12/09/19「実践ビジネス英語」)
get off one’s butt … さっさと取りかかる、ぐずぐずせずにやる
backsidebutt も「お尻」。

・… stemming the rise in obesity and related ailments.
− 肥満とそれに関連した病気の増加に歯止めをかける
stem the ill effects … 悪影響を食い止める
(07/10/15・16「英会話上級」)
別の意味の stem
In adults, less than seven or eight hours of sleep can stem from hypertension, diabetes or severe depression.
(睡眠時間が7,8時間に満たないのは、高血圧や糖尿病や深刻なうつ病が原因である可能性がありますね。)
stem from … 〜が原因である、〜に由来する

今日の重点項目:3


前に「英語5分間トレーニング」で習った、
プロレスラーみたいな単語、 hunky-dory
「私はラブリーガル」に出てきました。
Everything seems hunky-dory.
(完全にラブラブね)
へ〜、使うんだね〜。
↓ この本でも、英辞郎でも、 
日本人でも超えられるネイティブ英語の壁 (ダイアローグプラス) [単行本] / 藤浦 文夫, ニコラス ハワース (著); Nikolas Howorth (原著); 旺文社 (刊)
everything との組み合わせでした。
なぜプロレスラーを思い出すのか?
きっと、この人のせい。
もう73歳か…。


去年の今頃、「実践ビジネス英語
You have to consciously develop it and have something interesting to contribute.
(意識してこのスキルを磨き、会話に役立つ興味深い話題を
準備しておかなければなりません。)
雑談力の話でした。
posted by ラジ子 at 22:16| Comment(5) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月08日

live out one's childhood dream

「実践ビジネス英語」

大人(シニア)のサマーキャンプでも、恋愛って生まれるのかな?

4/2放送分
アリス・コリンズのお父さんがサマーキャンプへ。
*He’s enrolled himself in a summer camp for adults
− 父は、大人のためのサマーキャンプに登録していて、…
enroll oneself in … (クラスなど)に登録する、〜に参加する
同じ意味で enroll in という自動詞もあるんですけど、なんか違いがあるんでしょうか。

4/3の放送には
*So he’s signed himself up for a bird-watching and conservation camp on the coast of Maine.
− そこで父は、メイン州の海岸でバードウォッチングと自然保護を行うキャンプに申し込みました
sign oneself up for … (署名して)〜に申し込む[参加する、入会する、登録する]
がありました。
自動詞
Some of the kids from last year have signed up again.
(去年来ていた子どもたちの中の何人かが、また登録しているよ。)
(2001年「ラジオ英会話」)

大人のためのサマーキャンプって、冗談ですよね、と言われて
No, I’m as serious as a heart attack.
− いえいえ、心臓発作と同じくらい大まじめですよ。
asas シリーズにこういうのがあったんですね。

大人向けサマーキャンプの盛況ぶりを聞いて
Well, I never. You learn something every day.
− いや、驚きました。毎日何かしら学ぶものですね。
聞いたことない → 驚いた、という図式。

*These camps appeal to the inner child in all of us.
− このようなキャンプは、私たちみんなの中にある童心に訴えるのです。
大人の中の子供の心。
大人になった子供 ↓
The big question for adult children is how to approach this kind of role reversal.
(このような立場の逆転という事態にどう対処するのかは、
成人した子供にとって大きな問題なのです。)
(13/03/21頃の「実践ビジネス英語」)

dear old pater … 敬愛するおやじ[]
pater paternal(父の) とつながっているだろうと容易に想像可。

*He had so much fun living out his childhood dream of being a cowboy.
− カウボーイになるという子供のころの夢がかなって
  ずいぶん楽しんでいました。
live out one’s dream でも「〜の夢をかなえる」になるようです。
The money enabled them to live out their dreams.
(その金が彼らの夢を実現可能にした)(ロングマン)

関連表現
Many people want to live that dream.
(多くの人がそういう夢を抱いて生きてみたいのですね。)
(12/06/21「実践ビジネス英語」)

4/3放送分
But he’s too old to get back in the saddle now.
− でも、そうした活動をするには年を取りすぎています。
get back in the saddle … (しばらく中断していた)活動[仕事]に戻る
この曲、思い出しますね。

Bird-watching camp? It sounds rather … sedate.
− バードウォッチング・キャンプですか。
  それはどちらかといえば…物静かな感じがしますね。
sedate … 物静かな、地味な
関連ありそうな単語
sedative … 鎮痛剤
(06/04/14・15 「英会話上級」)
sedentary lifestyleほとんど体を動かさない生活様式
(08/07/23「実践ビジネス英語」)

There’s a full slate of activities to keep the participants busy.
ぎっしり詰まった活動予定表があって、参加者はいつも忙しいのです。
ゼロからのスタートだと
start with a clean slate(白紙の状態から始める)
full だと ↓ やっぱり忙しい。
I have a full plate.
(こちらも手一杯なんだ。)(08/04/08「入門ビジネス英語」)

今日の重点項目:3


「私はラブリーガル」から以前も紹介したんですけど、
冷静沈着である、と言いたい時に Zen が使える。
I’m trying to be Zen.
(私はを極めたの。)
日本人が言うと、けっこう本格的に聞こえるんじゃなかろうか。
今度、試しに外国人に言ってみたい。


去年の今頃、「ラジオ英会話
That’s a very dignified name.
(それ、とてもりんとした名前ですね。)
Winona Alexandra Harris の、どのへんが「りん」としているのか、
日本人には難しい。
posted by ラジ子 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする